MVNOでキャリア決済はできるのか?

最近、docomo・au・ソフトバンクの大手キャリアは、キャリア決済に力を入れている模様です。

docomoが、iTunesでの支払いにキャリア決済を利用できる仕組みを導入しました。 auやソフトバンクでは、すでにiTunesでの...

また、Amazonもキャリア決済に対応する模様です。

日本のAmazonがキャリア決済を導入します。 現段階の発表では、docomoとauでの導入が決まっています。 ソフトバンクも追...

キャリア決済を導入することで、クレジットカードを持たないユーザーが簡単に決済ができるようになるので、コンテンツホルダーの利益は上がります。

また、大手キャリアにも手数料が入ってくるというメリットがあります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

大手キャリアがMVNOより勝ってる点は?

どう考えても、MVNOの方が料金も安いし、縛りも少ないし、何と言っても料金システムが明朗会計です。

大手キャリアがMVNOより勝ってるのは、通信速度とキャリア決済だと思います。キャリアのメルアドが使えないというのは、今回は脇へ置いておきます。

通信速度

通信速度に関しては、ランチタイムの時間や朝晩の通勤の時間はMVNOだと速度がメチャ下がりますが、キャリアだと安定した通信が可能です。でも、それ以外の時間帯だと、そこまで大きな差はありません。

キャリア決済

キャリア決済に関しては、キャリアだと広範囲に渡って様々なコンテンツサービスの支払いが可能です。
キャリアによって使えるサービスは異なりますが、docomoの一例を見てみましょう。↓

  • メルカリ、NTT電報、Spotify、フリル、モバイルSuica、Yahoo! ショッピングドコモケータイ払い、UNITED ARROWS LTD. ONLINE STOREなど

わたくしは、クレジットカードで決済してしまうので、キャリア決済って一度も使ったことないんですが、クレジットカードを持たないユーザーにとっては、キャリア決済は便利な仕組みです。

わたくし、よくメルカリで不用品を販売しているのですが、「翌月1日まで支払いを待ってもらっていいですか?」というユーザーに何度も出会ったことがあります。理由を聞いたら、キャリア決済を利用しているということでした。翌月1日になると利用限度額がリセットされるということなんだろうね。

MVNOでキャリア決済できるの?

MVNOで契約していて、docomo・au・ソフトバンクのキャリア決済をすることはできません。

例えば、IIJmioのDプラン(docomo網)を使っていて、docomoのキャリア決済を使うことは不可能です。契約してるのがdocomoじゃなくてIIJmioなんだから、docomo網の回線を使っているとはいえ、そりゃ無理ですわ。

MVNOで、コンテンツサービスの料金を通信費にまとめることは可能なのか?

結論を先にいうと、MVNOでコンテンツサービスの料金を通信費にまとめることは技術的に可能です。

技術的には、大手キャリアが提供しているキャリア決済のようなシステムが、MVNOでも構築できるのです。

TwitterでIIJmioの堂前 清隆さんに教えてもらいました。

技術的にはMVNOでキャリア決済のように、通信費とその他のサービスをまとめて支払うことは可能です。
でもね、今のところ、メルカリやYahoo! ショッピングといったECなどには利用できない模様。こういうのが使えるようになると便利なんだけどね。

IIJmioのモバイルオプション

IIJmioでは、モバイルオプションという名称で、コンテンツサービスと通信費をまとめるサービスを提供しています。IIJmioの1契約につき、モバイルオプションを10ライセンスまで契約することが可能です。

  • 日経ビジネス(月額2500円)、つながる端末保証(月額500円)、ウィルスバスターモバイル(月額250円)、Smart Checker(月額350円)、iフィルター(月額360円)、タブホ(月額500円)、トビラフォン(月額300円)、スマホでUSEN(月額490円)、AOS Cloud(月額500円)、music.jp(月額400円)

↑もっとECとかのサービスが充実すればいいのにと思うのは、わたくしだけでしょうか?

IIJmioの支払い方法は、クレジットカード以外の支払いには対応していないので、モバイルオプションを契約して、通信費にまとめたとしても、結局クレジットカードでの支払いになるんだけどね・・

MVNOの料金の支払いは、ほとんどの場合クレジットカードになります。わたしが使っているIIJmioのデータ通信専用SIM,ファミリーシェアプ...

コンテンホルダーはMVNOと交渉すべし

コンテンツホルダーは、MVNO各社と交渉して、コンテンツサービスにかかる費用を、通信費にまとめてもらいましょう!

MVNOといってもピンキリなので、ある程度大きなMVNOだけでいいと思いますが。

キャリア決済のような仕組みがMVNOにも導入されると、コンテンツの売上は確実に上がりますからね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク