中古のMacBook Proのオススメは?

最近のMacBook Proは高くなりましたよね。

13インチのTouch BarとTouch ID非搭載モデルが税込み160,704円・・・
Touch BarとTouch ID搭載モデルならば、256GBモデルで税込み193,104円もします。

15inchモデルは、256GBモデルが税込み257,904円。

新しいMacBook Proが登場しました。 サイズに関しては、今までと変わらず13インチと15インチのモデルになります。 ...

これから円安も進むので、さらに高くなると思われます。

しかも、2016年10月に登場した新型MacBook Proは不具合続出の模様。高い上に壊れるんじゃ、購入する意欲なくなっちゃうよね。

新型「MacBook Pro」でGPUに関する様々な不具合が報告されている事が明らかに

9To5Macによると、新型「MacBook Pro」こと「MacBook Pro (Late 2016)」を利用している一部のユーザーから、ディスプレイの表示がおかしくなるなどGPUに関する様々な問題が報告されていることが分かりました。

今日のエントリーは、ヤフオクやメルカリで中古のMacBook Proを購入するのなら、どのモデルがいいのか、詳しく教えますよ。

ただし、自分でOSのインストール・セットアップができないと、ちょっと厳しいかもしれません。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

中古のMacBook Proを買うならどれがいいの?

MacBook Pro 13インチ、15インチともに、Mid 2010、Early 2011、Late2011、Mid 2012の4機種がコスパが高いです。

理由は、以下のとおりです。

  • 最新のOSがインストール可能
  • 自分でSATAのSSDに交換可能
  • メモリを8GBへ増設可能

本体価格も安いのに加えて、自分でSSDへ交換したり、メモリを増設できるのは、ポイント高いですよね。

最新のOSがインストール可能

最新のmacOS Sierraがインストールできるモデルを選びましょう。

古いOSはセキュリティ的にNGだし、iPhoneと連携して使う場合、最新の機能が使えなかったりします。

Macの場合、1世代以上古いOSはすぐにサポートされなくなる点を、頭に入れておいてくださいね。古いOSを使い続けるのは、マジでリスク高いよ。

Macを使っているとウィルスにかかることはめったに無いですよね。 わたくしもMacを10年近く使っていますが、一度もウィルスにかかった...

自分でSATAのSSDに交換可能

一度SSDを搭載したPCを使ってしまうと、ハードディスクは遅くて使う気になれません。

汎用品のSATAのSSDに交換可能なMacBook Proを購入することをオススメします。SATAのSSDならば、新品240GBが7000円程で購入できます。

Retina display Late 2012以降のRetinaモデルは、汎用品SSDではなく、専用SSDなので、交換すると値段がめちゃ高いです。

SSDはどれがいいの?

汎用品SSDなので、好きな容量で選んでもらって大丈夫です。価格.comで検索してくださいね。

MacBook ProをハードディスクからSSDへ交換する方法

Mid 2010、Early 2011、Late2011、Mid 2012は、汎用品SSDに交換できます。
交換の方法は、ifixitを参考にしてください。

MacBook Pro 13インチ

MacBook Pro 15インチ

メモリを8GBへ増設可能

メモリも自分で8GBまで増設できるモデルがお買い得です。

Retina display Late 2012以降のRetinaモデルは、ロジックボード直付けのメモリのため、自分でメモリの増設はできません。

以下に記載のMid 2010、Early 2011、Late2011、Mid 2012は、自分でメモリを増設できます。
メモリ増設の方法は、ifixitを参考にしてください。

MacBook Pro 13インチ

Mid 2010Early 2011Late2011Mid 2012

MacBook Pro 15インチ

Mid 2010Early 2011Late2011Mid 2012

中古のMacBook Proを選ぶ時の注意点

中古のMacBook Proに、ありがちな不具合への対処方法です。

  • バッテリーが膨張してトラックパッドが動かない
  • FANから異音がある場合

バッテリーが膨張してトラックパッドが動かない

バッテリーが膨張していると、トラックパッドがうまく動きません。ヤフオクの商品説明で、トラックパッドが引っかかるという症状が出ている機種は、だいたいバッテリーが膨らんでいて要交換というケースが多いです。

バッテリーが膨らんでいる場合、充電もほとんどできないケースが多いです。

純正品は高いので、バッテリーを交換するならロワジャパンでの互換品がオススメ。

↓13インチ用が6280円

↓15インチ用が6450円

FANから異音がある場合

FANから異音が出ているならば、FAN交換をしましょう。

ヤフオクでバルク品の新品が売っています。送料込みで2000円くらいです。

検索ワード → ZB0506AUV1-6A

コスパの高いMacBook Pro 一覧

MacBook Proの型番を紹介します。ヤフオク、メルカリで検索する際に役立ちますよ。

MacBook Pro(13インチ Mid 2010)

3万円くらいで購入可能。

  • MC374J/A・・・Core 2 Duo 2.4GHz
  • MC375J/A・・・Core 2 Duo 2.66GHz

CPUが、Core 2 Duoなのでちょっと遅いです。SSDに交換すれば、ネットサーフィンやメールの用途だけなら、めちゃ快適に使えます。

MacBook Pro(13インチ Early 2011)

4万円くらいで購入可能です。

  • MC700J/A・・・Core i5 2.3GHz デュアルコア
  • MC724J/A・・・Core i7 2.7GHz デュアルコア

MacBook Pro(13インチ Late 2011)

4.5万円くらいで購入可能です。

  • MD313J/A・・・Core i5 2.4GHz デュアルコア
  • MD314J/A・・・Core i7 2.8GHz デュアルコア

MacBook Pro(13インチ Mid 2012)

探せば5万円以下で購入できますよ。

  • MD101J/A・・・Core i5 2.5GHz デュアルコア
  • MD102J/A・・・Core i7 2.9GHz デュアルコア

MacBook Pro(15インチ Mid 2010)

3.5万円くらいで購入可能です。

  • MC371J/A・・・Core i5 2.4GHz
  • MC372J/A・・・Core i5 2.53GHz
  • MC373J/A・・・Core i7 2.66GHz

MacBook Pro(15インチ Early 2011)

4.5万円くらいで購入可能です。

  • MC721J/A・・・Core i7 2.0GHz クアッドコア
  • MC723J/A・・・Core i7 2.2GHz クアッドコア

MacBook Pro(15インチ Late 2011)

5万円くらいで購入可能です。

  • MD318J/A・・・Core i7 2.2GHz クアッドコア
  • MD322J/A・・・Core i7 2.4GHz クアッドコア

MacBook Pro(15インチ Mid 2012)

7万円くらいで購入可能です。

  • MD103J/A・・・Core i7 2.3GHz クアッドコア
  • MD104J/A・・・Core i7 2.6GHz クアッドコア

まとめ

以上が、コスパの高いMacBook Proの選び方です。

MacBook Proを選ぶ際、CPUはCore i5以上あったほうがいいです。Core 2 Duoだとかったるいので。

MacBook Pro 13インチならば、Early 2011以降のモデルにすることをオススメします。Core i5 デュアルコアになります。

MacBook Pro 15インチは、Early 2011以降のモデルを選べば、Core i7 クアッドコアなのでめちゃ快適です。

macOS Sierra をクリーンインストールしてセットアップして使いましょう!

macOS Sierra が正式にリリースされました。 6月13日にWWDC2016の基調講演で発表されて、7月8日からmac...
「macOS Sierra」のインストールをためらっている方も多いと思います。 だって不具合出たら嫌だし、アプリが動かなくなったら困る...
Boot CampにWindows7やWindows8が新規インストールできるようになりました。 macOS Sierraがリリースさ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!