日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

【2012年〜2015年モデル】MacBook Air と MacBook Pro を選ぶ際のポイントになるスペックのまとめ

Mac
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

MacBook Pro

今日のエントリーは、2012年から2015年に登場したMacBook Air と MacBook Pro を選ぶ際のポイントになるスペックをまとめます。

2018年10月現在、2012年モデルは6年落ちですが、MacBook AirもMacBook ProもSSDを搭載しているモデルならば快適に動作します。また、2018年10月現在の最新macOS Mojoveがインストールできます。

最新のMacBookやMacBook Proは高くて購入したくないという方や、2台目のMacを購入する方は、必見のエントリーです。

スポンサーリンク

Macを選ぶ際のポイントになるスペックって何?

Macを選ぶ際のポイントになるスペックとは、「解像度」「重さ」「メモリ」「SDXC」「Retina」「Thunderbolt」「GPU」です。

もちろんCPUも重要ですが、性能自体はあまり変わらないので、今回はCPUについては触れません。新しいMacの低電圧CPUは、バッテリーの持ちがいいのはメリットですけどね。

Macの用途や使い方に応じて、これらのポイントの中からご自身にとって重要な項目を選んでください。

解像度

液晶の解像度です。解像度が高い方が、画面領域を広く使うことが可能です。

重さ

本体の重さです。持ち運びが多いユーザーならば、軽い方がいいことは言うまでもありません。

メモリ

MacBook Pro 2012 (Unibody) 以外は、メモリの増設はできません。サクサク動かしたい方は、8GBを選ぶことをオススメします。ネットやメールしかやらないのであれば、4GBでも特に問題はありません。

MacBook AirやMacBook Proを快適に使うなら、メモリは8GBにすべし!
MacBook Airを快適に使うなら、メモリ8GBは必須です。 中古のMacBook Airを購入する際は、メモリ4GBのモデルは絶対にやめるべき。MacBook Airはメモリ増設できませんからね。 MacBook Airの...

SDXC

SDXCカードスロットが内蔵しているかどうかです。MacBook Air 11inchのみ、SDXCカードスロットは内蔵されておりません。

Retina

MacBook Pro 2012 ( Retina )以降のモデルは、Retinaディスプレイに対応しています。めちゃキレイに表示されます。

また、Retinaディスプレイの機種は、スケーリング解像度にも対応しています。スケーリング解像度に変更すると、Retinaより画質は下がりますが、より広い画面領域で表示することが可能です。

  • 13inchのMacBook Proならば1,680 x 1,050、1,440 x 900、1,024 x 640の3種類の解像度へ変更することも可能です。
  • 15inchのMacBook Proならば1,920 x 1,200、1,680 x 1,050、1,280 x 800、1,024 x 640へ変更できます。

Thunderbolt

Thunderbolt対応の機器が接続できることに加えて、Mini DisplayPort出力も兼ねていますので、外部ディスプレイに出力する際にもThunderboltを利用します。

以下のモデルでは、Thunderbolt2が採用されています。

  • MacBook Pro 2013 (Retina) 以降
  • MacBook Air 2015以降

GPU

MacBook Pro 15inch (Retina) モデルは、独立のGPUを搭載しています。それ以外は、チップセット内蔵のGPUです。独立のGPUを搭載している方が高性能なのは言うまでもありません。

【2012年〜2015年モデル】MacBook Air と MacBook Pro を選ぶ際のポイントになるスペックを比較

MacBook Air と MacBook Pro を選ぶ際のポイントになるスペックを比較してみます。
なお、全てのモデルにUSB3.0ポートが2つ搭載されています。

MacBook Pro 2012 (Unibody)を除く全てのモデルにSSDが搭載されています。SSDの転送速度は、新しいモデルの方が速いことは言うまでもありませんが、MacBook Air Mid 2012のSSDでも快適に動作しますのでご安心ください。

以下、比較できるように表を作成しました。

MacBook Air Mid 2012

解像度重さメモリSDXCRetinaThunderboltGPU
11inch1366 x 7681.08kg4GBなしなし1ポートIntel HD Graphics 4000
13inch1440 x 9001.35kg4GBありなし1ポートIntel HD Graphics 4000
  • 両モデルとも、オプションでメモリ8GBの機種も用意されていました。中古市場での流通量は少ないですが・・

MacBook Air Mid 2013

解像度重さメモリSDXCUSB3.0ThunderboltGPU
11inch1366 x 7681.08kg4GBなし2ポート1ポートIntel HD Graphics 5000
13inch1440 x 9001.35kg4GBあり2ポート1ポートIntel HD Graphics 5000
  • 両モデルとも、オプションでメモリ8GBの機種も用意されていました。中古市場での流通量は少ないですが・・

MacBook Air Early 2014

解像度重さメモリSDXCRetinaThunderboltGPU
11inch1366 x 7681.08kg4GBなしなし1ポートIntel HD Graphics 5000
13inch1440 x 9001.35kg4GBありなし1ポートIntel HD Graphics 5000
  • 両モデルとも、オプションでメモリ8GBの機種も用意されていました。中古市場での流通量は少ないですが・・

MacBook Air Early 2015

解像度重さメモリSDXCRetinaThunderbolt 2GPU
11inch1366 x 7681.08kg4GBなしなし1ポートIntel HD Graphics 6000
13inch1440 x 9001.35kg4GB or 8GBありなし1ポートIntel HD Graphics 6000
  • 11inchは、オプションでメモリ8GBの機種も用意されていました。中古市場での流通量は少ないです。
  • MacBook Air 2015以降、Thunderbolt 2が搭載されています。

MacBook Pro Mid 2012 (Unibody)

解像度重さメモリSDXCRetinaThunderboltGPU
13inch1280 x 8002.06kg4GB (増設可)ありなし1ポートIntel HD Graphics 4000
15inch1440 x 9002.56kg4GB (増設可)ありなし1ポートIntel HD Graphics 4000

Unibodyモデルは、以下の特徴を持っています。

  • DVDドライブあり
  • ハードディスク交換が可能 (SSDへ交換できる)
  • メモリ増設が可能 (MAX8GB)
MacBook Pro 13インチのSSDを交換する方法!
先日のエントリーでは、高騰している現行モデルのMacBook Proに代わって、中古のオススメのMacBook Proを紹介しました。 実は、お正月にメルカリで2台のMacBook Pro 13インチを購入したのです。 ...

MacBook Pro 2012 (Retina)

解像度重さメモリSDXCRetinaThunderboltGPU
13inch2560 x 16001.62kg8GBありあり2ポートIntel HD Graphics 4000
15inch2880 x 18002.02kg8GBありあり2ポートIntel HD Graphics 4000 & NVIDIA GeForce GT 650M 1GB
  • 15inchモデルは、オプションでメモリ16GBの機種も用意されていました。

MacBook Pro 2013 (Retina)

解像度重さメモリSDXCRetinaThunderbolt2GPU
13inch2560 x 16001.57kg4GB or 8GBありあり2ポートIntel Iris Graphics
15inch2880 x 18002.02kg8GB or 16GBありあり2ポートIntel Iris Graphics & NVIDIA GeForce GT 750M 2GB
  • 13inchモデルは、オプションでメモリ16GBの機種も用意されていました。
  • MacBook Pro 2013 (Retina) 以降、Thunderbolt 2が搭載されています。

MacBook Pro 2014 (Retina)

解像度重さメモリSDXCRetinaThunderbolt2GPU
13inch2560 x 16001.57kg8GBありあり2ポートIntel Iris Graphics
15inch2880 x 18002.02kg16GBありあり2ポートIntel Iris Graphics & NVIDIA GeForce GT 750M 2GB
  • 13inchモデルは、オプションでメモリ16GBの機種も用意されていました。

MacBook Pro 2015 (Retina)

解像度重さメモリSDXCRetinaThunderbolt2GPU
13inch2560 x 16001.58kg8GBありあり2ポートIntel Iris Graphics 6100
15inch (CPU 2.2GHz)2880 x 18002.04kg16GBありあり2ポートIntel Iris Pro Graphics
15inch (CPU 2.5GHz)2880 x 18002.04kg16GBありあり2ポートIntel Iris Pro Graphics & AMD Radeon R9 M370X 2GB
  • 13inchモデルは、オプションでメモリ16GBの機種も用意されていました。

さいごに

以上、2012年から2015年に登場したMacBook Air と MacBook Pro を選ぶ際のポイントになるスペックのまとめでした。

用途や使い方によって、選ぶ基準は様々ですので、今日のエントリーを参考に選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました