Googleアナリティクスの管理権限を持っているユーザーに、Search Consoleのオーナー権限が自動で付与された際の対処方法!予防策も教えます!

Googleアナリティクスの管理権限を持っているユーザーに、Search Consoleのオーナー権限が自動で付与されるようになりました。

2018年8月22日にGoogleが発表しました。

Easier Search Console access for Analytics owners

if you’re a verified owner of a Google Analytics property, we’ll now automatically verify you for that same website in Search Console.

Googleアナリティクスの所有者が確認済みの場合、Search Consoleで同じウェブサイトのユーザーであることを自動的に確認します。

「制限付き」「フルユーザー」ではなく、「オーナー権限」が自動で付与されますのでご注意ください。

Googleアナリティクスの管理権限を持っている外部のユーザーに「オーナー権限」が付与された場合、Search Consoleが乗っ取られる可能性もあるということです。

「オーナー権限」があれば、元のオーナーを削除して乗っ取ることも可能ですからね。

Twitterでも物議を醸しています。

新しくサイトを立ち上げた場合は、Googleアナリティクスを設定すれば自動的に、Search Consoleにオーナー権限が付与されるのは便利です。
でも、それ以外のケースでは、第三者にSearch Consoleのオーナー権限が付与されることも想定できますので、乗っ取りなどの被害が出る可能性もあります。

今日のエントリーは、Googleアナリティクスの管理権限を持っているユーザーに、Search Consoleのオーナー権限が自動で付与された際の対処方法を紹介します。また予防策も紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Search Consoleのオーナー権限が自動で付与されると、通知が届く

Googleアナリティクスの管理権限を持っているユーザーに、Search Consoleのオーナー権限が自動で付与された場合、オーナー権限を持っている管理者のSearch Consoleに通知が届きます。またメールでも通知が来ます。

オーナー権限を持っている管理者へのメール

オーナー権限を持っている管理者へのメール

また、新しく追加されたユーザーにも、Search Consoleとメールに通知が行きます。

新しく追加されたユーザーへのメール

新しく追加されたユーザーへのメール

Search Consoleの権限は、どのように変わるのか?

通知が来ると、Search Consoleの権限は、どのように変わるのでしょうか?

具体的な例を上げて説明します。
example.com のサイトのオーナーであるAさん、SEOコンサルのBさん、広告代理店のCさんがいるとします。Bさん、Cさんは外部の人間です。

通知が来る前は、Search Consoleの管理権限とGoogleアナリティクスの管理権限は、次のように設定していたとします。

Search Consoleの管理権限 Googleアナリティクスの管理権限
Aさん オーナー 管理者権限
Bさん フル 管理者権限
Cさん 制限付き 管理者権限

Googleアナリティクスの管理権限を持っているユーザーに、Search Consoleのオーナー権限が自動で付与されると、以下のようになります。BさんもCさんもオーナー権限を持ってしまうのです。

Search Consoleの管理権限 Googleアナリティクスの管理権限
Aさん オーナー 管理者権限
Bさん オーナー 管理者権限
Cさん オーナー 管理者権限

BさんやCさんに悪意があった場合、元々のオーナーであるAさんをオーナーから削除することが可能です。
ですので、Search Consoleの権限を見直すことを強くオススメします。

Search Consoleの3つの権限

Search Consoleの3つの権限についても説明しておきます。

ユーザーを追加・削除出来るのは、オーナー (所有者) だけとなります。

  • オーナー (所有者)・・・ オーナーは、Search Console でプロパティを自由に管理できる。他のユーザーの追加や削除、設定、全データの表示、全ツールの利用が可能。
  • フル (ユーザー)・・・ほとんどのデータの表示が可能で、特定の操作が可能。
  • 制限付き (ユーザー)・・・ほとんどのデータの表示が可能。

Search Consoleのオーナー権限が自動で付与されるのはどんな場合?

過去にGoogleアナリティクスの管理権限を第三者に与えてしまっている場合、Search Consoleのオーナー権限が自動で付与されてしまいます。次のような状況がある方は、Search Consoleの権限を見直す必要があります。

  • 第三者にGoogle アナリティクスの管理者権限を与えたあと、削除していない場合
  • ウェブコンサルと契約していたが、契約終了後もGoogle アナリティクスの管理者権限を与えてしまっている場合
  • アクセス解析を担当していた元社員のアカウントに、社員がやめた後もGoogle アナリティクスの管理者権限を与えてしまっている場合

Googleアナリティクスの管理権限を持っているユーザーに、Search Consoleのオーナー権限が自動で付与された際の対処方法

次の順番通りに行ってください。

先に「Google アナリティクスの管理者権限を削除」しないと、うまくいきませんのでご注意ください。

  1. Google アナリティクスの管理者権限を削除
  2. Search Consoleのオーナー権限を削除

1. Google アナリティクスの管理者権限を削除

最初に、Google アナリティクスの管理者権限を削除します。

① Google アナリティクスの設定→アカウント→「ユーザー管理者」をクリック

Google アナリティクスの設定を開き、アカウントにある「ユーザー管理者」をクリックします。

Google アナリティクスの設定を開き、アカウントにある「ユーザー管理者」をクリック

② 削除したいアカウントの右をクリックして「アクセス権を削除」をクリック

削除したいアカウントの右をクリックして「アクセス権を削除」をクリックします。

削除したいアカウントの右をクリックして「アクセス権を削除」をクリック

③ 「このユーザーを削除しますか?」と表示されるので、「削除」をクリック

該当のアカウントがGoogle アナリティクスの管理者権限から削除されます。

「このユーザーを削除しますか?」と表示されるので、「削除」をクリック

2. Search Consoleのオーナー権限を削除

Search Consoleのオーナー権限の削除は次の手順で行います。

① Search Consoleの右上の歯車より「ユーザーとプロパティ所有者」をクリック

Search Consoleの右上の歯車より「ユーザーとプロパティ所有者」をクリックします。

Search Consoleの右上の歯車より「ユーザーとプロパティ所有者」をクリック

② 「プロパティの管理者」をクリック

「プロパティの管理者」をクリックします。

「プロパティの管理者」をクリック

③ 「確認済みサイト所有者」で削除するアカウントの右の「未確認にする」をクリック

「確認済みサイト所有者」で削除するアカウントの右の「未確認にする」をクリックします。

「確認済みサイト所有者」で削除するアカウントの右の「未確認にする」をクリック

再度「未確認にする」をクリックする。

Search Consoleのオーナー権限を未確認に

④ Search Consoleのオーナー権限が削除される

Search Consoleのオーナー権限が削除されます。

Search Consoleのオーナー権限が削除される

先に「Google アナリティクスの管理者権限を削除」しないと、Search Consoleのオーナー権限は削除できない

先に「Google アナリティクスの管理者権限を削除」しないと、Search Consoleのオーナー権限は削除できないのでご注意ください。

Google アナリティクスの管理者権限を削除する前に、Search Console上でオーナー権限を削除しようとしても、以下のような画面が表示されて削除できません。

先に「Google アナリティクスの管理者権限を削除」しないと、Search Consoleのオーナー権限は削除できない

xxx@gmail.com を未確認にできませんでした。Google アナリティクス アクセスがまだ残っています。

Search Consoleのオーナー権限が自動で付与されないための予防策

予防策も紹介します。

今の時点で、自動でSearch Consoleのオーナー権限が付与されていない方は、予防しておくことをオススメします。

第三者にGoogleアナリティクスの管理権限を与えている場合、管理権限を削除することで、自動でSearch Consoleのオーナー権限が付与されることを予防できます。

具体的には、Googleアナリティクスの管理権限「ユーザー管理」のチェックを外してください。

Googleアナリティクスの管理権限「ユーザー管理」のチェックを外して、自動でSearch Consoleのオーナー権限が付与されることを防ぐ

さいごに

以上、Googleアナリティクスの管理権限を持っているユーザーに、Search Consoleのオーナー権限が自動で付与された際の対処方法と予防策を紹介しました。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク