新型MacBook Proが登場!でも高すぎる・・・

MacBook Pro

新しいMacBook Proが登場しました。

サイズに関しては、今までと変わらず13インチと15インチのモデルになります。

サイズと重量は小型化されており、13インチモデルでは、幅が9.9mm短く、奥行きが6.6mm短く、高さが3.1mm短くなり、重量は1.37kgと210g軽くなりました

15インチモデルでは、幅が9.6mm短く、奥行きが6.4mm短く、高さが2.5mm短くなり、重量は1.83kgと210g軽くなりました

両モデルとも、重量が軽くなったので持ち運びには有利です。

新型MacBook Proの特徴

新型MacBook Proの特徴は、Touch BarとTouch IDが搭載された点です。この点が従来モデルと比べて大きく変わりました。

Touch BarとTouch ID

Touch Bar

今までのキーボードのファンクションキーが並んでいたところに、タッチバーを搭載しています。

タッチパネルになっていて、しかもキーの割当は自由自在にできるのです。

まず長い間キーボードの上部を占領していたファンクションキーを取り去りました。そして、はるかに多才で有能なものに置き換えました。Touch Barです2。このガラスの帯は今していることに合わせて自動的に変化し、あなたがすでに使い方を知っている、その作業に関連したツールを表示します。
音量や明るさといったシステムコントロール。コンテンツを調整したりすばやく探すための
インタラクティブな方法。絵文字や予測入力などのインテリジェントな入力機能。そのほかいろいろなものに変わります。

Touch ID

iPhoneでおなじみの指紋認証でサインインできるというものです。

Macのログインに使ったり、Apple Payで決済する時に使えます。Touch IDをMacBook Proに搭載したということは、Apple Payを利用したオンライン決済にAppleは力を入れていくということなんだろうね。

でも個人的には、MacBook ProにTouch IDは不要だと思っています。こんなの付けるくらいなら、もっと安くしてよって感じしませんか?

多くのMacBook ProユーザーはiPhoneを持っています。iPhoneとMacBook Proで同じApple IDでサインインして使っているはずなので、iPhoneのTouch IDで代用できるはず。

ちなみにChromebookでは、起動時のサインインの際、Smart Lockを設定することで、同じGoogle IDで設定したAndroidのロック解除を行うことで、サインインのパスワードが不要になります。
例えば、Nexus 5Xの指紋認証でロック画面を解除すれば、Chromebookのロック画面もパスワードなしで解除できるようになるのです。

ChromebookでSmart Lockを設定する!Google Appsは追加設定が必要
Chromebook Flip で「Androidアプリ」が使えるようになりましたが、想像以上に使い勝手が良いので大満足です。 今まで...

トラックパッドが大きくなった

トラックパッドが大きくなったのは、嬉しいですね。

感圧タッチトラックパッドもはるかに大きくなりました。ジェスチャーを使う時もクリックする時も、あなたの指は一段と広いスペースを使えます。

Magsafe2は廃止

新型MacBook Proシリーズは、全モデルMagSafe2が廃止されました。これは非常に残念。
USB-Cでも良いんだけど、電源部分だけは、マグネットタイプにして欲しいです。引っ掛けたりするでしょ?

2005年に初代MacBook Proが登場した時と較べると、バッテリーの持ち時間はかなり伸びているので、電源アダプターに繋げながら使う機会ってほとんどなくなりました。

なので、電源コードを引っ掛けてしまうってことが減ったので、MagSafe2は廃止になったのかもしれません。あと、島野製作所との裁判も影響しているはず。

島野製作所とAppleの裁判どうなる?
島野製作所と、Appleの裁判が、新たな局面を迎えています。 米アップル社のお手盛り契約にNO! 荒川区の下請け部品メーカーの損賠訴訟...

新型MacBook Proは高すぎる・・

Touch BarやTouch IDを搭載したことで、ずいぶんと価格が跳ね上がりました。

3種類あるMacBook Proのスペックを見ていきましょう。

13inch・・Touch BarとTouch ID非搭載モデル

MacBook Pro 13inch 2016

Touch BarとTouch ID非搭載モデルでも、税込み160,704円します・・・

13inchモデルは、デュアルコアCPUってのがイマイチだよね。

  • 2.0GHz デュアルコア Intel Core i5 プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
  • 8GB 1,866MHzメモリ
  • 256GB PCIeベース オンボード SSD
  • Intel Iris Graphics 540
  • Thunderbolt 3ポート x 2

13inch・・Touch BarとTouch ID搭載モデル

MacBook Pro 13inch 2016

Touch BarとTouch ID搭載モデルは、256GBモデルが税込み193,104円、512GBモデルが税込み214,704円と、かなり強気の価格設定です。

この金額でデュアルコアCPUというのは買う気がしないです・・

  • 2.9GHz デュアルコア Intel Core i5 プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)
  • 8GB 2,133MHzメモリ
  • 256GB PCIeベース オンボード SSD、512GB PCIeベース オンボード SSD
  • Intel Iris Graphics 550
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • Touch BarとTouch ID

15inch、256GBモデル・・Touch BarとTouch ID搭載モデル

MacBook Pro 15inch 2016

15inchモデルは、Touch BarとTouch ID搭載モデルしかありません。
256GBモデルが税込み257,904円です。

  • 2.6GHz クアッドコア Intel Core i7 プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
  • 16GB 2,133MHzメモリ
  • 256GB PCIeベース オンボード SSD
  • Radeon Pro 450(2GBメモリ搭載)
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • Touch BarとTouch ID

15inch、512GBモデル・・Touch BarとTouch ID搭載モデル

MacBook Pro 15inch 2016

512GBモデルが税込み301,104円です。

  • 2.7GHz クアッドコア Intel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • 16GB 2,133MHzメモリ
  • 512GB PCIeベース オンボード SSD
  • Radeon Pro 455(2GBメモリ搭載)
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • Touch BarとTouch ID

整備済製品なら旧モデルが激安

新型MacBook Proは高すぎるという皆さま。整備済製品ならだいぶ安く購入できますよ。

Appleのサイトを見ると、整備済製品とは

店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品(カスタマイズ製品を含む)です。

保証も1年間付いているし、AppleCare Protection Planにも加入することが可能です。

13inch MacBook Pro 2015

128GBが税込み117,710円です。

整備済製品 MacBook Pro 13inch
256GBが税込み127,440円です。

整備済製品 MacBook Pro 13inch

重量は1.58kgなので、新型MacBook Proの1.37kgと比べると210g重たいです・・

PCIeベースフラッシュストレージなので、読み込み・書き込み速度は、通常のSSDよりも早いです。

MagSafe 2なので、電源を引っ掛ける心配はありません。

  • 2.7GHz デュアルコア Intel Core i5プロセッサ
  • 8GB 1,866MHzメモリ
  • 128GB PCIeベースフラッシュストレージ、256GB PCIeベースフラッシュストレージ
  • Intel Iris Graphics 6100
  • Thunderbolt 2ポート x 2
  • SDXCカードスロット
  • MagSafe 2

15inch MacBook Pro 2014

2014年モデルのため、クロック数が若干落ちますが、クアッドコアCPUなので、めちゃ快適に使えます。CPUは第4世代のHaswell。

通常のSSDなので、2015年モデルのPCIeベースフラッシュストレージより読み込み・書き込み速度が遅いです。

税込み168,480円です。

整備済製品 MacBook Pro 15inch

  • 2.2GHz クアッドコア Intel Core i7 プロセッサ
  • 16GB メモリ
  • 256GB フラッシュストレージ(通常のSSD)
  • Intel Iris Pro Graphics
  • Thunderbolt 2ポート x 2
  • SDXCカードスロット
  • MagSafe 2

15inch MacBook Pro 2015

2014年モデルとの違いは、内部ストレージに「PCIeベースフラッシュストレージ」を使っている点と、CPUが若干のグレードアップをしている点です。

CPUは、クロック数と第4世代Haswellという点は変わりませんが、若干のグレードアップをしています。

重量が2.04kgなので、2014モデルの2.02kgより20g重いです。

税込み182,520円です。2014年モデルとの価格差は14040円なので、2015年モデルのほうがオススメです。

整備済製品 MacBook Pro 15inch

  • 2.2GHz クアッドコア Intel Core i7 プロセッサ
  • 16GBメモリ
  • 256GB PCIeベースフラッシュストレージ
  • Intel Iris Pro Graphics
  • Thunderbolt 2ポート x 2
  • SDXCカードスロット
  • MagSafe 2

まとめ

新型MacBook Proは、かなり強気の価格設定ですよね?

わたくしはMacBook Pro 13inch 2013を使っていますが、買い換えようとは思いません。CPUがクアッドコアだったら買い替えても良いんだけどね。

Touch BarとTouch IDを使ってみたいのなら、新型MacBook Proを購入するしかないですね。

Touch BarとTouch IDは不要という方は、整備済製品の旧モデルを購入することをオススメします。

通常の製品と同様に、AppleCare Protection Planにも加入できるので、保証は3年間に延長できますからね。

新型MacBook Proが、何台まで外部出力に対応しているのか調べてみた
新型MacBook Proには、USB-Cポートしかありません。 こういうのを本来はイノベーションと言うんだけど、普通の人が使うには、...
利用目的によって異なる「MacBookシリーズ」の選び方!
新型MacBook Proの登場によって、MacBook Air 11inchの販売が終了しました。 今までのMacBookシ...
Macのセキュリティー対策を考える!ウィルスソフトは必要なのか?
今までMacはセキュリティーソフト不要と言われていましたが、今後そうも言ってられなくなりそうです。 「Mac」を標的にしたランサムウェ...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!