Airbnbの新サービス「トリップ」の登場で、旅行代理店は大打撃

Airbnb トリップ

Airbnbが「トリップ」という、旅行先での体験ができるサービスをはじめました。

要するに、Airbnbで宿泊するだけでなく、現地のツアーを楽しむオプションが追加されたのです。

Airbnbは「宿泊」というプラットフォームに加えて、旅先での体験もパッケージで提供できるプラットフォームになります。

Airbnbが宿泊に続く新サービス「トリップ」発表 体験や趣味をシェアする時代へ

世界大手のコミュニティ主導型ホスピタリティー企業の「Airbnb(エアビーアンドビー)」が、ホームシェアリングに続く新サービス「トリップ(Trips)」を11月17日(米ロサンゼルス時間)に発表した。これまで同社が提供してきた旅行者と宿泊先を繋げるサービスに加えて、現地でのアクティビティや出会う人を提案することで「旅行全体を容易でマジカルな体験」にすることを目指す。2018年を目処に、レンタカーやフライト予約といったサービスの提供も開始する予定だ。

トリップは、「体験」と「プレイス」の2軸で展開。「体験」には、トスカーナ地方でのトリュフ狩りや、ロサンゼルスでのクラビング、韓国での伝統刺繍教室など現地のエキスパートが企画したアクティビティ全500種類がそろう。アクティビティの所要時間は数時間から3日間までで、東京ではスタイリストの石塚博之による銀座や表参道などショッピングエリアのガイドとスタイリングが楽しめるプランも用意されている。「プレイス」では、人と人を繋ぐミートアップ機能や、現地に住む人々によるレストランやアトラクションのリコメンド機能を無料で楽しむことができる。Resy社との提携により、Airbnbアプリを通じたレストラン予約も新たに可能となった。レストラン予約機能は現時点では米国限定での実施となるが、今後各国でも展開する予定だという。

「トリップ」が利用できる都市は?

Airbnbのリリースを見てみましょう。

Airbnbが「トリップ」を発表、宿泊の枠を超えた展開に着手

本日より、以下の都市の方々はご自分の「体験」をトリップとして掲載できるようにリクエストをすることができます:アムステルダム、アテネ、バンコク、バルセロナ、ベイルート、ベルリン、ボストン、ブエノスアイレス、ニューヨーク州バッファロー、ケープタウン、カルタヘナ、シカゴ、デトロイト、ドバイ、ダブリン、フィレンツェ、ハーレム、ハバナ、ホーチミン市、リスボン、ロンドン、ロサンゼルス、マドリード、メキシコシティ、マイアミ、モスクワ、ナイロビ、ナッシュビル、ニューデリー、ニューオーリンズ、オアフ、大阪、パリ、ポートランド、プラハ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンパウロ、シアトル、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、テルアビブ、東京、トロント、バンクーバー。

「トリップ」でどんな体験ができるの?

世界中で様々な面白いツアーが企画されています。

東京でどんな体験ができるのか見ていきます。

スタイリスト「石塚博之氏」によるツアー

石塚博之氏による案内で、表参道・銀座・原宿でのショッピングガイドが楽しめるプランです。またスタイルのアドバイスも受けることが可能。

Mr Makeover Ishizuka

Wrap Artist「Kyoko氏」によるツアー

風呂敷の工場を訪れて、風呂敷の製造過程を体験した後、風呂敷の使い方のワークショップを体験できます。

Wrap Artist Kyoko

Airbnbは何をぶっ壊したのか?

Airbnbは、テクノロジーの力で、既存の法律の枠組をぶっ壊しました。その結果、既存の旅行業界では、業界再編が行われています。Airbnbのテクノロジーで法律をぶっ壊すという思想、すごくいいですね。

Airbnbは、2つのものを壊しました。

  • 宿泊
  • ツアー

宿泊

まずは宿泊の既成概念をぶっ壊しました。

日本では旅館業法という法律があるので、Airbnbが日本に参入してきた当時は、限りなくグレーなんて言われていました。
↓でも、今は日本も法律改正が行われて、年間180日以内ならばお咎めなしです。

民泊営業「年180日以下」が閣議決定、事業者に影響を聞いた

政府の規制改革会議が6月2日、個人宅の空室を有料で貸し出す「民泊」について、営業日数の上限を「年間180日以下」とすることを条件に解禁する方針を閣議決定した。今後は所管省庁である厚生労働省と観光庁で営業日数の上限を確定し、2016年度中に法案を提出する。

また、日本だけでなく、他の多くの国でも、民泊の規制はあるけど、Airbnbが完全にぶっ壊しちゃいました。

世界の国々での民泊規制に興味のある方は↓

諸外国における規制等の事例について

ツアー

Airbnbが今回発表した「トリップ」によって、ツアーガイドは誰でもなれるようになります。

ツアーガイドは誰でもなれる時代に!

日本ではツアーガイドって資格がいるのご存知ですか?

旅行者から報酬を得て、観光案内をするには、「通訳案内士」「ツアーガイド」の資格を持ってないとできないことになっています。「通訳案内士」とは、外国語を使って観光案内ができる資格です。

通訳ガイド制度

報酬を受けて、外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をする業を営もうとする方は、観光庁長官の行う通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受けなければなりません。通訳案内士に関する制度の解説や、通訳案内士になるために必要な事項をご紹介しています。

観光庁が資格を発行しているのです。こういった資格を持ってないと、観光地をガイドできないのって、完全に時代錯誤ですわ。

政府が2020年に、訪日観光客4000万人という目標を立てています。そこで一応、観光庁では、ツアーガイドが足りないという予測の元、「通訳案内士制度のあり方に関する検討会」を立ち上げて、通訳案内士以外もガイドができるような仕組みを作っています。

一般社団法人アジアインバウンド観光振興会(AISO)で、「ツアーガイド認定書」が貰えば、ガイドができるというものですが、完全にイミフ。ツアーガイドの資格を金で買うようなもんですから。

政府は、こんな意味のないことしてないで、誰でもガイドできるような仕組みを作るべきです。

旅行代理店は大打撃

Airbnbの「トリップ」によって、旅行代理店は大打撃を受けることは間違いないです。

クソ面白くもない旅行会社のツアーは、はよ消えてもらいましょう。

Airbnbがプラットフォーマーとして君臨する

よく、「ネットの本質は中抜きを許さない」といいますよね?

Airbnbのようなシェアリングエコノミーの登場によって、中抜している業界は大打撃を受けることになります。旅行代理店とかね。

膨大なユーザーだけでなく、莫大な資金も持っているAirbnbがプラットフォーマーとして君臨する日は近いですね。

Airbnb のススメ!シェアリングエコノミーとは?
都心のホテルの値段がびっくりするくらい値上がりしています。 あのアパホテルが一泊3万円!爆買い中国人殺到で東京・大阪は泊まるところがな...
シェアリングエコノミーは人を幸せにするのか?
2016年はシェアリングエコノミー元年なんて言われてますが、人々の生活は幸せになるのでしょうか? シェアリングエコノミーとは シェアリン...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!