GoogleのAutoDrawを使えば、AIが落書きをイラストにしてくれる!

AutoDraw

GoogleのAutoDrawを使えば、落書きをするように線で輪郭を描くだけで、クリエイターが描いたような素敵なイラストが完成します。

AutoDrawは、Googleの人工知能を使っていて、機械学習システムの上で動いています。なので、ユーザーが描き始めた線を予測して、イラストの候補が出てくるという優れたサービスです。
車、家、犬などを描いてみましたが、こちらの思い通りのイラストの候補が出てきます。

出来上がったイラストは、PNGファイルでダウンロードできますので、ちょっとしたメモなどにイラストを付けたいときにオススメです。

これめちゃ面白い。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

AutoDrawとは

AutoDrawとは、オンラインで利用可能なお絵かきツールです。

AutoDrawは、機械学習アルゴリズムを活用しているので、落書きのような絵でも、AIがきちんとしたイラストに変換してくれます。
何かをイメージして、ざっくりとしたイメージの線を描くと、機械学習データベースと照会して、イラストの候補がでてくるのです。

無料で使えるのもポイント。

ウェブベースのサービスなので、ブラウザで動きます。PCだけでなくスマホやタブレットからも利用できるのも特徴です。

AutoDraw

AutoDrawでイラストを描いてみる

AutoDrawでイラストを描く手順を紹介します。

  1. AutoDrawへアクセス
  2. 落書きを始める
  3. イラストの候補が出てくる
  4. イラストを選ぶ
  5. イラストを保存する
  6. イラストを共有する
  7. イラストを登録する

1. AutoDrawへアクセス

AutoDrawへアクセスします。

2. 落書きを始める

落書きを始めます。
描きたいものの外郭の線を引き始めましょう。

AutoDraw

3. イラストの候補が出てくる

外郭を描けば、イラストの候補が上部に現れます。
追加で線を描くと、イラストの候補が変わるのも面白いよね。

AutoDraw

4. イラストを選ぶ

イラストの候補の中から、自分のイメージに近いイラストを選びます。

AutoDraw

5. イラストを保存する

イラストが出来上がったら、PNGファイルでダウンロードできます。

AutoDraw

6. イラストを共有する

イラストを他の人と共有することも可能です。

AutoDraw

Twitter、Facebook、Google+ で共有できます。

AutoDraw

7. イラストを登録する

イラストができたら、データベースに登録することもできます。

AutoDraw: submit your own drawings

Googleの「A.I. Experiments」をご存知ですか?

Googleが開発しているAIや機械学習を使ったコンテンツのデモやアプリを集めた「A.I. Experiments」をご存知ですか?

A.I. Experiments

「A.I. Experiments」の中には、AutoDrawの他にも、人工知能や機械学習が体験できるアプリやゲームがあります。

Giorgio Cam

Giorgio Camは、スマホのカメラに写っているものに対して、音楽に合わせた歌詞を作ってくれるアプリです。

どんな技術を使っているのかというと、機械学習で画像認識するGoogleの「Cloud Vision API」と、音声を合成する「marytts」というオープンソースのテクノロジーをかけ合わせています。

↓デモページで体験できますよ。

Giorgio Cam

Quick, Draw!

ニューラルネットワークを使ったお絵かきゲームです。

「20秒以内で像を描いて」といったような質問が出てくるので、答えになる絵を書いていきます。
意外と難しいかも。

Quick, Draw!

The Infinite Drum Machine

データを可視化する際に用いる「t-SNE」と呼ばれるアルゴリズムを使って、ドラムの音源を機械学習させて、音源を色ごとに分類しています。

The Infinite Drum Machine

Thing Translator

「Cloud Vision API」と「Translate API」を使っていて、スマホのカメラで映した物体を多言語に翻訳してくれます。

スマホに映した「テキストからの翻訳」だったら、「Google翻訳」アプリでもできるけどね。Thing Translatorは更に進化していて、「ある言語のテキスト」から「他の言語のテキスト」でなく、「物体の画像」を「多言語のテキスト」に翻訳してくれます。

Bird Sounds

The Infinite Drum Machineと同じテクノロジーを使い、Bird Soundsは、鳥の鳴き声を機械学習させて、データを可視化させています。

以下のデモページで体験できますが、14482種類の鳥の鳴き声のデータを読み込むので、読み込みに時間がかかります。スマホではなくPCで利用することをオススメします。

Bird Sounds

A.I. Duet

AIと一緒に音楽を作れます。
キーボードを叩くと、AIが「半音上げたり」「半音下げたり」して、アレンジしてくれるのです。

キーボードを叩くアプリなので、PCではなく、スマホやタブレットの方が演奏している感じが面白いです。

A.I. Duet

Visualizing High-Dimensional Space

可視化されたデータを見たり検索できたりするようですが、いまいちよく分かりませんでした。

Visualizing High-Dimensional Space

What Neural Networks See

カメラを通じてニューラルネットワークが、物体をどのように見ているのかを可視化します。

Handwriting with a Neural Net

ニューラルネットワークが、手書きの文字を生成しますが、どんなことに使うのかよく分かりませんでした。

Handwriting with a Neural Net

まとめ

AutoDrawは、落書きのような絵でも、ちゃんとしたイラストに変換してくれるので、かなり楽しいですよ!是非お試しください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!