日本のガラパゴスな決済市場で、Android Payは流行るのか?

ようやく日本にAndroid Payが上陸します。

Android Pay

Google、今秋にもAndroid Payを国内で開始予定

Google が海外で 2015 年より提供しているモバイル決済サービス「Android Pay」を今秋にも国内で開始すべく現在調整を行っていると日経が伝えました。報道によると、Google は国内向けサービスを三菱 UFJ フィナンシャルグループと組んで展開する予定です。Android Pay は、Google が開発した Android のための “おサイフケータイ” サービスのことで、NFC によるかざして決済のほか、ネットショップやアプリの「Buy with Android Pay」ボタンによるオンライン決済、ポイントカードやギフトカードなども利用することが可能です。

Googleの戦略は?

三菱UFJフィナンシャルグループと手を結んで、日本進出を図ります。

日本の金融周りって、世界から見ると、めちゃガラパゴスです。GoogleやAppleなどのグローバル企業が、日本でフィンテックを実現していくには、顧客からの信用力・顧客基盤がある銀行をパートナーにしないと難しいのです。

この手法は、2013年にSquareが日本進出の際に三井住友銀行と提携したのと全く同じ構図です。米国の企業ってこうやって海外に進出するんですよね。

「Android Pay」が上陸するスケジュール

「Android Pay」が日本へ上陸するスケジュールを見てみましょう。

まず、2016年秋に三菱東京UFJ銀行の発行するデビットカードで、「Android Pay」が利用できるようになる予定です。その後、三菱UFJニコスのクレジットカードで対応する模様。

将来的には、その他のデビットカードやクレジットカードでも「Android Pay」が使えるようになります。

日本で流行るかどうかの鍵は、決済ターミナルにかかっています。この点は、後程詳しく書きます。

「Android Pay」とは

Googleが提供するモバイル決済サービスです。2015年9月10日にサービスが始まりました。すでにアメリカ、イギリス、シンガポールではサービスが始まっています。

「Android Pay」の特徴はセキュリティーが非常に高いという点です。デビットカードとクレジットカードのどちらかを登録して決済をするのですが、カード番号を送信するのではなく、仮想の口座番号に置き換えたものを送信する仕組みなので、個人情報とカード番号が「一緒に流出するというリスクがなくなります。

Android Pay については、以前のエントリーに詳しく書きましたので、よかったら見てください。

「Android Pay」がスタート!小規模ネットショップは「Android Pay」を導入すべし!
9月10日、Googleは今年のGoogle I/Oで発表したモバイル決済サービス「Android Pay」のサービスを開始しました。アメリ...

ちなみに、Googleは導入店舗を増やすために、小売店から決済手数料を取らないで運用しています。なので、アメリカでは100万店舗以上の店舗が参入しているようです。アメリカの場合は、店舗の決済ターミナルが、元々「Android Pay」に対応したType A/Type Bの規格だったという点が大きいです。

懸念するセキュリティー

Android 4.4 以上のスマホで対応するようだけど、セキュリティー大丈夫なんだろうか?Android 5.1以上にした方がいいと思うけどね。

「Android Pay」と「Apple Pay」の違い

黒船である「Android Pay」と「Apple Pay」の違いは、使用する端末が「Android」か「iOS」の違いだけで、決済の仕組みやセキュリティーに関してほとんど同じ仕組みです。

日本で Apple Pay は普及するのか?
アメリカではApple Payの普及に拍車がかかっています。 Apple Pay、米国内200万カ所以上で利用可能に App...

「Android Pay」は日本で流行るの?

お待たせしました。今日の本題です。

日本で「Android Pay」が流行るかどうかは、決済ターミナルがリアル店舗にどのくらい普及するか次第です。

どういうことかというと、「Android Pay」の決済は、Type A/Type BのNFC規格を使います。なので、リアル店舗の決済ターミナルがType A/Type Bに対応していなければ、利用者は決済できないのです。

訪日外国人の集客には、Android Pay を導入すべし!
政府の訪日外国人の目標ってご存じですか? 政府、訪日外国人目標を一気に倍増 2020年=4000万人、2030年=6000万人 政府...

Suicaの決済ターミナルは使えない

日本でのモバイル決済といえば、ブッチギリでSuicaが普及しています。コンビニ、駅ナカ、ルミネでは、たいてい使えますよね?

でも、Suicaが使える店舗の決済ターミナルは、Suicaの決済ターミナルであるType F(FeliCaチップ)にしか対応しておりません。

Type Fの決済ターミナルでは、Android Payの決済はできないのです。

アメリカとは異なり日本では、現時点で、Type A/Type Bに対応している決済ターミナルを導入しているリアル店舗なんてごく僅かです。

決済ターミナルを配布する

日本におけるSuicaの牙城って半端ないんですよね。

Android Payが普及するには、Suicaが使える店舗では、Android Payも同じように使えるという状況にならなければ、利用者は絶対に増えません。

これには、決済ターミナルを配りまくるしかないでしょう。Googleか三菱UFJフィナンシャルグループが、ガンガン配っていくかもしれません。

さらに、GoogleはAndroid Payの販促として、Android Payに登録したら1000円をプレゼント的なことは絶対にやってくると思いますよ。なにせ資金力が豊富ですからね。

NexusシリーズにもType F(FeliCaチップ)を搭載すべし

今の時点では、NexusシリーズがSuicaに対応するという話はありません。日本国内メーカーが製造するAndroid端末には、Suica対応モデルもあるけどね。

モバイルSuica対応機種

「Android Pay」や「Apple Pay」が採用する、Type A/Type BのNFC規格のデメリットは、タッチしてから決済までに時間がかかる点です。5秒近くかかりますから、日本の通勤ラッシュでは絶対に使えません。JRの自動改札が、Type A/Type BのNFC規格に対応することはないだろうね。

個人的には、NexusシリーズでもSuicaを使えるように、Type F(FeliCaチップ)を採用して欲しいです。

ちなみに、iPhoneはSuicaに対応するために、日本国内のガラパゴス規格であるType Fを導入します。早ければ次期iPhoneから搭載されますからね。

次期iPhoneでSuicaが使えるようになる!ガラバゴスから脱出したFeliCa
ようやくSuicaがiPhoneで使えるようになります。早ければ9月に登場するiPhone 7 からSuicaが使えるようになる予定です。 ...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!