「Android Pay」がスタート!小規模ネットショップは「Android Pay」を導入すべし!

9月10日、Googleは今年のGoogle I/Oで発表したモバイル決済サービス「Android Pay」のサービスを開始しました。アメリカでは100万店舗以上の小規模事業者が参加するようです。

「Android Pay」では、スマートフォンをNFC対応リーダーにピッとかざすだけで買い物ができます。

Google、Appleの2大プラットフォームは同じようなサービスを提供することになりますね。基本的に「Android Pay」は「Apple Pay」の完全なコピーです。

Android Pay

「Android Pay」の特徴

「Android KitKat 4.4」以降のNFC対応スマートフォンで利用できます。クレジットカードやVisaデビットカードを登録して、NFCリーダーにかざして決済するのです。今後はGoogle Play ストアの決済、ネットショップでのオンライン決済にも対応していくそうです。

セキュリティー

ユーザーのクレジットカード情報やデビットカード情報を直接送信することはなく、カード番号と紐付いた仮想口座番号に書き替えたものを使用するので、個人情報が漏れるリスクはありません。

スマートフォン紛失の際は、「Android Device Manager」からデバイスをロックすることができ、新しいパスワードの設定や、端末上の個人情報を消去することが可能です。

「Apple Pay」の特徴

クレジットカードの情報を保存しません。クレジットカード情報の代わりにトークンを使用するのです。このトークンも2重に守られて強固なセキュリティーを持っています。

利用するユーザーも簡単に利用でき、決済リーダーにかざしてiPhoneで指紋認証を行えば、一瞬で決済が完了します。クレジットカードやデビットカードの登録もiPhoneのカメラでスキャンするだけです。

日本でのサービスは全く浸透していないので、iPhoneユーザーの方も馴染みがないと思いますが、アメリカでは「Apple Pay」に対応している店舗は100万店舗以上あるのです。

Touch IDで本人しか使えない

クレジットカードなら本人以外でも使うことが出来ます。番号さえわかれば、不正利用は可能ですよね。

モバイル決済は普及する?

日本には「おサイフケータイ」というガラパゴス市場があります。10年ほど前から「Suica」や「ガラケー」で決済をしてきた私たちにとって、「Apple Pay」や「Android Pay」は、NFCの決済の1つにすぎないように感じます。

どんな場面で普及するのか、オフラインとオンラインの決済で分けて考えてみます。

オフライン決済

レジなどの対面での決済では、日本人にとっては「おサイフケータイ」や「Suica」で馴染み深いものになります。「Apple Pay」や「Android Pay」への抵抗はないと思います。

リーダーを配りまくって、対応店舗が増えていけば、利用者も増えていくでしょう。

オンライン決済

「Apple Pay」や「Android Pay」の大きな価値はオンラインショッピングでの決済です。「Suica」を使ってネットショッピングで買い物はできませんよね。

ネット通販ならクレジットカードで決済するから、あえて「Apple Pay」や「Android Pay」を使わないという方もいると思います。でもよく考えてみて下さい。Amazonより1割安いけど、みたこともない小規模ネットショップのサイトで、クレジットカードの情報を入力することができますか?

普通は出来ないですよね。楽天やYahooでもクレジットカード情報が流出するのに、小規模ネットショップなら、いつクレジットカードの情報が流出するかわかりません。

「Apple Pay」や「Android Pay」ならば、クレジットカードの情報が流出するリスクはなくなりますから、オンライン決済にとって非常にセキュリティーが高くて使い勝手がいいでのす。

セキュリティーが低いクレジットカード

クレジットカードのセキュリティーは極めて低いです。15〜16桁のカード番号、有効期限、セキュリティーコード、名前がわかれば、オンラインで誰でも利用できてしまいます。

カードの不正利用って年間どのくらい?

日本での不正利用額は年間約60億円です。

2014年のクレジットカードの年間利用額は約46兆円ですので、被害額は0.013%です。

クレジットカードショッピング信用供与額・信用供与残高

ネットでのカード不正使用 半年で約30億円に

インターネットを通じてクレジットカードを不正に使われたという被害の額が2014年上半期だけで30億円近くに上っていることが業界団体の初めての調査で分かりました。

クレジットカードの不正利用が減る

クレジットカード会社にとって、AppleやGoogleのモバイル決済は、喉から欲しい決済システムです。

スマートフォンで決済するには、「Apple Pay」ならば「指紋認証」と「スマートフォンの端末」を使うことが必須ですので、本人確認がきちんと取れるので、カードの不正利用が減りますからね。

「Apple Pay」や「Android Pay」、モバイル決済の仕組み

「Apple Pay」や「Android Pay」はどこから収入を得ているのかよくわかりませんでしたが、このブログが詳しいです。「Apple Pay」も「Android Pay」も仕組みは全く同じだそうです。

hmskさんにApple Payの詳細を聞いてきた

小規模ネットショップは「Android Pay」を導入すべし!

「Android Pay」は指紋認証と端末で本人確認をするので、店舗側にクレジットカード情報が伝わりません。また、カードの入力も不要です。指紋認証だけで購入ができるのです。

また店舗側からのカード情報の漏洩もありませんので、ユーザーは安心して小規模ネットショップで決済できるのです。

今後、通販サイトの決済手段として浸透していくでしょう。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!