QRコード決済が面倒な理由

PayPay QRコード決済

昨年末にPayPayが始まってから、QRコード決済の認知度が上がり、2月13日にはメルカリからメルペイもローンチされました。
QRコード決済には、導入店舗の初期費用が安く抑えられるメリットがある一方、利用者にとっては面倒な点がたくさんあります。

今日のエントリーは、QRコード決済が面倒な理由をあげてみます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

アプリを立ち上げなければ使えない

QRコード決済は、スマホのアプリを立ち上げなければ利用できません。QRコード決済は、以下2つの方法で決済をします。

  • ユーザーがアプリでレジに置いてあるQRコードを読みこんだ後、支払い金額をスマホで入力して決済
  • ユーザーがアプリでQRコードを表示して、店員がスキャンして決済

どちらの方法でも、QRコード決済は、アプリを立ち上げなければならないところが面倒ですよね。
Apple PayやGoogle PayのSuicaならば、ピッとかざすだけです。Apple Payはエクスプレス設定をしておけば、Touch ID/Face IDは不要ですし、Google Payもかざすだけでアプリの起動は不要です。

ネットワークに繋がってないと使えない

QRコード決済は、ネットワークに繋がってないと使えません。これも面倒ですね。
なぜ使えないのかというと、セキュリティ上の理由により、アプリ上でバーコードを発行する際、ネットワークに繋がっている必要があるからです。また、PayPayのバーコードの有効期限は5分で更新されます。このときもデータ通信は必要になります。

モバイルネットワークが入らない地下の店舗では、お店が用意したWi-Fiに接続しなければQRコード決済は使えません。

バッテリーが切れると使えない

QRコード決済は、スマホのアプリを立ち上げて決済するので、バッテリーが切れると使えません。不便ですよね?

これに対して、Apple PayでSuicaを使う場合、iPhone XSやXRには予備電力機能が備わっているので、バッテリーが切れたとしても数時間以内であればSuicaが使えます。

決済の速度が遅い

QRコード決済は、決済の速度が遅いです。QRコードをスキャンする時間が約1秒かかりますからね。

↓QRコード決済の流れはこんな感じです。かったるいですよね?

  • スマホを取り出して→アプリを立ち上げて→QRコード読み取り画面を開いて→お店の人にQRコードを1秒間スキャンしてもらう

Suicaが、かざせばピッと一瞬で決済が終わるのとは大違いです。

支払い画面までのステップが多い

支払い画面までのステップが多いのも、QRコード決済の面倒な点です。

PayPayのQRコードで支払う際の手順を見ていきましょう。
レジで決済が完了するまでに、以下の6つの手順が必要です。
支払い画面までのステップが多すぎて、かなり面倒です。

  1. スマホを取り出す
  2. アプリを立ち上げる
  3. アプリでレジに置いてあるQRコードを読む
  4. レジに支払う金額をアプリで入力
  5. 店員にスマホの画面を見せて、金額を確認してもらう
  6. アプリで決済して、完了画面を店員に見せる
【PayPay(ペイペイ)】サービス紹介動画_レジ払い篇

クレジットカードを登録して決済する場合、利用金額に上限がある

QRコード決済の場合、クレジットカードを登録して決済する場合、利用金額に上限があります。

例えばPayPayでは、アカウントにチャージして決済する方法と、クレジットカードを登録して決済する方法があります。

クレジットカードを登録して決済する方法ならば、PayPayアカウントをクレジットカードのように利用できるので圧倒的に便利です。チャージ残高を気にしなくて済みますからね。
ただし、不正利用防止のため、クレジットカードでの利用金額に上限が設けられています。

  • 新しいクレジットカードでの利用上限額・・・2万円まで (過去24時間)
  • 2018年12月21日以前に設定したクレジットカードでの利用上限額・・・5万円まで (過去30日)
  • 「青いバッジ」ユーザーは、クレジットカードでの利用上限額・・・25万円まで (過去30日)

当初、PayPayはMacBookなどの高額商品が購入できる仕様でした。理論的には利用金額に上限を設ける必要はありません。例えば、クレジットカード同様、月額100万円まで使えるようにすることもできるはずです。

PayPayでクレジットカードの不正利用が多かったため、このような制限が設けられたのは間違いなさそうですね。

Suicaのメリットとデメリット

今までQRコード決済の不便な点を書きましたが、Suicaのメリットとデメリットも紹介します。
QRコード決済とSuicaを比較することで、QRコード決済の面倒な点も明らかになるはずです。何がどう違うのかを見ていきましょう。

Suicaのメリット

  • 決済は一瞬・・・QRコード決済とは比較にならないくらい早い
  • オートチャージ付きのSuicaならば、チャージは自動化される・・・オートチャージの上限が撤廃されればもっと便利になる

Suicaのデメリット

  • チャージの上限は2万円まで・・・上限は早く撤廃すべし
  • 個人商店では使えないところが多い・・・店舗側の初期費用が高いので、駅ビルの店舗、コンビニ、チェーン店など大資本のところでないと使えない

さいごに

以上、QRコード決済が面倒な理由を紹介しました。

正直、QRコード決済は面倒なので使う気になれません。
コンビニのレジで、前の人がQRコード決済で、もたもたするくらいなら、現金で支払って欲しいと思うのは僕だけではないはず。

QRコード決済は支払うまでのステップが多く、決済するのが面倒です。それに対してSuicaは、かざすだけです。僕はSuicaの方が圧倒的に便利だと思います。

今後、Suicaのメリットを参考に、QRコード決済の使い勝手が良くなっていくといいですね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク