Gmail (Google) にログインできない時の対処方法

Gmail (Google) にログインできない

GmailやGoogleにログインできなくなったことはありませんか?

「パスワードが違う」「突然ログインできなくなった」など、GmailやGoogleにログインできなくなってしまったら困ってしまいます。

今日のエントリーは、GmailやGoogleにログインできない時の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

パスワードが違う、もしくは忘れた

GmailやGoogleにログインできない場合、パスワードが違う理由でログインできないケースがほとんどです。

何度も間違えるとGoogleアカウントはロックがかかるのでご注意ください。
また、パスワードを全角で入力しているとログインできませんので、半角で入力しているかどうかも確認してください。

ちなみに、パスワードをクラウドに保存しておけばこのようなことは防げます。パスワードはChromeやSafariを使って、GoogleやAppleのクラウドに保存することをオススメします。詳しいやり方は先日のエントリーに詳しく書きましたので、興味のある方はご覧ください。

みなさま、ウェブサービスのパスワードはどうやって管理していますか? まさか、ログインIDとパスワードを使い回してないですよね? ...

パスワードが分からない場合、パスワードのリセットをして、アカウントを復元します。以下、手順を紹介します。

  1. アカウント復元のページにアクセス
  2. Googleアカウントか電話番号を入力
  3. 「別の方法を試す」をクリック
  4. 確認コードを配信
  5. 確認コードを入力
  6. パスワードを変更
  7. アカウント復元されて、ログインできる

1. アカウント復元のページにアクセス

アカウント復元のページにアクセスします。

2. Googleアカウントか電話番号を入力

Googleアカウントか電話番号を入力します。

Gmailのパスワードが違う Googleアカウントか電話番号を入力

3.「別の方法を試す」をクリック

覚えている最後のパスワードを入力してくださいと表示されますが、パスワードは分からないので入力できないですよね?

「別の方法を試す」をクリックします。

Gmailのパスワードが違う 「別の方法を試す」をクリック

4. 確認コードを配信

確認コードを配信します。登録している予備のメールアドレス宛に送信されます。

Gmailのパスワードが違う 確認コードを配信

5. 確認コードを入力

予備のメールアドレスに送信された確認コードを入力します。

Gmailのパスワードが違う 確認コードを入力

6. パスワードを変更

パスワードを変更します。

Gmailのパスワードが違う パスワードを変更

7. アカウント復元されて、ログインできる

アカウント復元されて、ログインできます。

アカウント復元されたGoogleアカウントのGmailと予備のメールアドレスに「アカウントが復元されました」とメールが届きます。

「アカウントが復元されました」とメールが届

2段階認証をしている場合も、この手順であれば2段階認証のコードは必要ありません。パスワードを変更でき、アカウントの復元が行われます。

ユーザー名が違う、もしくは忘れた

ユーザー名が違う、もしくは忘れてしまいGmailやGoogleアカウントにログインできないこともあります。

ログインする時、パスワードが正しかったとしても、ユーザー名が違うとログインできません。以下の手順で正しいアカウントを探してから、アカウントを復旧します。

  1. メールアドレスを探す
  2. 名前を入力する
  3. 確認コードを配信
  4. 確認コードを入力
  5. アカウントを選択
  6. パスワードを入力
  7. パスワードが分からない場合は?

1. メールアドレスを探す

メールアドレスを探す」ページにアクセスします。

電話番号、再設定用のメールアドレスを入力します。

Gmailのユーザー名が違う 電話番号、再設定用のメールアドレスを入力

2. 名前を入力する

Googleアカウウトに登録している名前を入力します。

Gmailのユーザー名が違う 名前を入力する

正しい名前が入力されないと、「アカウントが見つかりません」と出てきますので、ご注意ください。

正しい名前が入力されないと、「アカウントが見つかりません」と表示される

3. 確認コードを配信

再設定用のメールアドレスに確認コードを配信します。

Gmailのユーザー名が違う 確認コードを配信

4. 確認コードを入力

再設定用のメールアドレスに確認コードが届くので、確認コードを入力します。

Gmailのユーザー名が違う 確認コードを入力

5. アカウントを選択

再設定用のメールアドレスに登録しているGoogleアカウントが表示されますので、アカウントを選択します。

再設定用のメールアドレスに登録しているGoogleアカウントが表示される

6. パスワードを入力

パスワードを入力します。パスワードが間違っていなければ、ログインできます。

パスワードを入力

7. パスワードが分からない場合は?

パスワードが分からない場合は、「パスワードをお忘れの場合」をクリックして、パスワードを再設定します。

「パスワードをお忘れの場合」をクリックして、パスワードを再設定

先ほど紹介した「パスワードが違う、もしくは忘れた」の手順でアカウントを復元します。

別のGmailアカウントにログインしようとしている

別のGmailアカウントにログインしようとしていると、当然ながらログインできません。
Gmailは、仕事用・プライベート用など、複数持っている方も多いと思いますので、他のGmailアカウントのパスワードでログインしようとしていないか確認してください。

Googleアカウントがロックされた

ログインに何度も失敗すると、Googleアカウントがロックされます。

ロックされてしまうと、ロックを解除するのに最大24時間かかりますので、24時間待ってからログインしてください。

Googleアカウントが乗っ取られた

Googleアカウントが乗っ取られてしまい、パスワードを変更されてしまうと、ログインできなくなります。

最初に紹介した「パスワードが違う、もしくは忘れた」の手順を参考に、アカウント復元の手続きを行ってください。

Googleアカウントを削除してしまった

間違ってGoogleアカウントを削除してしまった場合、当然ですがログインできなくなります。

Googleアカウントを削除してから、一定期間内であれば、アカウントを復元することも可能です。

この場合も、最初に紹介した「パスワードが違う、もしくは忘れた」の手順を参考に、アカウント復元の手続きを行ってください。

2段階認証が通らない

2段階認証を設定している場合、2段階認証が通らなければログインできません。

2段階認証をどのように設定しているかにもよりますが、次のようなケースで2段階認証プロセスで問題が生じることがあります。

  • Google認証アプリを使っている場合、スマホを紛失・故障してしまい、認証コードを生成できない
  • iPhoneでGoogle Authenticatorを使っている場合、 機種変更などでOSのバックアップから復元すると、認証コードは生成できない

事前に「バックアップコードを設定して保存しておく」「バックアップ用の電話番号を設定しておく」を設定していると、2段階認証のコードが発行できなくてもログインできます。

2段階認証のバックアップコードが分からない場合は?

2段階認証のバックアップコードが分からない場合は、GmailやGoogleアカウントにログインできません。

最初に紹介した「パスワードが違う、もしくは忘れた」の手順を参考に、アカウント復元の手続きを行います。

Gmailアプリの不具合

ユーザー名、パスワードが正しいにも関わらず、Gmailアプリの不具合でログインできないこともあります。
この場合、Gmailアプリを最新版へアップデートすると、ログインできます。

さいごに

以上、GmailやGoogleにログインできない時の対処方法を紹介しました。

GmailやGoogleアカウントのパスワードを忘れてしまった場合、アカウント復元の手続きを行ってください。

パスワードを忘れてしまいGmailやGoogleにログインできないケースが大半です。GmailやGoogleにログインできるように、ユーザー名とパスワードはChromeやSafariを使ってクラウドに保存しておくことを強くオススメします。

Gmailに予約送信する機能が追加されました。 メールを送信する際にオプションで選択でき、日時を指定して予約送信が可能となりま...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)