日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

「Chrome」「Safari」を使って、パスワードを安全に管理する方法!

Android Apple Google iPhone Mac Windows セキュリティー
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

みなさま、ウェブサービスのパスワードはどのように管理していますか?

ログインIDとパスワードを使い回すのは非常に危険です。

IDとパスワードの流出事件をググると、山のように出てくる出てくる。
IDとパスワードを使いまわすことは絶対にやめてください。犯罪者集団は、流出したIDとパスワードを元に、様々なサービスで不正ログインを試みます。

パスワードは使い回すべからず・・・

セキュリティを上げるには、全てのウェブサービスのIDとパスワードを変えるのは理解できますが、面倒だし全て覚えることもできませんよね?

ご安心ください。IDとパスワードは自分の頭で覚える必要はありません。
全てGoogleかAppleのクラウド上に保存しましょう。そうすれば、ログイン毎に、クラウドから自動で呼び出せるので、セキュリティは高いまま、利便性を確保できます。

クラウド上にパスワードを保存するのは、怖いという方もいるかもしれません。
しかし、Androidを使っていれば必ずGoogleアカウントにログインしますし、iOSを使っていればiCloudのアカウントにログインします。大手プラットフォームに預けることは、流出する可能性も低く、そこまで危険なことではないはずです。

以前は1Passwordといった、サードパーティのパスワードを保存するアプリがありましたが、GoogleやAppleに預けた方が安全です。GoogleやAppleがハッキングされる可能性は限りなく低いですから。

この記事では、「Chrome」「Safari」を使って、クラウド上にパスワードを保存する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

Chromeでパスワードを保存する

Chromeでは、デフォルトの設定で、ログインしているGoogleアカウントにパスワードを保存する設定になっています。

もし保存する設定になっていない場合、以下の方法で「パスワードを管理」をオンにしてください。

  • 設定→詳細設定→パスワードを管理→オン

Chrome パスワード 管理

Chrome パスワード 管理

Chrome パスワード 管理

Googleアカウントがパスワードを覚えますので、クラウド上にIDとパスワードは保存されます。
なので、どの端末でもChromeに同じGoogleアカウントでログインすれば、IDとパスワードは自動で呼び出すことができます。

保存したパスワードを確認する方法

保存したパスワードを確認する方法です。

  • 設定→詳細設定→パスワードを管理→保存したパスワード

パスワードを確認したいURLをクリックすれば、パスワードが表示されます。

Chrome パスワード 管理

2017年9月3日 追記
passwords.google.com へアクセスしても、パスワードを確認することが可能です。友だちのChromeのエキスパートが教えてくれました。

パスワードを自動生成する

Chromeでは、ウェブサービスに登録する際、デフォルトの状態では、パスワードを自分で作る必要があります。
そうすると、結局パスワードを使い回してしまう人もいるんだよね。

Chromeでパスワードを自動生成する方法を教えます。強固なパスワードをChromeが自動生成してくれます。

Chromeの試験運用機能を利用してください。Chromeに以下のURLを入力します。

  • chrome://flags/#enable-password-generation
  • chrome://flags/#enable-manual-password-generation

上記2つの試験運転機能を、DefaultからEnableにします。

Chrome パスワード 自動生成

Chrome パスワード 自動生成

これで、ウェブサービスに登録する際、パスワードが自動生成されます。強固なパスワードが自動生成されますのでご安心ください。

Safariでパスワードを保存する

Safariの場合、「キーチェーン」の設定をオンにすることで、パスワードがiCloudに保存されます。

注意点は、パスワードはSafariでしか呼び出すことができません。Apple製品でしか使えないので、WindowsやAndroidも使っているという方は、Chromeを使うことをオススメします。

iCloudに保存されるということは、クラウド上で管理することになります。なので、同じApple IDでログインしている端末ならば、iPhone、iPad、MacBookなどの複数の端末でパスワードを呼び出すことが可能です。

ただし、複数のApple製品をお持ちの場合、端末ごとで、「キーチェーン」の設定をオンにしなければなりません。

iOS

  • 設定→Apple ID→iCloud→キーチェーン→オンにする

macOS

  • システム環境設定→キーチェーン→オンにする

Safari パスワード 保存

保存したパスワードを確認する方法

保存したパスワードを確認する方法です。

  • Safari→環境設定→パスワード

Safari パスワード 呼び出す

ロックされているので、パスワードを入力します。

Safari パスワード 呼び出す

その後、調べたいWebサイトをクリックすれば、パスワードが表示されます。

Safari パスワード 呼び出す

パスワードを自動生成する

Safariはデフォルトの状態で、新規にウェブサービスに登録する際、パスワードを自動生成してくれます。

2段階認証を設定すべし

IDとパスワードをクラウド上に保存したら、さらにセキュリティを上げるために2段階認証も設定します。

2段階認証とは、IDとパスワードに加えて、「スマホで生成されるセキュリティコード」や「SMS」による入力が必要な認証方法です。セキュリティコードはログインする度に変わるので、スマホを持っている本人以外、ログインすることはできなくなります。

Google、Apple、Facebook、Instagram、Twitter、Amazon、Evernote、Dropbox、Yahoo!JAPANなどの主要なウェブサービスは、2段階認証に対応しています。

対応しているサービスをお使いの場合、必ず2段階認証を設定してくださいね。

まとめ

「Chrome」「Safari」を使って、パスワードを安全に管理する方法をお伝えしました。

「Chrome」「Safari」を使えば、パスワードを安全に管理する事ができるので、ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました