「Fire TV Stick」でミラーリング!8980円の「Fire」タブレットは不可・・

先日のエントリーでAmazonプライム会員向けのサブスクリプション「プライム・ビデオ」について書きました。

Amazon「プライム・ビデオ」がスタート!Fire TV Stickは実質980円
9/23、Amazonのプライム会員向けの映像配信サービス「プライム・ビデオ」がスタートしました。 年間3,900円なので、1ヶ月あた...

サブスクリプションの動画サービスに関して、NetflixやHuluが先行しており、Amazonは後発です。

プライム会員向けに「Fire TV Stick」を980円で、「Fire」タブレットを4980円で発売するキャンペーンを行い、シェアを取りに来ています!わたしも両方購入してしまいました。

Amazonプライム・ビデオのビジネスモデルは、コストコと同じ会員モデルです。Amazon側のメリットは、継続した定期収入として会費を集められます。

ユーザーのメリットは、「プライム・ビデオ」以外のサービス「お急ぎ便」「Kindleオーナー ライブラリー」も追加料金無しに利用できるところでしょう。サブスクリプションでこのシステムを採用しているのはAmazonだけです。

「Fire TV Stick」でミラーリング

CPUを内蔵している小型コンピューターなので、単体でも映像を映すことが可能ですが、ミラーリングをすることもできます。

画面に表示されているものを丸ごと表示することができるのです。デバイスも各種対応しているようです。

残念なのは、プライム会員向けに4980円で発売されている「Fire」タブレットがミラーリングに未対応という点です。

Fire TV Stick

Miracast

Miracast機能を使って、他のデバイスの映像をテレビに映すのです。

ミラーリングできるデバイス

PC

Windows8.1で、Miracast対応しているPCなら可能です。

Macは今のところ未定とのことです。

2015年11月28日追記

サードパーティー製アプリを使えば可能です。

AirPlayが使える「Fire TV Stick」! iOS でミラーリングが可能に
以前のエントリーで「Fire TV Stick」のミラーリングについて書きましたが、今日はiPhoneやMac本体から「AirPlay」経由...

Miracast でのワイヤレス ディスプレイへの表示

使用している Windows 8.1 PC が Miracast に対応しているかどうかを確認する

iOS

今後提供予定の、対応アプリを使えばミラーリングが可能です。

2015年11月28日追記

サードパーティー製アプリを使えば可能です。

AirPlayが使える「Fire TV Stick」! iOS でミラーリングが可能に
以前のエントリーで「Fire TV Stick」のミラーリングについて書きましたが、今日はiPhoneやMac本体から「AirPlay」経由...

Android

Android4.2以上のモデルならミラーリングできます。

android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」

「Fire」タブレット

Fire

ミラーリング不可です。Miracast機能を提供していません。

8980円のモデルなので、スペックダウンしているそうです。これは残念ですよね・・

Fire HD 8

Miracastでミラーリング可能です。

Fire HD 10

Miracastでミラーリング可能です。

Fire HD 6

HDMIアダプター(別売り)を使えばミラーリング可能です。ケーブルを繋ぐのでワイヤレスでのミラーリングには対応していません。

「Fire TV Stick」のスペック!

CPU

Broadcom Capri 28155、デュアルコア 2xARM A9 最大1Ghz

GPU

VideoCore4

ストレージ

8GB

メモリ

1GB

対応するビデオ配信サービス

アプリで動画を視聴します。

Amazonプライムビデオ、Hulu、YouTube、Netflix、niconico、Gyaoなど

Amazonアプリストア

「Chromecast」との違い

TVやプロジェクターに繋いでコンテンツを映すという目的では「Fire TV Stick」も「Chromecast」も同じようにみえます。形状も似ていることからよく比べられるのですが、全く異なるデバイスとなります。

「Fire TV Stick」はコンピューター

小型コンピューターです。操作は付属のリモコンやBluetoorhのキーボードで行います。インターネットに直接つながるので、スマートフォンなどのデバイスがなくても映像が見れます。手元のデバイスがなくても単体で動作する点が「Chromecast」とは異なります。

Chromecastの4倍のストレージ、2倍のメモリというのが「Fire TV Stick」のPRです。

もちろん、スマホなどの手元のデバイスをミラーリングして使うこともできます。

「Chromecast」は映像受信機

スマートフォンやタブレット、PCの映像などのコンテンツを、TVなどに映すために使います。手元のデバイスをミラーリングして使うのです。

「Chromecast」単体では映像を観ることはできません。

「Fire」タブレットと「Fire TV Stick」の使い勝手の違い

ストレージは8GBと同じなのですが、動画を見る際の仕組みが異なります。

「Fire」タブレット

端末にダウンロードするので、オフラインでも動画が観れます。

「Fire TV Stick」

ストリーミングでの動画再生となります。ネットに繋がっていないと視聴できません。

「Fire TV Stick」のアプリ

Amazonアプリストアからダウンロードするので、アプリストア自体は「Fire」タブレットも「Fire TV Stick」も同じです。

ただしアプリは端末ごとに提供しているようなので、同じアプリでも端末によってあるものとないものがあるようです。

  • 「Fire TV Stick」のアプリは3290本しかありません。まだまだこれからといったところです。
  • 「Fire」タブレットのアプリは320146本です。

Amazon Fire TV Stick 対応アプリ・ゲーム

「Fire」タブレットのアプリ

Amazonビデオに最適化

Amazonビデオを観るなら、「Fire TV Stick」はオススメです。リモコンで操作して動画再生できます。

発送は10月末なので、早く試してみたいですね。

2015年10月28日追記
到着したのでレポート書きました。

「Fire TV Stick」が到着した!プライム会員なら満足度高し!
9月26日に980円でポチった「Fire TV Stick」が本日届きました! 9月からスタートしたプライム会員向けの見放題動...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!