Macのセキュリティー対策を考える!ウィルスソフトは必要なのか?

今までMacはセキュリティーソフト不要と言われていましたが、今後そうも言ってられなくなりそうです。

「Mac」を標的にしたランサムウェア、発見される–完全なものとしては初

セキュリティ研究者が、Appleユーザーを標的とした史上初のランサムウェアとみられるものを発見した。これは実際に出回っているため、真の脅威となるものだ。そして、ダウンロード愛好者にとって悪いことに、このランサムウェアはBitTorrentクライアントソフトウェアを介して広がっている。

Mac OSのシェア

Net Applicationが発表した2016年2月のデータを見てみます。

Macシェア

Macがどのくらいシェアを持っているのかというと、わずか7.76%です。

Windowsは90.45%なのでなんだかんだ言ってもシェア率は高い。そのうちの50%以上がWindows7だけどね。

愉快犯のハッカーはWindows向けにウィルスを作ると思われます。だってシェアが高いOSを狙えば拡散する速度も早いからね。

Macのシェアは10%を切っており、依然としてシェアは低い。でも、エンジニアやWEBサービスを作る人達ってほぼ全員Macだから、Mac向けのウィルスを作る意味は間違いなくあるはず。

Mac向けのマルウェアやランサムウェアは、今後増えてきそうですね。

Macにウィルスソフトは必要?

さて今日の本題です。

Macユーザーを狙ったウィルスが増えてくると、ウィルスソフトを入れるかといった議論になってきますよね?

Macにウィルスソフトを入れている人ってどのくらいいるんだろう?少なくともわたくしの周りのIT系には皆無です。

理由はMacのセキュリティーアップデートとバッティングして不具合が生じることがよくあるからです。

Appleで働いている友人が何人かいますが、彼らもみんな不要派です。でも、Appleの社内にあるMacにはウィルスソフトが入っているようです。

Appleで使っているセキュリティーソフトをMacのセキュリティーアップデートに組み込んで欲しいと思うのはわたくしだけでしょうか?

Macを購入したらまずやること

ウィルスソフトを入れないで運用する方が多いと思いますので、セキュリティー面において、いくつかやっておいた方がいいことを紹介します。

ファイアウォールをオンに

これは必須です。この機能をオンにするだけで、不正な通信をブロックして防ぐことができます。

ファイアウォールをご存じない方に簡単に説明すると、外部から内部に入ってくる通信と、内部から外部へ行く通信を制御するものです。例えるなら、マンションの門番だと思ってください。

OSX Firewall

  • システム環境設定 → セキュリティとプライバシー → ファイアウォール → ONにする

最新のOSにアップデート

OSの脆弱性を修正するセキュリティーアップデートが定期的にあるので、必ず最新版にしてください。

ブラウザは最新にアップデート

ブラウザは2つ入れておくと、色々と便利。

Safariを使っているなら自動でアップデートされるので問題ないのですが、Chromeも使っている方は必ず最新バージョンを使ってくださいね。

起動時の自動ログインをオフに

普通にセットアップすればOFFになっているはずです。

ONになるとパスワードなしでOSが立ち上がってしまいます。

自動ログイン

  • システム環境設定 → ユーザとグループ → ログインオプション → 左下の鍵マークをクリック → 自動ログインを「切」

スリープとスクリーンセーバ解除にパスワードを要求

こちらも普通にセットアップすれば、パスワードを要求されるはず。

もしパスワードなしにスリープが解除できるようなら、設定を見直してください。

 スリープとスクリーンセーバ解除

  • システム環境設定 →  セキュリティとプライバシー → 一般 → スリープとスクリーンセーバ解除にパスワードを要求」にチェックを入れる

Macを探す

MacBookなどのノートは必ず設定しましょう。

紛失した際に、Macの位置を特定したり、ロックを掛けたり、データを消去することができるようになります。

Macを探す

  • システム環境設定 → iCloud→ Macを探す → ONに

Mac が紛失した、または盗難に遭った場合

FileVault

ハードディスクやSSDの内部データを暗号化する技術です。

紛失したり、なくした時に、ハードディスクの中身に暗号化を掛けて見れなくするというもの。

これも賛否両論ありますが、わたくしはOFFにしています。

理由は、以前不具合が生じたことがあるのと、ONにすると動作が鈍くなるためです。

「FileVault 不具合」でググると不具合の事例がたくさん出てきますよ。

万が一なくした時も、Macを探すをオンにしておけば、リモートでデータを消去できるから、設定は不要です。

Mac 購入後に気をつけること

セキュリティー面で気をつける点を書いておきます。

開発元が不明なアプリケーションを入れない

これは基本です。

Appleでは、アプリケーションの開発業者にデベロッパ ID を登録させて、App Storeにアプリを登録することを推奨しています。きちんとした開発元のアプリなら、App Storeへ無料でアプリを公開してします。

でも、購入したアプリケーションばかりじゃないだろうし、フリーソフトをインストールする方もいると思います。App Store以外からフリーソフトをダウンロードした場合、インストールできないものが出てきます。こんなエラーが表示された経験をお持ちの方はいるでしょう。

“アプリ名”は、開発元が未確認のため開けません。

“セキュリティ”環境設定でインストールが許可されているものは、Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションのみです。

こういうアプリケーションはインストールしないほうがいいです。

アプリケーションのインストールに関する設定は、通常「Mac App Store と確認済の開発元からのアプリケーションを許可」になっているんですよね。なので、開発元が不明なアプリケーションはインストールできません。

よほど特殊なアプリを使う方以外、この設定は変更しないほうがいいです。

どうしてもインストールするなら

インストールできないアプリの例を挙げると、VLCという動画を再生する無料のアプリケーションがあるんだけど、開発元が不明なためインストールできないです。便利なアプリなんだけどね。

でも、全くインストールできないわけじゃありません。設定変更すればインストールはできます。

あまりオススメできませんが、もし使う方は「すべてのアプリケーションを許可」へ変更してください。

開発元が不明なアプリケーション

  • システム環境設定 →  セキュリティとプライバシー → 一般 → すべてのアプリケーションを許可

ビジネスホテルや空港でWi-Fiに繋ぐ

VPNソフトを入れた方がいいですよ。どこで覗き見されてるか分からないですから。

オススメはソースネクストのWi-F-セキュリティーです。過去にVPNのエントリーがあるので参考にしてください。

海外でWi-Fi使う場合なら必須なVPNソフト
個人情報の流出のニュースが止まりません。 PCやスマートフォンは、ネットに常時接続している環境なので、個人情報が流出するリスクは極めて高い...
VPNの設定方法!ビジネスホテルなら必須だよ
久しぶりに東京のビジネスに宿泊しました。 半蔵門のアパホテルで1泊4900円。お正月ということもあって安いし、めっちゃ空いてる。 ...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!