BootCampアシスタントを立ち上げると、BootCampのストレージが-8GBと表示され、36GB以上のパーテーションを作成できないときの対処方法!

BootCamp 不具合

BootCampにWindows 7をインストールして、実質Windowsマシンとして使っているMac Miniがあります。Windows 7の動作が遅くなってきたため、BootCamp領域を削除して、Mac Miniのハードディスクをフォーマット。その後、macOS High Sierraをクリーンインストールして、BootCampアシスタントを立ち上げたところ不具合が発生しました。

具体的にどんな症状かというと、BootCampアシスタントで、BootCampのストレージが-8GBと表示され、36GB以上のパーテーションが作成できません。明らかにBootCampアシスタントの動作がおかしいです。Mac Miniのハードディスクは500GBあるのに、BootCampが36GBしか使えないってw

ということでAppleサポートに電話したところ、スペシャリストの方が対応してくれて問題が解決されたので、情報を共有します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

BootCampアシスタントでBootCampのストレージが-8GBと表示され、36GB以上のパーテーションを作成できない・・・

これ致命的ですよね。
BootCampの容量を、36GBか-8GBしか選べないんだもん。

-8GBというのは完全にバグのようで、MacMiniのハードディスクは500GBなのですが、macOSが508GB、BootCampが-8GBとなっていました。
キャプチャーした画像があったのですが、再インストールしたら消えてしまいました。。。

以下、対処方法です。2通りあります。

  • macOSのフォーマットをAPFSにする
  • macOS Sierraにダウングレード

macOSのフォーマットをAPFSにする

macOSのフォーマットをAPFSにすれば解決します。

でもね、リカバリモードで起動してから、ハードディスクをフォーマットしなければならないので、バックアップは必須です。

以下手順です。

  1. バックアップを取る
  2. リカバリモードで起動する
  3. ハードディスクのフォーマットをAFPSにする
  4. macOS High Sierraを再インストール
  5. BootCampアシスタントを使ってパーテーションを作成する

1. バックアップを取る

ハードディスクをフォーマットすることになるので、MacとWindowsのバックアップを取ります。

2. リカバリモードで起動する

リカバリモードで起動します。電源ボタンを押したら、command + Rを押し続けてください。リカバリモードで起動されます。

3. ハードディスクのフォーマットをAFPSにする

リカバリモードで起動したら、ディスクユーティリティを起動します。

APFSでフォーマットしてください。

macOS High Sierra ユーティリティ

4. macOS High Sierraを再インストール

ハードディスクをAPFSでフォーマットしたら、macOS High Sierraを再インストールします。

5. BootCampアシスタントを使ってパーテーションを作成する

macOS High Sierraがインストールされたら、BootCampアシスタントを使ってパーテーションを作成します。

今回、BootCampの領域として425GBのパーテーションを作成することができました。

macOS Sierraにダウングレード

Appleのスペシャリストの方のお話では、macOS High Sierra 10.13.4を使っていると、まれにですが、ハードディスクをAPFSにフォーマットしてもBootCampアシスタントで36GB以上のパーテーションを作成できないことがあるようです。

この場合、macOS Sierraにダウングレードすることで解決します。macOS High Sierra 10.13.4のバグですね。

次の2通りの方法があります。

  1. TimeMachineでmacOS Sierraにダウングレード
  2. 初期化してmacOS Sierraをインストール

1. TimeMachineでmacOS Sierraにダウングレード

TimeMachineでmacOS Sierraにダウングレードする場合、できるユーザーとできないユーザーがいます。そもそもTimeMachineを取っているユーザーじゃないとできないし、かつTimeMachineでmacOS Sierraのバックアップがなければダウングレードできませんからね。

TimeMachineでmacOS Sierraへ復元できたら、BootCampアシスタントを使ってパーテーションを作成してください。

2. 初期化してmacOS Sierraをインストール

TimeMachineのバックアップデータがなければ、初期化してmacOS Sierraをインストールすることもできます。macOS SierraのBootaCampアシスタントには不具合がありませんので、任意のサイズでBootCampのパーテーションを作成することができます。

でもね、この作業は結構面倒です。以下の手順となります。

command + option + Rでインターネットリカバリを行い、購入時のOSに戻す

command + option + Rでインターネットリカバリを行い、購入時のOSに戻します。
今回のMac Miniの購入時のOSは、OSX Mountain Lionでした。

macOS Sierraをダウンロードして、macOS Sierraへアップデートする

macOS Sierraをダウンロードして、macOS Sierraへアップデートします。

BootCampアシスタントを使ってパーテーションを分割する

macOS Sierraがインストールされたら、BootCampアシスタントを使って任意の要領でパーテーションを作成します。

さいごに

以上、BootCampにWindowsをインストールする際、BootCampのストレージが-8GBと表示され、36GB以上のパーテーションを作成できないときの対処方法でした。

どう考えてもmacOS High Sierra 10.13.4のバグです。最近のAppleは、こういう致命的なバグが多いですよね。

Boot CampにWindows7やWindows8が新規インストールできるようになりました。 macOS Sierraがリリースさ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク