Macが起動しない時に写真やデータを取り出す方法

このエントリーでは、Macが起動しない時に写真やデータを取り出す方法をお伝えします。

電源を入れたのにMacが起動しないとパニックになりますよね?
写真やデータのバックアップを取っていない場合、どうやって起動しないMacからデータを取り出せばいいのか分からない方も多いと思います。

SSDやハードディスクが完全に故障してしまった場合はデータ救出の専門業者に依頼するしかありませんが、電源は入るけどMacが起動しない場合ならばデータを取り出せる可能性は高いです。

では、起動しないMacから写真やデータを取り出す手順を詳しく書きます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

最初に試してみること

以下をお試しいただくとMacが起動する可能性がありますので、最初にお試しください。

SMCのリセット

Macが起動しなくなった場合、まずはSMCのリセットを試します。

SMCとは、システム管理コントローラ (System Management Controller) の略で、電源を押したときの反応やバッテリー、センサーを管理している機能を指します。
SMCのリセットを行うことで、電源周りの不具合がリセットされ、Macが起動する可能性があります。起動できればデータを取り出すことができます。

お使いのMacによってSMCのリセット方法は異なります。

ノートブック

  1. 電源を落とす
  2. shift + control + optionを押しながら、電源ボタンを10秒間押し続けます。
  3. すべてのキーを離して、電源を入れる

デスクトップ

  1. 電源を落とす
  2. 電源コードを抜いて15秒間待つ
  3. 電源コードを付けて、電源を入れる

T2 セキュリティチップを搭載したMac

2018年以降のモデルでT2 セキュリティチップを搭載したMacは、次の方法でSMCをリセットします。

  1. 電源を落とす
  2. 電源ボタンを1秒間長押し
  3. 電源ボタンを離して、再度電源を入れる

NVRAM または PRAM をリセット

NVRAM または PRAM に記録されている情報に問題が起きて、Macが起動しない可能性もあります。以下の手順でNVRAM または PRAM をリセットしてください。

Late2016モデル以降の起動音が鳴らないMac

option + command + P + Rの4つのキーを同時に押して、20秒押し続けてからキーを離します。その間、Mac は再起動します。

起動音が鳴るMac

option + command + P + Rの4つのキーを同時に押して、2回目の起動音が鳴ったらキーを離します。

T2 セキュリティチップを搭載したMac

option + command + P + Rの4つのキーを同時に押して、2回目のAppleのロゴマークが表示された後、ロゴが消えたらキーを離す

セーフモードで起動

セーフモードで起動

Macが起動しない場合でも、セーフモードでならば起動できることがあります。

セーフモードとは、macOSの起動方法の1つで、起動に問題が起こった際に使用します。起動する際にOSのチェックをして修復したり、一部の機能を無効化してOSを起動します。

  1. 電源を入れたらshiftを押し続ける
  2. ログイン画面が出てきたらshiftを離す

セーフモードでMacが立ち上がれば、写真やデータにアクセスすることが可能です。
写真やデータを外付けのハードディスクなどにバックアップを取ればOKです。

ディスクユーティリティで修復

ディスクユーティリティで修復

ディスクユーティリティで修復することで、Macが起動することもあります。

  1. 電源を入れたら、command + Rを押し続けて、リカバリモードで起動
  2. Macintosh HDでFirst Aidを実行する

ここまでの操作でMacが起動しなければ、次のステップに進んでください。

Macが2台あるなら、ターゲットディスクモードで接続して、写真やデータを取り出す

Macが2台あるなら、動いているMacにターゲットディスクモードで接続します。
ターゲットディスクモードで接続すれば、起動しないMacが外付けハードディスクとしてマウントされますので、写真やデータを取り出すことが可能です。

以下手順です。

  1. 起動しないMacのTを押しながら電源ボタンを押す
  2. 正常なMacにThunderboltケーブルを使って接続する
  3. 正常なMacのデスクトップに、起動しないMacのハードディスクがマウントされる
  4. 写真やデータを取り出す

1. 起動しないMacのTを押しながら電源ボタンを押す

起動しないMacのTを押しながら電源ボタンを押します。

2. 正常なMacにThunderboltケーブルを使って接続する

正常なMacにThunderboltケーブルを使って接続します。

3. 正常なMacのデスクトップに、起動しないMacのハードディスクがマウントされる

正常なMacのデスクトップに、起動しないMacのハードディスクがマウントされます。
FileVaultがオフの場合はすぐにマウントされますが、FileVaultが有効の場合はアカウントのパスワードを入れないとマウントされないのでご注意ください。

4. 写真やデータを取り出す

アクセス権を変更したので、写真やデータを取り出すことが可能です。
外付けハードディスクでも、起動しているディスク上でも構いませんので、データを取り出してください。

macOSの入った外付けハードディスクで起動して、写真データを取り出す

もう1台Macを用意できない場合、macOSの入った外付けハードディスクで起動して、写真データを取り出すことも可能です。

この方法はmaoOSをインストールした外付けハードディスクをご用意いただく必要がありますが、何か不具合が発生したときに備えて1つ作成しておくと便利です。

ターゲットディスクモードで接続したときと同様、起動しないディスクがデスクトップ上にマウントされます。

ただし注意点もあります。ターゲットディスクモードでは、すぐにデータ移行できましたが、macOSの入った外付けハードディスクで起動した場合、フォルダーのアクセス権を変更しないとデータは取り出せないのでご注意ください。

  1. macOSの入った外付けハードディスクで起動する
  2. 起動しないMacがハードディスクとしてマウントされる
  3. 写真やデータのフォルダのアクセス権を変更する
  4. 写真やデータを取り出す
  5. 追加したフォルダのアクセス権を削除する

1. macOSの入った外付けハードディスクで起動する

macOSの入った外付けハードディスクで起動する

macOSの入った外付けハードディスクをMacに接続します。
電源ボタンを押したら、すぐにoptionを長押しします。

オレンジ色のmacOSの入った外付けハードディスクが登場するので、選択してください。

2. 起動しないMacがハードディスクとしてマウントされる

起動しないMacがハードディスクとしてマウントされます。

起動しないMacがハードディスクとしてマウントされる

3. 写真やデータのフォルダのアクセス権を変更する

macOS、赤い進入禁止マークがついていてフォルダにアクセスできない

写真が入っている「pictures」フォルダーを開こうとしても、赤い進入禁止マークがついていてアクセスできません。以下の画像のように「内容を表示するためのアクセス権がないため、フォルダ “Pictures”を開けませんでした。」と表示されます。
デスクトップや音楽についても同様にアクセスできません。

以下の手順で、写真やデータのフォルダーのアクセス権を変更してください。

①「pictures」フォルダーで右クリックして「情報を見る」をクリック

macOS、アクセス権を変更、情報を見る

②鍵マークをクリック

macOS、アクセス権を変更、鍵マークをクリック

③ログインパスワードを入力

macOS、アクセス権を変更、ログインパスワードを入力

④「+」をクリックしてユーザーを追加

「+」をクリックしてユーザーを追加

⑤今起動しているMacのユーザーを選択

macOS、アクセス権を変更、今起動しているMacのユーザーを選択

⑥アクセス権を「読み出しのみ」と設定

macOS、アクセス権を変更、アクセス権を「読み出しのみ」と設定

4. 写真やデータを取り出す

アクセス権を変更したので、写真やデータを取り出すことが可能です。
外付けハードディスクでも、起動しているMacのディスクでも構いませんので、データを取り出してください。

5. 追加したフォルダのアクセス権を削除する

写真やデータを取り出したら、追加したフォルダーのアクセス権を削除します。

さいごに

以上、Macが起動しない時に写真やデータを取り出す方法を紹介しました。

Macが起動しなくなったときの参考にしてください。

macOSをアップデートして、再起動から立ち上がった際に「The macOS installation couldn’t be co...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク