Google日本語入力の辞書ツールを、複数のMacで同期する方法

Google日本語入力

Google日本語入力を複数のMacで使っている場合、すべての端末で辞書ツールを同期できたら便利ですよね?

現在提供されているGoogle日本語入力には、複数の端末で辞書ツールを同期する機能はありません。以前、Google日本語入力の開発版に、辞書ツールの同期機能がありましたが、2013年12月で廃止されています。

Google日本語入力は、無料で使えるIMEとしては素晴らしいのですが、単語によっては日本語変換がうまくいかないこともよくあります。そんなときには、辞書ツールに単語を登録することで、変換精度を上げることができます。

複数のMacを使っている場合、それぞれの端末で辞書ツールを設定するのは面倒です。

でもご安心ください。
今日のエントリーは、Google日本語入力の辞書ツールを、複数のMacで同期する方法を紹介します。

僕もメインで使っているiMacと、外出用のMacBook Pro、MacBook Airの3台で辞書ツールを同期して使っておりますが、すごく便利です。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

辞書ツールをクラウドで共有すれば、Google日本語入力の辞書ツールは同期できる

辞書ツールをクラウドで共有すれば、複数のMacでGoogle日本語入力の辞書ツールは同期できます。

クラウドは次のどれでもOKです。

  • iCloud Drive
  • Googleドライブ
  • Dropbox

今回は、iCloud Driveを使って辞書データを同期します。

iCloud Driveを使ったときの注意点

MacのiCloud Driveの設定で、「Macストレージを最適化」にチェックが入っていると、辞書ツールを参照できなくなり、辞書ツールが同期できないのでご注意ください。

  • システム環境設定→iCloud→iCloud Drive

Macストレージを最適化をオフに

Google日本語入力の辞書ツールを、複数のMacで同期する手順

では早速、Google日本語入力の辞書ツールを、複数のMacで同期する手順を紹介します。

  1. 入力ソースをことえりへ切り替える
  2. 辞書ツール「JapaneseInputフォルダ」をiCloud Driveへコピー
  3. 元のライブラリにある「JapaneseInputフォルダ」の名称を変更
  4. ターミナルでシンボリックリンクを作成
  5. 複数のMacで、シンボリックリンクを作成

1. 入力ソースをことえりへ切り替える

入力ソースをことえりへ切り替えておいてください。

2. 辞書ツール「JapaneseInputフォルダ」をiCloud Driveへコピー

辞書ツール「JapaneseInputフォルダ」をiCloud Driveへコピーします。
Google日本語入力の辞書データの場所は、「ライブラリ」内にあります。

  • ユーザー/ライブラリ/Application Support/Google/JapaneseInput

他のクラウドを使う方は、GoogleドライブでもDropboxでもOKです。

macOSのライブラリを表示する方法

デフォルトでは、macOSのライブラリは表示されません。

Finderで「移動」をクリックした状態でoptionキーを押すと、「ライブラリ」が出てきます。

macOSでライブラリフォルダを表示する

3. 元のライブラリにある「JapaneseInputフォルダ」の名称を変更

元のライブラリにある「JapaneseInputフォルダ」の名称を変更します。場所は、Users/ユーザ名/Library/Application Support/Google にあります。

名称を変更しないと、シンボリックリンクを作成できませんのでご注意ください。僕は以下のように変更しました。

  • JapaneseInput→JapaneseInput2

4. ターミナルでシンボリックリンクを作成

クラウドにコピーした「JapaneseInputフォルダ」のシンボリックリンクを、元の場所 (Users/ユーザ名/Library/Application Support/Google) に作成します。

シンボリックリンクとは、macOSのエイリアスやWindowsのショートカットのようなもので、特定のファイルを参照するためのリンクです。
エイリアスやショートカットは単なるリンクなのに対して、シンボリックリンクは、元ファイルや元フォルダと同等に扱うことのできるリンクです。OSやアプリからは、元ファイルと同等に扱える点が異なります。

アプリ側で参照ファイルの場所を変更できない場合でも、シンボリックリンクを作成すれば、参照ファイルの場所を変更できるようになります。

シンボリックリンクはターミナルで作成してください。次の手順で行います。

①ターミナルを開く

ターミナルを開きます。

②シンボリックリンクを作成する

シンボリックリンクを作成する

シンボリックリンクを作成します。

ターミナルに「ln -s 」と入力し、クラウドにコピーした「JapaneseInputフォルダ」のパスを入力し、元々macOSのライブラリ内にあった「JapaneseInputフォルダ」のパスを入力します。
これだとわかりにくいと思いますので、クラウド別にパスを作りました。ユーザー名とクラウドのパスはお使いの環境に合わせて変更してください。

iCloud

ln -s /Users/ユーザ名/Library/Mobile Documents /Users/ユーザ名/Library/Application\ Support/Google

Dropbox

ln -s /Users/ユーザ名/Dropbox/JapaneseInput /Users/ユーザ名/Library/Application\ Support/Google

Googleドライブ

ln -s /Users/ユーザ名/Googledrive/JapaneseInput /Users/ユーザ名/Library/Application\ Support/Google
ターミナルにフォルダをドラッグする方法がオススメ

ターミナルにフォルダをドラッグする方法がオススメです。パスを間違えることがなくなります。以下のように行ってください。

  1. ターミナルに「ln -s 」と入力
  2. 半角スペースを入力
  3. iCloud Driveにコピーした「JapaneseInputフォルダ」をターミナルにドラッグする
  4. 半角スペースを入力
  5. 元々macOSのライブラリの「JapaneseInputフォルダ」があった Users/ユーザ名/Library/Application Support内にある「Googleフォルダ」をターミナルにドラッグする
  6. returnを押せば、シンボリックリンクが作成される

シンボリックリンクが作成される

5. 複数のMacで、シンボリックリンクを作成

複数のMacで、シンボリックリンクを作成すれば、辞書ツールのデータは、クラウド上で常に同期されます。

Macを入れ替えたり、クリーンインストールした際は、再度シンボリックリンクを作成する

Macを入れ替えた際や、クリーンインストールをした際には、再度シンボリックリンクの作成が必要なのでご注意ください。

クラウド上の「JapaneseInputフォルダ」はそのままで構いません。

さいごに

以上、Google日本語入力の辞書ツールを、複数のMacで同期する方法を紹介しました。

辞書ツールがクラウドで同期するので、複数のMacでGogle日本語入力をお使いの方には非常に便利です。ぜひお試しください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク