フリマアプリにゾゾタウンが参入!ZOZO経済圏なるか

以前から参入を表明していましたが、ついに「ZOZOTOWN」がフリマ業界へ参入します。

実際の運営は、グループ会社のブラケットが行います。

「ZOZOTOWN」の母体であるスタートトゥデイは、2013年7月にオンラインストア作成サービス「STORES.jp」を提供するブラケットを子会社化してますから、フリマのノウハウもかなりあるはず。

ZOZOフリマ

拡大するフリマ市場

最後発での登場になりますが、衣料品のフリマ需要はかなり大きいです。

だって、フリマアプリのメルカリでは、ターゲットとなる層はユーザーの半数以上が20~30代の女性、衣料品が取引点数の4割を占めますからね。

フリマを利用するユーザー数を見てみましょう。

ニールセンの調査によると、2015年8月のオークション・フリマのユーザー数はヤフオク1589万人、次いでメルカリ567万人(アプリとブラウザの合計数)。

スマホのアプリだけだと、2015年11月時点でメルカリがヤフオクを抜いたそうです。あのヤフオクを抜くとはすごい。

メルカリ、ヤフオク!を利用者数で抜く。

今見てきたように、CtoCのフリマは急成長を遂げています。特にヤフオクのスマホシフトはうまく進んでいません。ZOZOは最後のチャンスとばかりに、このタイミングでの参入なのでしょう。

結局、ヤフオクがアプリでメルカリに勝てないのは、出品の手間なのです。もっと使い勝手の良いアプリでないと、CtoCでは利用されません。まあヤフオクの場合、業者も入っているのでBtoCの比率も高いんですけどね。

「ZOZOフリマ」は出品が数秒で完結

「ZOZOTOWN」「WEAR」とのデータ連携により、出品が非常に簡単です。

ZOZOフリマ」「ZOZOTOWN」「WEAR」のIDが連携するため、過去に「ZOZOTOWN」で購入した洋服や、「WEAR」でクローゼットに登録した洋服なら、「ZOZOTOWN」が保有する10年分のデータを活用できます。データベースの一覧から洋服を選択するだけで出品が可能なので、あとはサイズを指定するだけで出品手続きが完了。

しかも、2次流通のし上データを元に最適な金額も自動で入ります。

これはめちゃ便利です。流行りそう。

フリマのデメリットを克服

「ZOZOTOWN」のデータベースを活用できるので、ネットで洋服を売買する際のデメリットが克服されます。

今までの出品者側と落札者側のデメリットを見てみると、

  • 出品者にとって一番面倒なのは、出品する際に洋服を採寸して商品説明を書くことです。洋服は引っ張れば伸びるので、測り方によって誤差は出るから、クレームになることも多いし。
  • 落札者側から見ると、同じ商品でも出品者によって情報が異なるので、どの採寸データが正しいのかよくわからない。混乱するんですよね。出品している商品の詳細や情報整理ができるので、ユーザーの利便性は格段に向上します。

匿名で売買する「あんしん配送」

有料オプションになりますが、お互いの住所や氏名を知らせずに匿名で取引できます。こういう需要ってこれから増えてきそうです。

ヤフオクの「かんたん取引」よりも進んでいますね。ヤフオクだとお互いの情報は開示されます。

手数料は?

売買時に出品者が10%の手数料。売上の振り込みに250円。

メルカリの手数料10%というのが一つの目安になっています。

ヤフオクの手数料は以前は3%。5%に上がって、今は8%とどんどん上がっています。

ZOZO経済圏

このモデルは、魅力的な経済圏を構築して利用者を囲い込むことが、今後の成長を左右します。

ZOZOでは、大きく3つの経済圏が想定されています。

ZOZOの各サービスとの連携

中古品から新品への動線を引いたところが素晴らしい。

「ZOZOフリマ」「ZOZOTOWN」「ZOZOUSED」などのサービスの動線を繋ぐためのツールとして「WEAR」コーディネートアプリもありますからね。「WEAR」と連携するのでショッピングが楽しくなるのもポイント。

いらなくなった古着を出品して、「ZOZOTOWN」で新品を購入する。飽きたらフリマに出品して、また新しい服を購入といったユーザーの囲い込みができますからね。

出品が面倒な人向けの、ブランド古着買取サービスもあります。これならダンボールに詰めて送るだけ。

メルカリのようにフリマ単体でのサービスではないのです。

死角なしのサービス展開にみえますよね。

ZOZOポイント

売上金は現金以外にZOZOポイントでの受け取りも可能。その場合は現金より5%多く受け取れます。

仮想通貨を導入すると経済圏は広がります。

メタップスの電子マネー。一気にトップに踊り出た!!
2015年2月に43億円の資金調達を行い、飛ぶ鳥を落とす勢いのメタップスです。 SPIKEコインの登場 CNET japanより メタ...

フィンテックとの連携

決済はZOZOを通じて行われるため、ZOZOには潤沢なキャッシュが積み上がります。

ZOZOから引き出す際、手数料が250円かかるので、売上がある程度溜まってから引き出すことになります。

メルカリと同じビジネスモデルです。メルカリでは、1万円以下の現金を引き出す場合、手数料が210円かかります。なので1万円を超えてから引き出す人が多いのです。早く引き出したいから、せっせと出品するだろうしね。よく考えられたビジネスモデルです。

潤沢なキャッシュ

この潤沢なキャッシュを回す経済圏が出てくるはず。時にフィンテックとの相性はいいですよね。

先日のエントリーで、MF会計やFreeeなどのクラウド会計では与信機能ができるので、マッチングサービスが行われるという話をしました。

潤沢な資金を持っているZOZOやメルカリと、資金供給が必要な会社とのマッチングがされるのです。

今後のフィンテックはどうなる?与信機能が充実!
クラウド会計を検討している中小企業は多いと思います。 経理部門ってお金を生むところではないから、なるべく自動化させてコストを掛けないと...

今後のフリマアプリ

ZOZO、メルカリ、ヤフオクなどのプラットフォームでは、経済圏の確立とユーザーの囲い込みが今以上に進んでいきます。

すでにヤフオクでも、スマホなどの売買では「代金支払い管理サービス」が導入されています。

この取引では「Yahoo!かんたん決済」での決済しか選択できないし、落札者が「受け取り連絡ボタン」を押すまでは、「Yahoo!かんたん決済」で一時的にお金を預かるという仕組みになっていますからね。

今後、すべての取引に導入されるかもしれません。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!