「El Capitan‎」のクリーンインストールでハマったこと・・

金曜日にまとまった時間が取れたので、母艦で使っている「iMac 27 2013」へ「El Capitan‎」をクリーンインストールしました。

新しいOSが出るたびに毎回クリーンインストールをしているので慣れているはずですが、今回はハマりました。。特にアプリケーションの再インストールに手こずりました・・・

今日はその顛末を書きます。

El Capitan‎

「El Capitan‎」のクリーンインストールのやり方

手順ご案内します。

第一段階はバックアップ

  1. TimeMachineでバックアップ
  2. データのバックアップ
  3. メールのバックアップ

第2段階はインストール

  1. 「El Capitan‎」へ上書きインストール
  2. リカバリーモードで起動して、ハードディスクをフォーマット
  3. 「El Capitan」を新規インストール
  4. アプリケーションを元に戻す
  5. バックアップを取ったデータやメールの設定を戻す
  6. プリンターなどの周辺機器ドライバーのインストール

クリーンインストールの手順

では、私がハマった箇所をお話しながら進んでいきます。

TimeMachineでバックアップ

AirMac Time Capsuleでバックアップを取りました。毎時間自動で取ってくれます。

データのバックアップ

わたしのMacは、DropboxとGoogleドライブにデータが全て入っています。この場合、クラウドにデータがあるのでバックアップを取る必要はありません。

が、両方を合わせるとデータ量が100GB近くあるため、クリーンインストール後のデータの同期にめちゃくちゃ時間がかかります。そこで、外付けハードディスクへバックアップを取りました。

こうしておけば、クリーンインストール後にデータを戻せば、データの同期に時間がかかることはありません。

メールのバックアップ

IMAPで設定している方は、バックアップを取る必要はありません。iCloudにメールアカウントのデータは残っていますので、「El Capitan‎」で起動したら自動でメールの設定は復元されます。

でも不安な方は、こちらのブログを参考にしてください。

Mac OSX 10.10 El Capitan へのメールデータの引き継ぎ方法

「El Capitan」を新規インストールして起動するまでは問題ないはずです。詳しいやり方は以前のエントリーを見てください。

「El Capitan‎」はクリーンインストールすべし!OSが重い方必見!
「El Capitan‎」は、6月9日にWWDC2015の基調講演で発表されて、9月30日にリリースされました。 新しいOSはバグも多...

「El Capitan‎」でハマったアプリケーション

問題はクリーンインストール後のアプリケーションの再インストールでした。

ハマったアプリケーションはこの2つでした。

  • Adobe Creative Suite 5.5(実際PhotoshopとIllustratorしか使ってませんが・・)
  • VMware Fusion 6

Adobe Creative Suite 5.5

El Capitan では、CS6以下のバージョンについては動作保証対象外だそうです・・・

当然CS5.5も対象外(泣)

実際PhotoshopとIllustratorしか使ってないのですが、大枚をはたいて購入したソフトなので、全アプリケーションをインストールしようとしたところ、途中Adobe Dreamweaverのところでフリーズしてしまいました。最近htmlとCSSでサイト構築することは全くないので、Dreamweaverは無くても問題ありません。なので、PhotoshopとIllustratorの2つのアプリケーションのみ選択してインストールしたところ、無事インストールできました。

唯一の問題点は、Illustratorのみ終了時に、「Adobe Illustrator CS5.1 が予期しない理由で終了しました。」と表示されます。

Illustratorエラー

PhotoshopとIllustratorを代替

Photoshopは今のところ使えてますが、Illustratorは終了時に毎回エラーが出ます。

ググってみたところ、代替するアプリケーションはたくさんありそうです。

Adobe製品の代わりに使える無料アプリ10+

さよならPhotoshop?無料〜安価に使える代替ツール10個まとめ

オンラインで使う

最近外出時によく使う「Chromebook Flip」では、「Sumo Paint」というChrome拡張機能を利用しています。Photoshopのようなことがオンラインで使えるのです。

Illustratorなら、「Mondrian」というオンラインで使えるベクター描画ツールがあります。

アプリをインストールする
Photoshopの代替

GIMP」が有名です。

日本語のチュートリアル

Illustratorの代替

Inkscape」がおすすめです。

日本語のチュートリアルもありますよ。

VMware Fusion 6

これにハマり半日以上費やしました・・・

Yosemiteでは、「VMware Fusion 6」+「Windows7」を使っておりました。OS Xの上に仮想領域を作ってWindows7を動かしていたのです。

同じバージョンで使えばよかったのですが、今なら「Windows10」へ無料アップグレードできるので、バージョンを上げてしまおうという欲が出てきてしまいました。。これが失敗でした。

「VMware Fusion 6」では「Windows10」へアップデートできないので、「VMware Fusion 8」を購入。

「VMware Fusion 8」をインストールしたあと、仮想領域へ「Windows7」をセットアップします。セットアップ後、「Windows10」へアップグレード。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

ここからダウンロードしたものを、Mac上で解凍します。その中身を「Windows7」へコピーして、Setupファイルをダブルクリックすると、アップデートします。

→無事、「Windows10」へアップグレードしました。

と、ここまでは良かったのです。

Windows10

「Windows10」もクリーンインストール

「Windows10」への上書きインストールで我慢しておけばよかったのですが、クリーンインストールしようと試みたのが失敗でした。

ここからドツボにはまります・・

ネットで検索すると、一度「Windows7」から「Windows10」へアップグレードした場合、Microsoftの認証サーバーに、インストールキーとマシンのスペックが認証されるので、同じマシンへのクリーンインストールはシリアルキー無しで可能という記事を読みます。

わたしの環境で、2回試しましたが、ダメでした。。ライセンス認証してくださいと表示されてしまいます。なので「Windows10」のクリーンインストールは諦めました。

ここで再び、「El Capitan」を新規インストールからやり直しました・・

  • 「VMware Fusion 8」をインストール → 仮想領域へ「Windows7」をセットアップ → 「Windows10」へアップグレード

「Yosemite」と同じ環境を構築

アプリケーションのインストールが終われば、残りはデータ・メールの復元と、プリンターの設定です。これで以前と同じ環境が手に入ります。

「El Capitan‎」、クリーンインストール後の動作は?

めちゃくちゃ快適です!

顕著なのは、Apple製アプリの起動時間が短縮されました。

Safariでのウェブページ速度は、今までとは比べ物にならない程早いです。

ネットやTwitterでは、上書きインストールしたらフリーズしたという報告がありますが、クリーンインストールなら爆速で安定しています。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!