PhotoshopからGIMPへ移行したので、操作方法の違いを説明します!

PhotoshopからGIMPへ移行しました。

最初に使った感想は、GIMPは使いにくい…

10年以上Photoshopを使っていたこともあり、Photoshopに慣れているだけかもしれませんが、PhotoshopとGIMPの操作方法は異なります。
UIは似ていますが、操作はかなり異なることが分かりました。

今日のエントリーは、PhotoshopからGIMPへ移行したので、操作方法の違いを説明します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

データはxcfファイルで管理する

Photoshopユーザーならば、編集した画像をPSDファイルで管理している方が多いですよね。

GIMPはデフォルトの状態で保存すると、xcfというファイルで保存されます。
xcfはGIMP以外では開けませんので、汎用性は低いです。

では、GIMPではどんなファイルで保存すればいいのかというと、基本的にxcfファイルで保存することをオススメします。
GIMPで画像を編集して、「保存」をクリックすれば、自動的にxcfファイルで保存されますので、手間もかかりません。

編集した元データをxcfファイル管理し、必要に応じてJPGやPSDに変換して使うことをオススメします。

PSDやJPGやPNGで保存するには?

GIMPは、Photoshop形式のPSDやJPGやPNGで保存することも可能です。

PSDは可逆圧縮方式なので画像の劣化はありませんし、レイヤーやパスも保存することができます。Photoshopユーザーとデータのやり取りをするときにも便利です。

PSDで保存するには、次の手順で行ってください。

  1. 「ファイル」→「名前をつけてエクスポート」で保存する
  2. 「Photoshop画像」を選択して保存

1. 「ファイル」→「名前をつけてエクスポート」で保存する

「ファイル」→「名前をつけてエクスポート」で保存します。

2. 「Photoshop画像」を選択して保存

「Photoshop画像」を選択して保存します。

GIMPは「名前をつけてエクスポート」で保存すれば、PSD形式で保存が可能

上の画像を見てもらえれば分かりますが、GIMPで他のファイル形式で保存する場合、普段使わないような拡張子がたくさんあって、めちゃ使いにくいです。このあたりもう少し改善してくれるといいんだけどね。

解像度の変更は?

Photoshopだと、「イメージ」→「画像解像度」で解像度の変更ができます。

GIMPでは、「画像」→「画像の拡大・縮小」で解像度の変更をします。

GIMPは、「画像」→「画像の拡大・縮小」で解像度を変更

デフォルトの状態で、縦横比は固定されていますので、幅・高さのどちらかを変更すれば、縦横比が固定された状態で画像サイズが変更されます。

補間方法は、デフォルトの「キュービック」を選択しておけば、処理速度に若干の時間がかかりますが、仕上がりに不満が出ることはありません。

GIMP、解像度の変更、キュービック

カンバスサイズの変更は?

Photoshopでは、「イメージ」→「カンバスサイズ」でカンバスサイズの変更ができます。

GIMPでは、「画像」→「キャンバスサイズの変更」でカンバスサイズの変更をします。

GIMPは、「画像」→「キャンバスサイズの変更」でカンバスサイズを変更

基準位置の合わせ方は、Photoshopとは操作が異なる

基準位置の合わせ方は、Photoshopとは操作が異なります。

Photoshopだと矢印を選択するだけです。

GIMPは以下のように操作します。

  1. 幅、高さのどちらかのサイズを変更する
  2. Centerをクリック
  3. 基準位置を画面上で動かすと、オフセットの値が変わり、基準位置を合わせることができる

GIMPでキャンバスサイズを変更する際、基準位置の合わせ方

境界線を描く

Photoshopでは、「編集」→「境界線を描く」で、四角や丸の境界線を引くことができます。

GIMPは以下のように操作します。

  1. 短径選択ツールをクリック
  2. 境界線のエリアを選択
  3. 「編集」→「選択範囲の境界線を描画」で、四角や丸の境界線を引く

GIMPで境界線を描く手順

塗りつぶし

Photoshopでは、「編集」→「塗りつぶし」で、四角や丸の内側を塗りつぶすことができます。

GIMPは以下のように操作します。

  1. 短径選択ツールをクリック
  2. 塗りつぶしをするエリアを選択
  3. 「編集」→「描画色で塗りつぶす」もしくは「背景色で塗りつぶす」で、四角や丸の内側を塗りつぶすことが可能

GIMPで境界線を塗りつぶしをする手順

画像をCMYK変換

Photoshopでは、「イメージ」→「モード」→「CMYKカラー」で変更できます。

GIMPは、デフォルトの状態では画像をCMYK変換することはできません。

Windowsならば、プラグイン Separate+ を使って画像をCMYK変換できる

Windowsならば、プラグイン Separate+ を使えば、画像をCMYK変換することが可能です。

Macではプラグイン Separate+ は使えませんのでご注意ください。

Macならば、ColorSyncユーティリティで画像をCMYK変換する

Macならば、macOSに搭載されているColorSyncユーティリティで画像をCMYK変換することが可能です。

  • アプリケーション→ユーティリティ→ColorSyncユーティリティ

以下の手順で行います。

  1. ColorSyncユーティリティで画像を開く
  2. 出力→一般的なCMYKプロファイル→適用
  3. ファイル→書き出す→フォーマットを選択→保存
印刷用のデータを作る場合、画像をRGBからCMYKに変換する必要があります。 Photoshopを持っていれば簡単に画像をCMYK変換...

文字を入力

GIMPは、「テキスト」ツールをクリックすれば、画像に文字を入力することが可能です。
Photoshopとほとんど操作は同じです。

入力した文字を移動

Photoshopでは、文字入力した状態を終了して、選択ツールで移動が可能です。

GIMPで入力した文字を移動するやり方は、くせがあるのでご注意ください。Photoshopとはかなり異なります。

GIMPは以下のように操作します。

  1. 文字のレイヤーを選択
  2. ツールバーから「移動」ツールを選ぶ
  3. 文字の上にマウスカーソルを持っていき、指マークが消えた状態で移動する
  4. 指マークがある状態だと、他のレイヤーが動いてしまう
文字のレイヤーを選択している場合、指マークが消えた状態で移動すると、文字が移動できる

文字のレイヤーを選択している場合、指マークが消えた状態で移動すると、文字が移動できる

指マークがある状態で移動すると、文字ではなく、背景が移動してしまう

指マークがある状態で移動すると、文字ではなく、背景が移動してしまう

さいごに

以上、PhotoshopからGIMPへ移行したので、操作方法の違いを説明しました。

Photoshopに慣れているユーザーの場合、GIMPに移行した当初は、操作に戸惑うかもしれません。PhotoshopとGIMPのどこが違うのかを抑えておけば、比較的スムーズに移行できるはずですので、今日のエントリーを参考にしていただければと思います。

macOS MojaveにGIMPをインストールしました。 メインで使っているiMac 27インチをmacOS Mojaveへアップデ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)