テスラのModel Sに試乗する!買えないけど試算してみた!

電気自動車の専門メーカーといえばテスラモータースですよね!

グローバルな市場ではテスラモータースが圧倒的なシェアと知名度を持っています。電気自動車の専門メーカーではぶっちぎりの規模を誇っていますよね。

テスラのModel Sは試乗ができるのはご存知でしょうか?

テスラモータースのModel S

電気自動車といえば、日産のリーフや三菱のMiEVをイメージする方も多いと思います。国産の電気自動車は比較的お手頃価格で購入できるのに対して、

Model Sは、廉価版モデルで1000万円弱。今回試乗したモデルは1300万円近くします。

庶民のわたしにはとても手が出ません。。

でも性能も折り紙つきです。

  • 走行距離500km
  • 0発信で3秒〜5.4秒で時速100kmまで加速します。モデルによって異なります。
  • 最高速度225〜250km

テスラモータースの店舗

南青山のショップで試乗しました。

メルセデスなどの高級車ディーラーは入りづらい雰囲気が漂っていますよね(実際入ったことはないんだけど・・)

テスラはカジュアルな店舗になっており、Apple Storeのような雰囲気。全然緊張しませんでした。

外車のディーラーって打ち合わせの席に案内されるイメージがありますが、受付でお姉さんと立ち話しながら免許証を確認してもらいすぐに試乗という流れです。

同乗してくれたスタッフの方もスーツではなく、ジーンズにジャケットというラフな格好で好感度高し。

テスラモータース南青山

試乗可能な店舗

3箇所で試乗できます!1

  • 東京 南青山
  • 神奈川 横浜
  • 大阪 心斎橋

これ以外に、富士スピードウェイなどでも、不定期の試乗イベントも行っているようですよ。

Model Sへ試乗!

同乗するスタッフの方から名刺をいただき、車に乗り込みます。

全幅1950mmとサイズはかなり大きめ。

約500馬力ということで、かなり緊張しました。

Model S 試乗

17インチのタッチスクリーン

クルマに乗ると一番最初に目につくのは、センターコンソールにある17インチのタッチスクリーンです。

これがめちゃくちゃ使いやすいです。

特徴は3つあります。

  • Googleマップでナビ
  • 車のほとんどの機能を制御
  • リアカメラの映像が映るのでバックミラーを見る必要が無い

タッチスクリーン

Googleマップでナビ

音声にも対応しています。

車のほとんどの機能を制御

車のコンピューターはLinuxがベースになっているようです。docomo回線でネットも見れますが、YouTubeは再生できないようになっています。

バックミラー不要

最後のリアカメラの映像が映るのは、国産車も真似るべき。だってめちゃくちゃ使い勝手いいですよ。

Model Sの加速は?

今回試乗したモデルは「85D」というデュアルモーターのモデルです。前後に2台のモーターを搭載しています。

低速時は片方だけが動くので、シングルモーターのモデルよりも平均走行距離が長いです。

皇居の周りをドライブしましたが、加速を体感できるポイントがいくつかあって、助手席に乗っているスタッフは「一気に踏み込んでください」と何度も言います。急加速すると、キューンというモーター音が鳴り響き、脳が置いていかれる感覚がやってきます。びっくりするくらいの加速です!

車重がカタログ値1735kgあるにもかかわらず、動きは軽やかです。

バッテリーが車の床部分にあるようなので低重心設計になっており、ハンドルの動きにノーズがついていくので、コーナリング性能も非常に高いです。

回生ブレーキ

これには驚きました。。アクセルを離すとエンジンブレーキのようにグググっと減速するのです。閉園してしまいましたが、多摩テックのゴーカートのような感じです。わかりにくくてすみません。。

Model Sの種類

5種類あります。4輪駆動が3種類、後輪駆動が2種類。

廉価版の70シリーズを比較します。

面白いのはデュアルモーターの70Dの方が、パワーがあるのに航続距離が長い点です。低速時に小さなシングルモーターで動くので、燃費がいいのです。しかし、ガンガン踏むと航続距離は出ないようです。

Model S 70

  • FRの2輪駆動です。シングルモーターです。
  • 70kWhバッテリー搭載AWD
  • 420kmの航続距離
  • 5.4秒で時速100kmまで加速
  • 13.5秒で0〜400mを走行
  • 235kW・285kWのモーター出力
  • 440Nmのモータートルク
  • 225kmの最高速度

Model S 70D

  • AWDの4輪駆動です。デュアルモーターです。
  • 70kWhバッテリー搭載AWD
  • 442kmの航続距離
  • 5.8秒で時速100kmまで加速
  • 13.5 秒で0〜400 mを走行
  • 245kW・193 kWフロントとリアのモーター出力
  • 525Nm のモータートルク
  • 225kmの最高速度

バッテリーの劣化は?

パナソニックと共同で開発したリチウム電池はスペックが高いので、経年劣化は年間1%という話でした。

バッテリーは8年保証が付いているので、トラブルがあれば無料で交換してくれるそうです。

Model Sを試算する!

高くて買えませんが、試算してみました(笑)

自動車取得税と自動車重量税は、100%免除です。

Model S 70

Model S 70

Model S 70D

Model S 70D

CEV補助金が850,000円というのは驚きました。登録後4年間は手放せないなどの条件があるようです。

CEV補助金とは

環境に優しいエコカーを購入する際の補助金です。

  • EV(電気自動車)
  • PHV(プラグインハイブリッド)
  • FCV(水素自動車)
  • CDV(クリーンディーゼル)

電気自動車のランニングコストは?

年間15000km走行すると仮定すると、ガソリン車は17万円のガソリン代がかかります。5年間で節約できるガソリン代は約70万円だそうです。

充電にかかるコスト

空の状態から満充電で700〜800円程かかります。
ざっくり言うと、ガソリン車のリッター70kmくらいのコストで走ります。

ウォールコネクター

無料でくれるようです。ただし、工事費が10万円ほどかかります。

ウォールコネクター

自動車税

年間29000円です。
わたしの車は13年落ちなので、今年の4月から10%近く自動車税が上がりました(泣)

試乗した感想は、めちゃくちゃ面白かったです!
2年後にはModel 3が登場して価格が下がるので、爆発的に電気自動車は普及することが確信できました。

意外と知らない電気自動車!今後のグーグルカーの進む道
自動車メーカーは近年100年の歴史上かつて無い大波に揺られています。 ハイブリッド、電気自動車が出現し、車の根幹となる技術であるハード面が...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!