お得なサブスクリプションはどれ?「YouTube Red」が始まる!!

YouTubeが動画のサブスクリプションのサービスを始めました。

月額9.99ドルで広告無しのサービスを始めます。今月28日にアメリカでサービスが開始されます。

Google、YouTube Redを10/28から開始―音楽、映画、テレビ番組、見放題、聞き放題で月額9.99ドル

今日(米国時間10/21)、Googleは月額9.99ドルで広告なしのオンデマンド有料サービスをYouTubeに導入することを発表した。新サービスは今月28日にまずアメリカで開始され、すぐに世界中に拡大される。iOS版も利用できるが、ユーザーはアプリ内課金にかかる税金をAppleに支払う必要があり、12.99ドルとなる。

新サービスは現行のサブスクリプション契約のGoogle Musicを置き換えるものとなり、音楽をオンデマンドで聞くだけでなく、YouTubeのコンテンツが広告なしで見放題、聞き放題になる。YouTube Redに新たなアプリは必要なく、現在のGoogleアカウントにYouTube Redのサブスクリプション契約が追加されるだけだ。

YouTube Redの売上はGoogleとコンテンツ権利者との間で配分される。YouTubeはRedに関してほとんどすべてのメジャー・レコード、インディー・レーベル、テレビ放送ネットワーク、映画スタジオとの間で契約を結ぶことに成功している。今日のプレスイベントでYouTubeの幹部は「われわれは売上の圧倒的大部分を権利者に支払うことになる」と言明した。

「YouTube Red」の特徴

月額料金をマネタイズをするために無料会員のサービスと差別化してきました。

  • 広告排除
  • オリジナルコンテンツの投入
  • オフライン再生
  • Google Play Musicも聴ける

広告排除

これはユーザーにとっては便利な機能ですよね。長い動画の場合、途中で広告が入るのはうざいですから。

でも、わたしは広告のトレンドをチェックしたり、クリエイティブの勉強を兼ねて、あえて広告を見るようにしてます(笑)

オリジナルコンテンツの投入

「Netflix」「Amazonプライム」でも同様のことをやってますよね。このプラットフォームでした配信されない動画がユーザー獲得には必須になってきました。

オフライン再生

「Amazonプライム」では、「Fire」タブレットを使うと、オフライン再生ができます。今後他のサービスでもオフラインで視聴できるというのが鍵になるはずです。

Google Play Musicも聴ける

これはお得感満載です!

AppleやAmazonならすぐにでも始められそうですけどね。

ちなみに、米Amazonではプライム会員には音楽と動画と書籍のサブスクリプションを提供しています。

お得なサブスクリプションはどれ?

音楽のサブスクリプション

  • 「LINE MUSIC」
  • 「AWA」
  • 「Apple Music」
  • 「Google Play Music」

動画のサブスクリプション

  • 「Hulu」
  • 「Netflix」
  • 「Amazonプライム」
  • 「YouTube Red」

音楽と動画の両方のサブスクリプション

  • 「YouTube Red」

広告なしの「YouTube」と「Google Play Music」が同じ料金で楽しめます。

サブスクリプション以外のサービスも提供

  • 「Amazonプライム」

お急ぎ便、Kindleオーナー ライブラリーのサービスも受けられます。

米Amazonでは、音楽聴き放題のサービスも提供しています。

Amazon「プライム・ビデオ」がスタート!Fire TV Stickは実質980円
9/23、Amazonのプライム会員向けの映像配信サービス「プライム・ビデオ」がスタートしました。 年間3,900円なので、1ヶ月あた...

元祖はニコニコ動画

動画の有料課金モデルで成功した元祖です。

会費は500円(税抜き)なので、毎月の会費は12億5千万円。年間150億円の収入。すごいですよね!

プレミアム会員数250万、総登録会員数5,000万を突破

2015年7月28日(火)に有料会員であるプレミアム会員数が250万人を突破、そして同8月5日(水)にプレミアム会員を含む総登録会員数が5,000万人を突破したことをお知らせします。

UGCとは

User Generated Contentsの略です。インターネットの世界で、ユーザーが作るコンテンツのことを指します。元々ユーザーが無報酬で制作したコンテンツを提供していました。ニコニコ動画のボカロ音楽などがいい例です。

この場合コンテンツのクリエイターに金銭的報酬は支払われません。サービスを提供している会社には広告収入が入ってきます。

ニコニコ動画のプラットフォームを作った川上量生氏は著書「鈴木さんにも分かるネットの未来」の中で次のように言ってます。

つまりUGCと、従来のコンテンツ業界を比較した場合の経済上の最大の相違点は、コンテンツのクリエイターに対して金銭的報酬が支払われないということにあります。

こう書くとUGCというのはクリエイターから搾取する本当にひどい仕組みだという気がしますが、そもそもUGCに限らずにコンテンツ業界というのは、おおむね似たような性質を持ちます。まずはコンテンツ業界自体が社会の中で経済的合理性をもって成立する必要があって、そのコンテンツ業界が得た収入の中からクリエイターに報酬が支払われます。そういうものなのです。多くのコンテンツは生活必需品ではありませんので、個人間の取り引きにおいてコンテンツで対価を受け取るのは容易なことではありません。

コンテンツで対価を受け取るためには、そのコンテンツで収入を得られるシステムを、だれかが用意しなければなりません。漫画家や小説家が書いた作品が大ヒットすると何億円もの収入を得られるのも、出版社、印刷会社、全国に張り巡らされた書店流通網などがあっての話なのです。

最近はヒカキンなどYouTuberがでてきました。彼らはGoogleから広告収入で億単位の収入を得ていますので、UGCのビジネスモデルもここ数年でだいぶ変化してきましたよね。

今後のサブスクリプション!

2015年はサブスクリプション元年と言われており、6月に「LINE MUSIC」「AWA」「Apple Music」などの定額制音楽配信サービスが始めリ、8月には動画のサブスクリプション「Netflix」「Amazonプライム」のサービスが発表されました。

定額制のサービスは技術の陳腐化に伴い、GoogleやAppleなどのプラットフォームにとって比較的簡単にサービスを提供できるようになりました。

今回の「YouTube Red」では、「Google Play Music」と抱き合せの戦略です。「Amazonプライム」も自社のサービスに抱き合わせる形で提供しています。

こうなってくると、「Hulu」「Netflix」などの動画配信のサービスのみを提供している会社は、値段を下げるか、コンテンツの量を増やすかという戦略を取らないと生き残ることはできなくなりそうです。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!