iPhoneの写真をMacに取り込めないときの対処方法

iPhoneとMacをLightningケーブルで繋いだのに、iPhoneを認識しなくて写真をMacに取り込めなかった経験はありませんか?

先日、妻のiPhoneでそのような出来事に遭遇しました。
iPhoneの写真をMacに取り込むために、iPhoneとMacをLightningケーブルで繋ぎましたが全く認識しませんでした。iTunesでも認識しないし、Macの写真アプリを立ち上げても全く反応がありません。。

色々と模索した結果、iPhoneは認識されませんでしたが、iPhoneの写真をMacに取り込むことができました。

今日のエントリーは、iPhoneの写真をMacに取り込めないときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iPhoneの写真をMacに取り込めないときは、AirDropで転送すべし

iPhoneをMacに繋いでも写真を取り込めないときは、AirDropで転送します。

AirDropとは、Bluetoothを経由することで、macOS・iOSとの間でファイルの転送をすることができる機能です。無線で写真や動画を転送できるので、めちゃ便利ですよ。転送速度が速いこともAirDropの特徴です。

macOS・iOSとの間で、AirDropでファイルの共有ができる機種は?

macOS・iOSとの間で、AirDropでファイルの共有ができる機種は、次の機種となります。

  • OS X Yosemite (10.10) 以降を搭載した、2012年以降のMac (Mid 2012のMac Proは除く)
  • iOS 7以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touch

最近の機種ならば問題なくAirDropを利用して写真の転送が可能です。ちなみに写真だけでなく、動画も転送できます。

iPhoneの写真をAirDropでMacに取り込む方法

iPhoneの写真をAirDropでMacに取り込む方法を紹介します。

次の手順で行います。

  1. iPhoneのBluetoothをオンにする
  2. iPhoneのAirDropを有効にする
  3. MacのAirDropを有効にする
  4. iPhoneの写真を選択して、左下の共有ボタンをタップ
  5. 「AirDropがオンになったMacのユーザー」が表示されるのでタップ
  6. AirDrop経由で、Macのダウンロードフォルダに写真が転送される
  7. 転送された写真を、Macの写真アプリで読み込む
  8. 写真の転送が終わったら、iPhoneとMacのAirDropをオフにする

1. iPhoneのBluetoothをオンにする

iPhoneのBluetoothをオンにします。

2. iPhoneのAirDropを有効にする

iPhoneのAirDropを有効にします。
次の手順を行ってください。

画面の下からスワイプしてコントロールセンターを開く

画面の下からスワイプしてコントロールセンターを開きます。
iPhone Xのみ、画面の右上から下に向かってスワイプするとコントロールセンターが開きます。

Wi-Fiや機内モードがあるグループコントロールを3Dタッチする

Wi-Fiや機内モードがあるグループコントロールを3Dタッチします。

Wi-Fiや機内モードがあるグループコントロールを3Dタッチする

AirDropをタップして「すべての人」をタップ

AirDropをタップ

AirDropをタップして「すべての人」をタップしてください。

AirDropをタップして「すべての人」をタップ

iPhoneのAirDropが有効になりました。

iPhoneのAirDropが有効になる

3. MacのAirDropを有効にする

ここからは、Mac側の操作になります。MacのAirDropを有効にしてください。

Finderのメニュー→移動→AirDropをクリック

MacのAirDropを有効にする

FinderにAirDropが表示されますので、「このMacを検出可能な相手:全員」を選択する

FinderにAirDropが表示されますので、「このMacを検出可能な相手:全員」を選択する

MacのAirDropが有効になりました。

4. iPhoneの写真を選択して、左下の共有ボタンをタップ

iPhoneでの操作です。
iPhoneの写真を選択して、左下の共有ボタンをタップします。

iPhoneの写真を選択して、左下の共有ボタンをタップ

5. 「AirDropがオンになったMacのユーザー」が表示されるのでタップする

iPhoneに「AirDropがオンになったMacのユーザー」が表示されるのでタップします。

「AirDropがオンになったMacのユーザー」が表示されるのでタップ

AirDropを経由して、自動的にMacに写真が転送されます。

6. AirDrop経由で、Macのダウンロードフォルダに写真が転送される

AirDrop経由で、Macのダウンロードフォルダに写真が転送されます。

AirDrop経由で、Macのダウンロードフォルダに写真が転送される

7. 転送された写真を、Macの写真アプリで読み込む

Macのダウンロードフォルダに転送された写真を、Macの写真アプリで読み込みます。

Macの写真アプリを立ち上げたら、上部メニューの「ファイル」→「読み込む」をクリックしてください。AirDrop経由で転送された写真は、ダウンロードフォルダにありますので、選択します。

Macの写真アプリで読み込む

Macの写真アプリで、iPhoneからAirDrop経由で転送した写真を読み込むことができました。

8. 写真の転送が終わったら、iPhoneとMacのAirDropをオフにする

写真の転送が終わったら、iPhoneとMacのAirDropをオフにしてください。iPhoneのAirDropがオンのままだと、電車の中で他人からファイルを送りつけられることがありますので、必ずオフにします。

さいごに

以上、iPhoneの写真をMacに取り込めないときの対処方法でした。

AirDropを使えば、BluetoothでiPhoneからMacに写真を転送できるのでオススメです。ぜひお試しください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク