iOS12.4がリリース!アップデートして不具合がでた際の対処方法

iOS12.4がリリース、不具合

iOS12.4がリリースされました。

今回は新機能が追加されただけでなく、セキュリティアップデートも多数実施されています。
すぐアップデートを行うことをオススメしますが、アップデートしたらiPhoneの動作が遅くなる不具合を気にしている方も多いと思います。

このエントリーでは、iOS12.4へアップデートして不具合がでた際の対処方法をお伝えします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS12.4のアップデート内容

iOS12.4のアップデートには、新機能とセキュリティアップデートが含まれています。

iPhoneのワイヤレス転送機能

新機能として、iPhoneのワイヤレス転送機能が追加されました。
iCloudを経由しなくても、古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを直接転送できるようになります。
ぶっちゃけ僕は使わない機能ですが、iPhoneの機種変更のデータ移行で躓くユーザーには便利な機能です。

セキュリティアップデート

Core Dataだけでなく、FaceTime・Messages・Siri・Walletなどのセキュリティアップデートが多数行われております。OSの脆弱性は放置せずに、すぐにアップデートすることをオススメします。

iOS12.4へアップデートする前にやること

iOSのバックアップを必ず作成してください。
アップデートで不具合があった際にも、バックアップがあれば復元することが可能です。
「iCloudバックアップ」と「iTunesバックアップ」がありますが、どちらの方法でも構いません。

iOSを丸ごとバックアップする場合、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。 一体何が違うのでし...

iCloudバックアップ

iCloudバックアップならば、PCをお持ちでない方もWi-FiとiPhone本体だけでバックアップが作成できます。

  • 設定→ユーザー名をタップ→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成
今日のエントリーは、iCloudバックアップを作成する方法を紹介します。 iPhoneやiPadは、iCloudバックアップを有効にし...

iCloudバックアップが作成できない

iCloudバックアップはiCloudストレージを消費します。写真や動画がiPhoneにたくさんあるとiCloudバックアップは作成できません。その場合は、次の方法を取ってください。

  • iCloudストレージを購入
  • 写真や動画をiCloudバックアップの対象から除外

iCloudストレージを購入したくなければ、写真や動画をiCloudバックアップの対象から除外すれば、費用をかけずにiCloudバックアップを作成できます。

iCloudバックアップの項目から、写真アプリの項目を外す

  • 設定→ユーザー→iCloud→ストレージを管理→バックアップ→バックアップを選択→バックアップするデータを選択→フォトライブラリをオフ

詳しい手順は以前のエントリーをご覧ください。

最近、iPhone7 Plusに「iPhoneバックアップに失敗」というエラーが出るようになりました。 どんなエラーかというと...
Googleフォトでバックアップ

写真や動画をiCloudバックアップの対象から除外したら、必ずGoogleフォトでバックアップを取ってください。

iOSのアップデートに失敗して写真や動画が表示できなくなったとしても、Googleフォトにバックアップがあれば復元できます。
Googleフォトのバックアップは2通りあります。

  • 高画質・・・無料で容量無制限使えるが、データは圧縮される
  • 元の画像・・・Googleドライブの容量を消費するが、データは圧縮されない

高画質の場合、16MPを超えるサイズが圧縮されますが、 A4で印刷しても圧縮されたかどうかは分からないレベルです。

iTunesバックアップ

PCを持っているのであれば、iTunesバックアップでバックアップを作成します。
PCにバックアップが保存されるので、iPhoneの容量や写真・動画の容量を気にする必要はありません。

今日のエントリーは、iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法を紹介します。 iTunesバックアップは、PCのストレー...

iOS12.4にアップデートする手順

iOS12.4にアップデートする手順は2種類あります。

  • Wi-Fi経由でiPhone本体でアップデート
  • PCのiTunes経由でアップデート

どちらの方法でも構いませんが、僕はWi-Fi経由でiPhone本体でアップデートしました。

iOS12.4にアップデートする手順

次の手順になります。

  1. 「設定」→「一般」
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 「ダウンロードとインストール」をタップすると、iOS12.4のダウンロードとアップデートが開始される

iOS12.4へアップデートして不具合の際の対処方法

iOS12.4へアップデートして不具合がでた際の対処方法をお伝えします。

次のようにiOSの設定を見直せば、iPhoneの動作は改善します。

「視差効果を減らす」をオン

iPhoneの動作が遅くなったら、「視差効果を減らす」をオンにするとかなり改善されます。

iOSのデフォルト設定では視差効果が有効のため、余計なグラフィックメモリを消費しています。視差効果についてはAppleのサイトの説明をご覧ください。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。

「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

次に、「メッセージエフェクト自動再生」をオフにします。
iMessegeのエフェクトを使っていなければ、迷わずオフにします。

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン
  3. 「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

画面をタップした際の応答性を上げるのであれば、「透明度を下げる」をオンにしてください。

「透明度を下げる」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

Siriを使っていない方はオフにしてください。

「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ
  4. 「ロック中にSiriを許可」をオフ

iPhone 6や5sをお使いの場合、iPhoneのスリープ状態から「Hey Siri」と音声だけで立ち上がるのは充電中だけです。
外出先でホームボタンを長押ししてSiriを立ち上げている方は、「Hey Siriを聞き取る」をオフ、「ホームボタンを押してSiriを使用」をオンにすれば、使い勝手は変わらずにiPhoneが快適に動作します。

「検索の候補」をオフ

ホーム画面を右にスワイプしたときに表示される「検索の候補」を使っていない方はオフにしてください。

「検索の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフ

「”調べる”の候補」をオフ

ブラウザやアプリで調べたい単語を長押しする表示される「調べる」を使っていなければ、「”調べる”の候補」をオフにします。
オフにしても、単語を長押しすると「Webを検索」が表示され、Safariで検索できます。

「”調べる”の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンド更新が不要なアプリは、個別にオフにします。
オフにすると通知も来なくなるので、TwitterやFacebook、LINEなどのアプリはオンにしておくことをオススメします。

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOSをクリーンインストールする

iOSの設定を見直してもiPhoneの動作が改善しなければ、iOSをクリーンインストールしてください。
データは初期化されますが、iPhoneの動作は快適になります。
詳しい手順は以前のエントリーを参考にしてください。

今日のエントリーは、iOS12をクリーンインストールする方法を紹介します。 クリーンインストールというと手間がかかって面倒に感...

バッテリーの減りが早いときの対処方法

iOS12.4へアップデートしてバッテリーの減りが早くなってしまった場合の対処方法もお伝えします。

  • Wi-Fiを使わないとき・・・設定→Wi-Fi→オフ
  • Bluetoothを使わないとき・・・設定→Bluetooth→オフ
  • AirDropを使わないとき・・・設定→一般→AirDrop→受信しない
  • バッテリーの残量が減ったとき・・・設定→バッテリー→低電力モード→オン
  • Appのバックグラウンド更新・・・設定→一般→Appのバックグラウンド→すべてオフ
  • 通知のプレビュー表示をオフ・・・設定→通知→プレビュー表示→しない
  • 位置情報サービスをオフ・・・設定→プライバシー→位置情報サービス→オフ
  • 液晶画面を暗くする・・・設定→画面表示と明るさ→「明るさ」をスライドさせて暗くする

iOS12のシェア

2019年5月30日のiOSのシェアを見ていきます。

iOSシェア

iOS12が85%、iOS11が9%、その他が6%です。ほとんどのユーザーが最新のOSにアップデートしていることが分かります。

さいごに

以上、iOS12.4へアップデートして不具合がでた際の対処方法をお伝えしました。

動作が遅くなったiPhoneは、iOSの設定を見直せば快適に動くようになります。でも、1年以上クリーンインストールを行っていない端末や、iPhone 6より古い機種をお使いの場合は改善しないこともあります。その時はiOSのクリーンインストールをお試しください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク