Googleマイビジネスの管理者が「360° 写真」を投稿するときのベストプラクティス

Googleマイビジネスの管理者、パノラマ画像を管理、ベストプラクティス

Googleマイビジネスの管理画面から「360° 写真」を投稿することはできません。

普通の写真は、Googleマイビジネスの管理画面から店舗アカウントで投稿できますが、「360° 写真」は投稿できないのです。

どのようにGoogleマイビジネスの管理画面で「360° 写真」を管理するのかというと、Googleマイビジネスのヘルプ記事によれば「ユーザー」もしくは「代理店」が投稿した「360° 写真」をGoogleマイビジネスの店舗アカウントへ譲渡して管理すると書かれています。

先日のエントリーに書いた通り、この方法で譲渡すると「360° 写真」がうまく表示されなくなったり、ストリートビューの連結が消える不具合が発生します。

この記事では、ストリートビュー「360° 写真」(以下、「360° 写真」) を譲渡すると不具合が出る件についてお伝えします。 ...

この記事では、Googleマイビジネスの管理者が「360° 写真」を投稿するときのベストプラクティスをお伝えします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Googleマイビジネスの管理画面から「360° 写真」を投稿できないので、オーナーのGoogleアカウントから投稿する

僕がオススメするベストプラクティスは、「360° 写真」をオーナーのGoogleアカウントから投稿する方法です。

要するに、店舗のアカウントで投稿するのではなく、オーナーのアカウントから投稿します。

なぜこの方法をオススメするかというと、次の2つの理由があげられます。

  • Googleマイビジネスの管理画面から「360° 写真」は投稿できない
  • ヘルプページに沿って「ユーザー」もしくは「代理店」が投稿した「360° 写真」をGoogleマイビジネスの店舗アカウントへ譲渡しても、「360° 写真」はうまく表示されなかったり、ストリートビューの連結が消えることがある

僕が店舗アカウントに譲渡したところ、「360° 写真」を見ることができなくなり、以下のように平面写真になりました。

譲渡すると、Googleマップで平面写真になってしまい、ストリートビュー画像が維持されない

譲渡すると、Googleマップで平面写真になってしまい、ストリートビュー画像が維持されない

オーナーのGoogleアカウントから「360° 写真」を投稿する手順

「360° 写真」を撮影する方法によって投稿する手順は異なります。どちらの方法で撮影したとしても、オーナーのGoogleアカウントからユーザーとして投稿してください。

  • ストリートビューアプリのカメラで撮影
  • Thetaなど専用のカメラで撮影

ストリートビューアプリのカメラで撮影

「360° 写真」をストリートビューアプリのカメラで撮影した場合、ストリートビューアプリから投稿します。

①マップのリスティングを追加
②「360° 写真」を公開する

これでオーナーのGoogleアカウントからユーザーとして「360° 写真」を投稿できました。
GoogleマップやGoogleマイビジネスで「360° 写真」を表示すると、左上にオーナーのユーザー名が表示されます。

撮影する手順は以前のエントリーをご覧ください。

先日、Googleストリートビューのエントリーを書いたところ、クライアントの飲食店から連絡があって、早速導入することが決まりました。実店舗で...

Thetaなど専用のカメラで撮影

Thetaなど専用のカメラで撮影した場合、Googleマップから投稿します。

①Googleマップで店舗を表示する

②「写真を追加」をクリック

オーナーのGoogleアカウントから「360° 写真」を投稿、「写真を追加」をクリック

③写真をドラッグする

オーナーのGoogleアカウントから「360° 写真」を投稿、写真をドラッグする

④「360° 写真」を公開する

ユーザーが投稿した「360° 写真」を、店舗アカウントに譲渡する

この方法はオススメできませんが、どうしても店舗アカウントで「360° 写真」を管理したい場合にお試しください。

Googleのヘルプ記事には、ユーザーが投稿した「360° 写真」を店舗アカウントに譲渡できるとあります。確かに譲渡はできるのですが、僕が試したところ「360° 写真」が表示されなくなります。僕はこの方法を何度も試しましたが、一度も成功しませんでした。

一応やり方をお伝えします。

  1. 「360° 写真」を公開する
  2. ストリートビュー アプリを立ち上げる
  3. ストリートビュー アプリから「360° 写真」を店舗アカウントへ譲渡する
  4. 店舗アカウントへ譲渡されるとGoogleアカウントの管理画面で管理できる
  5. 譲渡すると「360° 写真」が表示されない不具合があるのでご注意を

1. 「360° 写真」を公開する

「360° 写真」を公開します。

2. ストリートビュー アプリを立ち上げる

ストリートビュー アプリを立ち上げます。
該当のGoogleマイビジネス の店舗に「360° 写真」を公開すると、ストリートビュー アプリに「360° 写真」が表示されます。

3. ストリートビュー アプリから「360° 写真」を店舗アカウントへ譲渡する

譲渡したい「360° 写真」を表示して、店舗アカウントへ譲渡します。

4. 譲渡すると「360° 写真」が表示されない不具合があるのでご注意を

店舗アカウントへ譲渡すると「360° 写真」が表示されない不具合があるのでご注意ください。

さいごに

以上、Googleマイビジネスの管理者が「360° 写真」を投稿するときのベストプラクティスをお伝えしました。

「360° 写真」はGoogleマイビジネスの管理画面から投稿すると画像が表示されなくなりますので、オーナーのGoogleアカウントから投稿することをオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)