Kindleの配信先の端末を整理して、使っていない端末を特定する方法!

今日のエントリーは、Kindleで電子書籍を読んでいる方は必見です!

PCからKindleで電子書籍を購入する場合、配信先の端末を選択しますよね?

ここに表示される端末は、昔使ってたスマホやタブレットなど、すでに使っていない端末が大量に表示されていませんか?

わたくしの場合、電子書籍の配信先には、使ってない端末の方が多いです。しかも2nd iPadや3rd iPadとか表示されるので、どっちに配信すればいいのか分かりません。

Kindleを購入する場合、PCで電子書籍を探した方が圧倒的に効率がいいのです。なので、Kindleの配信先の端末は、きちんと整理して、今使っている端末だけを表示してください。圧倒的に使い勝手が上がりますよ。

今日のエントリーは、Kindleの配信先の端末を整理して、使っていない端末を特定する方法を、手取り足取り優しく教えますww

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

なぜ、配信先の端末がたくさん表示されるのか?

次の画像は、わたくしがMacで電子書籍を購入する時の画面です。

配信先の端末

電子書籍の配信先の端末がたくさんありますが、この中で使っている端末は以下の5台だけです。

  • 2番目のFire
  • 3番目のFire
  • 2nd iPhone
  • 3rd iPad
  • 7th Android Device

それ以外の端末は、すでに手元にない端末か、同じ端末だけどクリーンインストールをして初期化した端末になります。

13台表示されて、使っている端末は5台だけですよ。なぜ、使ってない端末が配信先に表示されるのかというと、Kindleアプリをインストールして、同じAmazonアカウントでサインインすると、勝手に紐付いちゃうからなんだよね。

勝手に紐づくのはいいんだけど、一定期間使ってなかったら、自動で削除してくれないと、使いにくいですわ・・

配信先の端末を整理する方法

配信先の端末を整理するということは、使っている端末は分かりやすい名称に変更して、使ってない端末は削除すればいいんだよね。でもね、どれが使っている端末なのか、どの端末を削除すればいいのか、マジで分かりにくいです。

以下、配信先の端末を整理する方法を書きます。

  1. 「コンテンツと端末の管理」で、「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を確認
  2. スマホのKindleアプリで「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を確認
  3. 端末の名前を変更する
  4. 使っていない端末は削除

1. 「コンテンツと端末の管理」で、「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を確認

コンテンツと端末の管理

PCで、Amazonのサイトの「コンテンツと端末の管理」を開いて、「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を確認します。

  • アカウントサービス→コンテンツと端末の管理→「設定タブ」

「設定タブ」をクリックしたら、「パーソナル・ドキュメント設定」まで下にスクロールしてください。「Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定」が表示されます。

Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定

ここに表示された「Send-to-Kindle Eメールアドレス」が、Kindleアプリをインストールした端末と紐付いているのです。

スマホのKindleアプリを開いて、「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を確認すれば、どの端末なのか分かるのです。

2. スマホのKindleアプリで「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を確認

スマホでもタブレットでもいいので、Kindleアプリを開きます。今回は、わたくしのiPhone 7 PlusのKindleアプリを開きます。

  • iPhoneのKindleアプリ→左上の三本線→設定→Send-to-Kindle Eメールアドレスを確認

わたくしのiPhone 7 PlusのKindleアプリに表示された「Send-to-Kindle Eメールアドレス」と同じメールアドレスが、Amazonのサイトの「コンテンツと端末の管理」に表示された「Send-to-Kindle Eメールアドレス」にあるはずです。

Send-to-Kindle Eメールアドレス

3. 端末の名前を変更する

一致したメールアドレスがあれば、「Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定」の端末の名前を変更します。

今回、わたくしは、2nd iPhoneからiPhone 7 Plusへ名前を変更しました。

  • アカウントサービス→コンテンツと端末の管理→「端末タブ」

「コンテンツと端末の管理」から「端末タブ」を開き、左の…をクリック

コンテンツと端末の管理

編集をクリック

Kindle端末の名称を変更する

分かりやすい名前に変える

Kindle 端末情報を編集

これで、PCから電子書籍をiPhone 7 Plusに配信する場合、一発で分かるようになりました。

この作業を、お手持ちの全ての端末で行ってください。

4. 使っていない端末は削除

使っていない端末が特定できたら、削除してください。

さいごに

以上、Kindleの配信先の端末を整理して、使っていない端末を特定する方法でした。

Kindleの配信先の端末を整理しないと、2nd iPhoneとか、3rd iPadとか表示されるので、どの端末なのか、さっぱり分かりません。

「コンテンツと端末の管理」の「設定タブ」に表示される端末の「Send-to-Kindle Eメールアドレス」と、スマホやタブレットのKindleアプリに表示される「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を照らし合わせて、同じメールアドレスが表示されたものが、同じ端末です。

端末が特定できたら、端末の名前を自分で分かりやすいものへ変更します。使っていない端末は削除しましょう。

PCから電子書籍を配信する際、配信したい端末を、電子書籍の配信先として選べるようになります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク