日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

iOS13.3がリリースされる!アップデートして不具合が出た時の対処方法

iPhone
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

伊藤亜津佐をフォローする

iOS13.3がリリースされる!アップデートして不具合が出た時の対処方法

12月10日、iOS13.3がリリースされました。

今回は新機能や不具合修正も含まれていますので、早めのアップデートをオススメしますが、iOS13.3にアップデートして動作が遅くなることを懸念されている方も多いと思います。
この記事では、iOS13.3へアップデートして不具合が出た時の対処方法をお伝えします。

スポンサーリンク

iOS13.3にアップデートする前にやるべきこと

アップデートして不具合が起きることも考えられますので、必ずバックアップを作成します。バックアップがあれば、いつでも元の状態に戻すことが可能です。

バックアップは「iCloudバックアップ」と「iTunesバックアップ」と「Finderバックアップ」があります。お使いの環境でやりやすい方を選んでください。

「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違い
iOSを丸ごとバックアップする場合、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。 一体何が違うのでしょうか? 「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の最大の違いは、バックアッ...

iCloudバックアップ

Wi-Fi環境があれば、PC不要で、iPhone本体だけでバックアップを作成できます。

  • 設定→ユーザー名をタップ→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成
iCloudバックアップを作成する方法
今日のエントリーは、iCloudバックアップを作成する方法を紹介します。 iPhoneやiPadは、iCloudバックアップを有効にしておくだけで、AppleのクラウドサービスのiCloudに、iOSの中身を自動でバックアップを作成す...

iCloudストレージの容量が足りない場合

無料で使えるiCloudストレージは5GBなので、ストレージ不足でバックアップが取れない方もいると思います。
その場合、写真や動画をiCloudバックアップの対象から外すことで、iCloudストレージを購入せずにバックアップを作成できます。

  • 設定→ユーザー→iCloud→ストレージを管理→バックアップバックアップを選択→バックアップするデータを選択→フォトライブラリをオフ

詳しくは、以前の記事をご覧ください。

iCloudバックアップに失敗した時の対処方法!
最近、iPhone7 Plusに「iPhoneバックアップに失敗」というエラーが出るようになりました。 どんなエラーかというと、iCloudの容量不足のため、iPhoneの中身をiCloudバックアップできないというもの。 ...

iTunesバックアップ

PCにバックアップを保存します。
WindowsやMac (macOS Mojave以前) の場合、iTunesを使ってバックアップを作成します。
保存先がPCのストレージになるので、iPhoneの写真や動画の容量を気にする必要はありません。

iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法
今日のエントリーは、iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法を紹介します。 iTunesバックアップは、PCのストレージにバックアップを保存するため、iPhone内に写真や動画がたくさんあってもバックアップが取れます。...

Finderバックアップ

macOS Catalinaをお使いの方は、「iTunesバックアップ」ではなく「Finderバックアップ」になります。

iPhoneをFinderでバックアップする方法
この記事では、iPhoneをFinderでバックアップする方法をお伝えします。 macOS Catalinaを搭載したMacでは、FinderでiPhoneのバックアップを作成します。 macOS CatalinaでiTun...

iOS13.3へアップデートする手順

次のどちらかの方法でアップデートを行います。

  • Wi-Fi経由でアップデート
  • PCのiTunes経由でアップデート

僕は両方試しましたが、どちらの方法でも不具合が出ることはありませんでした。
以下、Wi-Fi経由でアップデートする手順です。

  1. 「設定」→「一般」
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 「ダウンロードしてインストール」をタップすると、iOS13.3のダウンロードとアップデートが始まる

iOS13.3へアップデートする手順

iOS13.3へアップデートして不具合が出た時の対処方法

iPhoneの動作が遅くなったら、iOSの設定を見直します。次に紹介する方法をお試しいただければ、iPhoneの動作はだいぶ改善します。

「視差効果を減らす」をオン

動作改善の効果が高いのでオススメです。
視差効果についてはAppleのサイトに詳しい説明があります。

デバイスはモーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。iPhone、iPad、iPod touch のモーションエフェクトや画面の揺れが気になる方は、「視差効果を減らす」を使って、この効果を抑えることができます。

iOS13、「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「動作」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「クロスフェードトランジションを優先」をオン

スライドして画面に表示されるインターフェースや、画面から消えるインターフェースの動作を減らせるので、iPhoneの動作は軽くなります。

iOS13、「クロスフェードトランジションを優先」をオン

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「動作」を開く
  2. 「クロスフェードトランジションを優先」をオン

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

iMessageのエフェクトの自動再生が不要な方は、「メッセージエフェクト自動再生」をオフにします。
iOS13、「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「動作」を開く
  2. 「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

ビデオプレビューの自動再生

ビデオプレビューの自動再生も不要ならばオフにしてください。

iOS13、「ビデオプレビューの自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「動作」を開く
  2. 「ビデオプレビューの自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

「透明度を下げる」をオンにすると、画面をタップした際の応答速度が早くなるのでオススメです。
ただしホーム画面のフォルダのアイコンの表示が少し変わります。

iOS13、「透明度を下げる」をオフ

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「画面表示とテキストサイズ」を開く
  2. 「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

Siriを使っていない方は、オフにします。

iOS13、「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ

iPhone6をお使いの方

iPhone 6をお使いの方は、以下のように設定します。
外出先では、ホームボタンを長押しでSiriを使っているはずなので、次のように設定すれば、Siriの使い勝手は変わらずに、iPhoneは快適に動きます。
iPhone6、「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオン

「検索の候補」をオフ

「検索の候補」は、ホーム画面を右にスワイプすると表示されます。使っていなければオフにします。

iOS13、「検索の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフ

「”調べる”の候補」をオフ

「”調べる”の候補」も使っていなければオフにします。

iOS13、「調べるの候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフ

「ロック画面上での提案」をオフ

ロック画面上でSiriの提案も不要であればオフにします。

iOS13、「ロック画面上での提案」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「ロック画面上での提案」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで更新が不要なアプリは、個別にオフにします。
ただし通知が来なくなるので、LINEやTwitterなどのアプリはオンのまま使うことをオススメします。

iOS13、「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOSのクリーンインストール

iOSの設定を見直してもiPhoneの動作が改善しない場合、残る手段はiOSのクリーンインストールとなります。iPhone 6s以降の端末であれば、確実に動作は改善します。

ただし写真などのデータは消えますので必ずバックアップは必須です。iOSのクリーンインストールの方法は、以前の記事で確認してください。

iOS13をクリーンインストールする方法
この記事では、iOS13をクリーンインストールする方法について詳しくお伝えします。 クリーンインストールを行うことで、動作の遅くなったiPhoneがサクサク快適に動作するので、上書きアップデートでiPhoneの動作が遅くなった...

バッテリーの減りが早くなってきた際の対処方法

  • ナイトモード・・・設定→表示画面と明るさ→ダーク
  • Wi-Fiを使っていない・・・設定→Wi-Fi→オフ
  • Bluetoothを使っていない・・・設定→Bluetooth→オフ
  • AirDropを使用しない・・・設定→一般→AirDrop→受信しない
  • バッテリーの残量が減ってきた・・・設定→バッテリー→低電力モード→オン
  • Appのバックグラウンド更新・・・設定→一般→Appのバックグラウンド→すべてオフ
  • 通知のプレビュー表示をオフ・・・設定→通知→プレビューを表示→しない
  • Siriからの提案をオフ・・・設定→通知→Siriからの提案→すべてオフ
  • 位置情報サービスをオフ・・・設定→プライバシー→位置情報サービス→オフ

iOS13のアップデート状況

Appleの公式情報ですが10月15日のデータなので、現時点ではiOS13のシェアはもう少し高いはずです。

iOS13のシェア、2019年10月15日現在

  • 過去4年間で導入されたデバイス・・・iOS13が55%、iOS12が38%、その他が7%

さいごに

以上、iOS13.3へアップデートして不具合が出たときの対処方法をお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました