iOS13をクリーンインストールする方法

iPhone
伊藤亜津佐

このブログでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

伊藤亜津佐をフォローする

iOS13、クリーンインストール

この記事では、iOS13をクリーンインストールする方法について詳しくお伝えします。

クリーンインストールを行うことで、動作の遅くなったiPhoneがサクサク快適に動作するので、上書きアップデートでiPhoneの動作が遅くなった方は必見です。

クリーンインストールはiPhoneを初期化するので、写真やデータのバックアップは必須です。この記事でお伝えする手順で操作すれば、30分程度で、データが消えることもなくiOS13をクリーンインストールすることが可能です。

スポンサーリンク

クリーンインストールを行うと快適に使えるのか?

僕のiPhone 7 PlusはiOS13に上書きインストールしたところ動作は遅かったのですが、クリーンインストール後、快適に動作するようになりました。

iOS13をクリーンインストールする手順

次の手順でiOS13をクリーンインストールします。

  1. iOS13にアップデートする前にやるべきこと
  2. iOS13に上書きアップデート
  3. 「iPhoneを探す」をオフ
  4. iPhoneを初期化
  5. 新しいiPhoneとして設定
  6. バックアップからiPhoneを復元
  7. 2段階認証は「Microsoft Authenticator」で設定
  8. Suicaを再び設定

それでは詳しい手順を紹介します。

1. iOS13にアップデートする前にやるべきこと

iOS13にアップデートする前に、必ず次のことを行ってください。不具合を未然に防ぐことができます。

①iOSのバックアップを作成
②iPhoneの写真と動画をバックアップ
③LINEのトークをバックアップ
④LINEのアカウント引き継ぎ設定を有効に
⑤Suicaを解除 (サーバ退避)
⑥2段階認証をオフに

①iOSのバックアップを作成

iOS13にアップデートする前に、iOSのバックアップを作成してください。iOSのバックアップがあれば、クリーンインストールに失敗しても元に戻すことができます。

iOSのバックアップには、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。どちらの方法でも同じように復元できますが、iPhoneに写真や動画がたくさんある場合、「iTunesバックアップ」がオススメです。

iCloudバックアップを作成する方法
今日のエントリーは、iCloudバックアップを作成する方法を紹介します。 iPhoneやiPadは、iCloudバックアップを有効にしておくだけで、AppleのクラウドサービスのiCloudに、iOSの中身を自動でバックアップを作成す...
iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法
今日のエントリーは、iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法を紹介します。 iTunesバックアップは、PCのストレージにバックアップを保存するため、iPhone内に写真や動画がたくさんあってもバックアップが取れます。...

macOS Catalinaを搭載したMacでは、iTunesが廃止されたことから、FinderでiPhoneのバックアップを作成します。

iPhoneをFinderでバックアップする方法
この記事では、iPhoneをFinderでバックアップする方法をお伝えします。 macOS Catalinaを搭載したMacでは、FinderでiPhoneのバックアップを作成します。 macOS CatalinaでiTun...

②iPhoneの写真と動画をバックアップ

iOSのバックアップとは別に、iPhoneの写真と動画のバックアップを作成します。
バックアップから復元できない場合に、写真と動画のバックアップが別にあると安心です。

次のどちらかの方法でバックアップを作成してください。

  • PCにバックアップ
  • Googleフォトにバックアップ

ちなみに、iCloud写真を使っている方は、iCloudに写真と動画が保存されているのでバックアップは不要です。

③LINEのトークをバックアップ

LINEのトークをバックアップします。バックアップがあれば、LINEの引き継ぎに失敗した場合に、トークを元に戻すことができます。

LINE、トークのバックアップ

④LINEのアカウント引き継ぎ設定を有効に

LINEの引き継ぎ設定を有効にしてください。

LINE、アカウント引き継ぎ設定を有効に

LINEを引き継ぐには「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」の登録が必須ですのでご注意ください。

LINEの引き継ぎに失敗したくないのならば、「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」を設定しておくべし
スマホの機種変更の際、LINEの引き継ぎに失敗して、今までのアカウントが使えなくなってしまう話をよく聞きます。 LINEの引き継ぎに失敗したくないのならば、「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」を設定しておけばひとまず安心で...

⑤Suicaを解除 (サーバ退避)

iPhone 7以降をお使いの方でSuicaを使っている場合、Suicaを解除してください。

  • Wallet→Suicaを選択→右上に表示されるボタンをタップ→「このカードを削除」をタップ

Suicaのデータはサーバに退避して、クリーンインストール後に再度iPhoneに設定します。

⑥2段階認証をオフに

Google Authenticatorを使って2段階認証を設定している場合、解除するかSMSへの2段階認証に変更します。

クリーンインストールするとGoogle Authenticator内の認証コードは消えますので、ご注意ください。

僕が試したところ、同じiPhoneに復元すると認証コードを引き継げる場合もあります。この辺の動作は端末によっても異なる場合がありますので、僕は2段階認証をオフにすることをオススメします。

2. iOS13に上書きアップデート

準備が整ったら、iOS13に上書きアップデートしてください。
次の2通りの方法がありますが、どちらでもOKです。

  • iTunesでアップデート
  • OTA (Over The Air) でアップデート

ここまでの手順は、先日の記事に詳しく書きましたので、ぜひご覧ください。

iOS13へアップデートする前、不具合を起こさないために、必ずやるべきこと
iOS13がリリースされました。 僕のiPhone 7 PlusもiOS13へアップデートしたところ快適に動作しています。 新機能もあるのでiOS13へアップデートしたい方も多いと思いますが、何も考えずにiOS13へアップデ...

3. 「iPhoneを探す」をオフ

「iPhoneを探す」をオフにしないと、iPhoneを初期化できませんのでご注意ください。

「iPhoneを探す」をオフ

  • iPhoneの設定→Apple ID→iCloud→iPhoneを探す→オフ

4. iPhoneを初期化

iOS13に上書きアップデートしたら、iPhoneを初期化します。

初期化するには「iPhone本体で初期化する方法」と「PCで初期化する方法」があります。どちらの方法でも、初期化する前にバックアップを作成する画面が出てきます。
「iOS13にアップデートする前にやるべきこと」でバックアップを作成していると思いますが、念の為バックアップしておくことをオススメします。

「iPhone本体で初期化する方法」

次の手順でiPhoneを初期化します。

iPhoneを初期化

  • iPhoneの設定→一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去→バックアップしてから消去

「PCで初期化する方法」

PCとiPhoneをLightningケーブルで接続して、iTunesでiPhoneを初期化することもできます。

PCでiPhoneを初期化

  • iTunes→「iPhoneを復元」をクリック

5. 新しいiPhoneとして設定

初期化が完了したらiPhoneをセットアップします。

アプリを一つ一つインストールする作業が面倒でなければ、iOSのバックアップから復元するのではなく、「新しいiPhoneとして設定」を強くオススメします。
iOSのバックアップから復元した場合と比べると、よりiPhoneの動作は快適になります。

iPhone Xs / Xs Maxをお使いであればそれほど変わらないかもしれませんが、僕が所有するiPhone 7 Plusでは「新しいiPhoneとして設定」することで、かなり快適に使えるようになりました。

アプリは次のように設定します。

  1. 必要なアプリを一つ一つインストール
  2. LINEのアカウントを引き継いで、トーク履歴を元に戻す

6. バックアップからiPhoneを復元

アプリを一つ一つインストールする作業が面倒ならば、iOSのバックアップから復元することも可能です。この場合、元のiPhoneでインストールしていたアプリは、復元ですべて元に戻ります。

iOS13、iPhoneを復元

  • iCloudバックアップの場合・・・「iCloudバックアップから復元」
  • iTunesバックアップの場合・・・「MacまたはPCから復元」

7. 2段階認証は「Microsoft Authenticator」で設定

Google Authenticatorで2段階認証を再び設定することも可能ですが、「Microsoft Authenticator」で2段階認証を設定することをオススメします。

理由は、認証コードをiCloudにバックアップできるので、機種変更やiPhoneを紛失したときに、認証コードが確実に復元できるためです。

iOSの2段階認証アプリは、機種変更時に引き継ぎができる「Microsoft Authenticator」を使うべし
iOSの2段階認証アプリは、機種変更時に引き継ぎができる「Microsoft Authenticator」を使うことをオススメします。 「Microsoft Authenticator」にはバックアップ機能があり、2段階認証の...

8. Suicaを再び設定

Suicaを再び設定して再開します。

  1. 設定→ユーザー名→iCloud→「Wallet」と「iCloud Drive」をONに (デフォルトでオン)
  2. Walletを起動
  3. 右上の「+」をタップして「続ける」をタップ
  4. 「Suica」をタップ
  5. サーバ退避したSuicaが表示されるので、「追加」をタップ

さいごに

以上、iOS13をクリーンインストールする方法をお伝えしました。
iOS13へアップデートして動作が遅くなってしまった方は、ぜひお試しください。
iPhone 7 Plusでもサクサク動くようになります。

iOS13.3.1の新機能やアップデートして不具合が出た際の対処方法
iOS13.3.1がリリースされました。 この記事では、iOS13.3.1の新機能やアップデートして不具合が出た際の対処方法についてお伝えします。 iOS13.3.1の新機能 最初に新機能から。 バグ修正や改善が中心のア...