iOS13.1がリリース!アップデートで不具合が出たときの対処方法

iOS13.1、リリース、不具合

iOS13.1がリリースされました。

iOS13が配信されてから5日でのアップデートです。
新機能が追加されたことに加え、多くのバグ修正もありますので、すぐにでもアップデートすることをオススメします。

とはいえTwitterを見ると、iOS13にアップデートして動作が遅くなったという声をよく聞きます。その状態のiPhoneをiOS13.1へアップデートすることに躊躇している方も多いと思います。

この記事では、iOS13.1へアップデートして不具合が出たときの対処方法をお伝えします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS13.1の新機能

最初に、主なiOS13.1の新機能を紹介します。

AirDrop

iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxは、超広帯域無線 (UWB) テクノロジーを使うことで、自分のiPhoneを相手のiPhoneに向けると、AirDropで送信する相手を選ぶことができます。

残念ながら、上記以外のiPhoneにこの機能は搭載されておりません。

Appleマップ

Appleマップ、到着予定を共有

Appleマップで「到着予定を共有」を使えば、友だちや家族との待ち合わせの際、到着時間をiMessageやSMSで共有できます。SMSで共有できるので、Androidユーザーと共有できるのは嬉しいですね。
ただし現在のところ、「車」の経路でしか「到着予定を共有」は使えませんのでご注意ください。

バッテリー

バッテリー充電を最適化することで、バッテリーの劣化速度を抑制します (全てのiPhoneが対象)。

iPhoneXS、iPhone XS Max、iPhone XRは、突然のシャットダウンを防止するパフォーマンス管理機能が搭載されています。

iPhoneXS、iPhone XS Max、iPhone XR以降の端末は、正規のApple製バッテリーを確認できない時の通知が追加されます。サードパーティー製のバッテリーに交換すると、下取り時の査定に影響が出ますね。

正規のApple製バッテリーを確認できない時の通知

ディスプレイ

iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxは、正規のApple製ディスプレイを確認できないと、「このiPhoneに純正のAppleディスプレイが搭載されていることを確認できません。もっと詳しく知る…」とメッセージが表示されます。Apple純正以外のディスプレイに交換すると、下取り時の査定に大きな影響が出ることは間違いありません。

正規のApple製ディスプレイを確認できないと通知

多くのバグ修正

iOS13.1では、多くのバグ修正が行われています。

修正されていない不具合

僕のiPhoneでは、「メモ」アプリのiCloudでの同期が正しく行われません。Macでは問題なく同期されているので、iOS13.1での不具合のようです。Appleが修正するまでiPhone側の「メモ」アプリの同期をオフにすることをオススメします。

iOS13.1にアップデートする前にやること

iOS13.1にアップデートする前に、iOSのバックアップを取ってください。万が一、不具合が発生しても、iOSのバックアップがあれば元の状態に戻すことが可能です。

iOSのバックアップは「iCloudバックアップ」と「iTunesバックアップ」があります。お使いの環境にあった方法ならば、どちらの方法でも構いません。

iOSを丸ごとバックアップする場合、「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」があります。 一体何が違うのでし...

iCloudバックアップ

iCloudバックアップは、Wi-Fiに接続していれば、iPhone本体だけで作成できます。
PCをお持ちでない方は、iCloudバックアップ一択になります。

  • 設定→ユーザー名をタップ→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成
今日のエントリーは、iCloudバックアップを作成する方法を紹介します。 iPhoneやiPadは、iCloudバックアップを有効にし...

iCloudストレージの容量が足りない場合は?

iCloudバックアップは、iCloudストレージを消費します。無料で使えるiCloudストレージは5GBですので、iPhoneに写真や動画がたくさんあると、iCloudバックアップを作成することはできません。

iCloudストレージを購入すればバックアップは作成できますが、購入したくない場合は次の手順を行ってください。

写真や動画をiCloudバックアップの対象から外す
  • 設定→ユーザー→iCloud→ストレージを管理→バックアップバックアップを選択→バックアップするデータを選択→フォトライブラリをオフ

以前のエントリーに詳しい手順を書いたので、ぜひご覧ください。

最近、iPhone7 Plusに「iPhoneバックアップに失敗」というエラーが出るようになりました。 どんなエラーかというと...

iTunesバックアップ

iTunesバックアップは、保存先がPCのストレージになるので、iPhoneの写真や動画の容量を気にする必要はありません。
PCをお持ちの方は、iTunesバックアップがオススメです。

今日のエントリーは、iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法を紹介します。 iTunesバックアップは、PCのストレー...

iOS13.1へアップデートする手順

iOS13.1へアップデートする手順を紹介します。

次のどちらかの方法でアップデートを行います。どちらの方法でも問題が発生することはありません。

  • Wi-Fi経由でアップデート
  • PCのiTunes経由でアップデート

僕は、Wi-Fi経由でアップデートしました。

iOS13.1へアップデート

  1. 「設定」→「一般」
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  3. 「ダウンロードとインストール」をタップすると、iOS13.1のダウンロードとアップデートが始まる

iOS13.1へアップデートして不具合が出たときの対処方法

iOS13.1へアップデートして不具合が出たときの対処方法です。
iPhoneの動作が遅くなったり、もたついたとしても、iOSの設定を見直すことでiPhoneの動作は改善します。

「視差効果を減らす」をオン

iPhoneの動作が遅くなったり、アイコンをタップした際に引っかかるような動作をしている場合、「視差効果を減らす」をオンにするだけで、かなり快適に動作します。

視差効果についてはAppleのサイトに詳しい説明があります。

デバイスはモーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。iPhone、iPad、iPod touch のモーションエフェクトや画面の揺れが気になる方は、「視差効果を減らす」を使って、この効果を抑えることができます。

iOS13、「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「動作」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「クロスフェードトランジションを優先」をオン

「視差効果を減らす」をオンにすると、「クロスフェードトランジションを優先」をオンにできます。
スライドして画面に表示されるインターフェース要素や、画面から消えるインターフェース要素の動作を減らすことができます。

インターフェース要素の動作が減るので、iPhoneは快適に動作します。

iOS13、「クロスフェードトランジションを優先」をオン

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「動作」を開く
  2. 「クロスフェードトランジションを優先」をオン

「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

iMessegeのエフェクトを使っていない方は、「メッセージエフェクト自動再生」をオフにしてください。
iMessageのエフェクトの自動再生がなくなるので、iPhoneは快適に動作します。

iOS13、「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「動作」を開く
  2. 「メッセージエフェクト自動再生」をオフ

ビデオプレビューの自動再生

ビデオプレビューの自動再生も不要な方はオフにします。

iOS13、「ビデオプレビューの自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「動作」を開く
  2. 「ビデオプレビューの自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

「透明度を下げる」をオンにすると、画面をタップした際の応答速度が早くなります。iPhoneを快適に操作したい方は、「透明度を下げる」をオンにしてください。
ただし、ホームアイコンのフォルダの透明度が下がるので、フォルダの表示が少し変わります。

iOS13、「透明度を下げる」をオフ

  1. 「設定」→「アクセシビリティー」→「画面表示とテキストサイズ」を開く
  2. 「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

Siriを使っていない方は、オフにします。SIriを使っている方は、無理にオフにする必要はありません。

iOS13、「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ

iPhone6をお使いの方は

iPhone 6をお使いの場合、iPhoneのスリープ状態から「Hey Siri」で立ち上がるのは充電中だけです。
外出先では、ホームボタンを長押しでSiriを使っているはずです。このような場合、次のように設定することで、Siriの使い勝手は変わらずに、iPhoneの動作は快適になります。

iPhone6、「Siri」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオン

「検索の候補」をオフ

ホーム画面を右にスワイプすると「検索の候補」が表示されます。
使っていないのであれば、「検索の候補」をオフにします。

iOS13、「検索の候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「検索の候補」をオフ

「”調べる”の候補」をオフ

ブラウザやアプリで調べたい単語がある場合、単語を長押しすると「調べる」が出ます。
この機能を使っていない方は、「”調べる”の候補」をオフにします。
オフにしても、単語を長押しすれば「Webを検索」と表示され、Safariで検索して調べられるので、使い勝手が悪くなることはありません。

iOS13、「調べるの候補」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「”調べる”の候補」をオフ

「ロック画面上での提案」をオフ

ロック画面上でSiriの提案が不要であれば、「ロック画面上での提案」をオフにします。

iOS13、「ロック画面上での提案」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「ロック画面上での提案」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドでの更新が不要なアプリは、個別にオフにしてください。
通知は来なくなるので、メールアプリや、SNSのアプリはオンのまま使うことをオススメします。

iOS13、「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

iOSのクリーンインストール

iOSの設定を見直してもiPhoneの動作が改善しなければ、iOSのクリーンインストールをします。

iPhoneを初期化するので、写真などのデータは消えてしまうため、バックアップは必須です。そのかわり、クリーンインストールを行うとiPhoneはかなり快適に動作します。

iOSのクリーンインストールの方法は、以前の記事をご覧ください。

この記事では、iOS13をクリーンインストールする方法について詳しくお伝えします。 クリーンインストールを行うことで、動作の遅...

バッテリーの減りが早くなってきた際の対処方法

バッテリーの減りが早くなってきたら、iOSの設定を見直してください。バッテリーが長持ちします。

  • ナイトモード・・・設定→表示画面と明るさ→ダーク
  • Wi-Fiを使っていない・・・設定→Wi-Fi→オフ
  • Bluetoothを使っていない・・・設定→Bluetooth→オフ
  • AirDropを使用しない・・・設定→一般→AirDrop→受信しない
  • バッテリーの残量が減ってきた・・・設定→バッテリー→低電力モード→オン
  • Appのバックグラウンド更新・・・設定→一般→Appのバックグラウンド→すべてオフ
  • 通知のプレビュー表示をオフ・・・設定→通知→プレビューを表示→しない
  • Siriからの提案をオフ・・・設定→通知→Siriからの提案→すべてオフ
  • 位置情報サービスをオフ・・・設定→プライバシー→位置情報サービス→オフ

iOS13のアップデート状況

9月19日にiOS13がリリースされて7日間が経ちましたが、iOS13のアップデートの状況もお伝えします。
Appleの公式情報ではありませんが、Mixpanelのデータによると、iOS13は20.76%のユーザーがアップデートしているようです。

iOS13のアップデート状況

以下の情報はAppleの公式情報で、iOS12がどのような推移でアップデートされたかが分かります。iOSユーザーの多くは一斉にアップデートしますので、この点がAndroidとは異なりますね。

  • リリース6週間後の2018年10月29日にはiOS12が60%、iOS11が29%、その他が11%
  • リリース11週間後の2018年12月3日にはiOS12が70%、iOS11が21%、その他が9%
  • リリース15週間後の2019年1月1日にはiOS12が75%、iOS11が17%、その他が8%
  • リリース23週間後の2019年1月1日にはiOS12が80%、iOS11が12%、その他が8%
  • リリース36週間後の2019年5月30日にはiOS12が85%、iOS11が9%、その他が6%

さいごに

以上、iOS13.1へアップデートして不具合が出たときの対処方法をお伝えしました。

iOS13.1へアップデートしてiPhoneの動作が遅くなった場合、iOSの設定を見直せば動作は改善することが多いです。
iPhone 6sやiPhone 6などの古い端末を使っていると、iOSの設定を見直しても動作は快適にならないこともあります。
その場合、iOSのクリーンインストールを行うと動作が改善するので、ぜひお試しください。

9月27日にiOS13.1.1がリリースされました。 iOS13.1の登場からわずか3日でのリリースなので、iOS13はバグが...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)