日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用する時の注意点!iPhoneのバックアップはどうする?

Apple iPhone
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

Appleサポート

みなさま、iPhoneに不具合が出た際、どのように対応していますか?

Appleサポートに電話したり、Apple Storeに持ち込んだりすることが多いと思います。

わたくしは、店舗に持っていくのは面倒なので、「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用しています。

スポンサーリンク

「iPhone エクスプレス交換サービス」とは?

ご存じの方が多いと思いますが、簡単に説明しますね。

「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用すると、iPhoneに不具合が出た際、ヤマト運輸が自宅まで新しいiPhoneを届けてくれます。

で、不具合のあるiPhoneとその場で交換してくれるというサービスなので、iPhoneが手元にない時間を最小限にすることが可能です。

今までの経験だと、Appleのサポートに電話して「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用すれば、翌日には新品のiPhoneが自宅に届きます。

これはめちゃ便利です。

「iPhone エクスプレス交換サービス」は、AppleCare+に加入する特典の一つなんですよね。わたくし、「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用するために、AppleCare+に加入していると入っても過言ではありません。

AppleCare+ for iPhone に入った方がお得なのか比較してみた!
iPhoneを買い換える際、いつも AppleCare+ for iPhone に入ろうかどうか迷います。 最近のiPhoneはめちゃ高いもんね。iPhone7 32GBが72800円、iPhone7 Plus 32GBが85...

もし、AppleCare+に入っていない場合、iPhoneの保証期間内であれば、3500円払えば「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用できます。

「iPhone エクスプレス交換サービス」のメリット

1〜2日間で自宅に新品のiPhoneを届けてくれること。

「iPhone エクスプレス交換サービス」のデメリット

「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用するには、事前に、iPhoneの交価額 (交換機の価額) がクレジットカードの承認枠として確保しなければなりません。

物損がなければ、請求されることはほとんどないと思います。画面割れなどがあると、iPhone交換額が請求されることがあるようです。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

ところで、iPhone 6sのバッテリーに関する不具合のエクステンションプログラムはご存知ですか?

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

iPhone 6sの初期ロットでバッテリーに関する不具合が出ている模様で、該当するシリアル番号のiPhone 6sをお持ちの方は、バッテリーを無償交換してもらえます。

バッテリーを無償交換してもらう方法は4つあります。「Apple Storeで交換」「Apple正規サービスプロバイダに持ち込む」「配送修理に出す」「iPhone エクスプレス交換サービス」。

Apple Storeに持っていく場合、店舗によってはバッテリーの在庫がなかったりするので、事前にApple Storeに電話して交換バッテリーの在庫があるか確認した方がいいです。

  • Apple銀座 03-5159-8200
  • Apple表参道 03-6757-4400
  • Apple渋谷 03-6415-3300
  • Apple心斎橋 06-4963-4500
  • Apple仙台一番町 022-722-3001
  • Apple名古屋栄 052-238-2400
  • Apple福岡天神 092-736-6800

「配送修理に出す」は、iPhone 6sの引取修理になるので、5日間程、iPhoneが使えなくなるので、ご注意ください。

わたくしは、「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用して、新品のiPhone 6sに交換してもらいました。

「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用にあたって、事前にやっておくこと

「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用する場合、次のことは事前にやっておいてください。

  • iPhoneを探すをオフに
  • SIMカードを取り外す
  • LINEのトークのバックアップを取る
  • 2段階認証の設定
  • iPhoneのバックアップ

iPhoneを探すをオフに

Appleサポートの担当者に電話した際、「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用する場合、iPhoneを探すをオフにするように指示されます。

  • 設定 → iCloud → iPhoneを探すをオフに

SIMカードを取り外す

SIMカードを交換するiPhoneに入れっぱなしだと、戻ってこなくなるので注意してください。

LINEのトークのバックアップを取る

念のため、LINEのトークのバックアップを取ってください。LINEアプリ内で操作します。

  • 設定 → トーク・通話 → トークのバックアップ → 今すぐバックアップ

LINE トークのバックアップ

後述するiTunesでバックアップを取れば、LINEのトークは引き継げますが、復元に失敗することもあるので、LINEアプリ内でトークのバックアップを行うようにしてください。

ちなみに、iTunesバックアップで、LINEのトークを引き継ぐには、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。ここにチェックが入ってないとトークは引き継げませんのでご注意ください。

「アカウントを引き継ぐ」をオン

LINEを引き継ぐには、元のiPhoneのLINEアプリで、「アカウントを引き継ぐ」をオンにしなければなりません。忘れずに行ってください。

iPhoneを機種変更する際、LINEを引き継ぐ方法
今日のエントリーは、iPhoneを機種変更した際、LINEをきちんと引き継ぐ方法を紹介します。 機種変更前のiPhoneでLINEアカウントの引き継ぎをしっかりと行わなければ、新しいiPhoneでLINEを引き継ぐことはできません。 ...

2段階認証の設定

Google Authenticatorを使って、2段階認証をしている場合、Google Authenticatorをオフにして、SMSで2段階認証をする設定に変更します。

Googleアカウント、Dropbox、Evernoteなどの2段階認証が該当します。

なぜ、Google Authenticatorをオフにするのかというと、iTunesでバックアップをとったとしても、Google Authenticatorの中身は新しいiPhoneに復元されないからです。

2段階認証をSMSに変更しておかないと、2段階認証でつまずいて、ログインできないという状況になってしまいますのでご注意ください。

あと、2段階認証を設定した時のバックアップコードは必ずメモしておいてくださいね。バックアップコードがあれば、Google Authenticatorの中身が復元されなかったとしても、ログインすることは可能ですからね。

2段階認証できないAmazon・・主要サービスの2段階認証のまとめ
主要なプラットフォームで2段階認証がないのはAmazonだけってご存じですか? ちなみに楽天も2段階認証は不可です。 ECサイトのAmazonと楽天が2段階認証できないのは正直どうなのって思いますよね? 2017年2月23...

Google Authenticatorをオフにするのが画面な方は

機種変更時に引き継ぎができるMicrosoft Authenticatorを使うことをオススメします。

iOSの2段階認証アプリは、機種変更時に引き継ぎができる「Microsoft Authenticator」を使うべし
iOSの2段階認証アプリは、機種変更時に引き継ぎができる「Microsoft Authenticator」を使うことをオススメします。 「Microsoft Authenticator」にはバックアップ機能があり、2段階認証の...

iPhoneのバックアップ

iPhoneのバックアップは必ず取ってください。「iPhone エクスプレス交換サービス」で新しいiPhoneが届いたら、バックアップから復元します。

iPhoneのバックアップは2通りのやり方があります。

  • iTunesバックアップ
  • iCloudバックアップ

PCをお持ちの方は、iTunesバックアップをオススメします。iTunesバックアップの方がバックアップできる項目が多いので、バックアップから復元する時間がiCloudバックアップと比べて、桁違いに早いですからね。

参考 「iTunesバックアップ」と「iCloudバックアップ」の違い

  • iTunesバックアップ・・・バックアップの保存先はPC。「iTunesバックアップ」から復元すると、アプリも一緒に復元できることが多く、「iCloudバックアップ」よりも復元にかかる時間が早い
  • iCloudバックアップ・・・Wi-Fi環境にあれば、iPhone本体のみでバックアップを取ることが可能。「iCloudバックアップ」から復元すると、復元後に自動でアプリの再ダウンロードが始まるので、復元が完了するまでの時間は「iTunesバックアップ」よりも長い

iPhoneをバックアップから復元

新しいiPhoneが到着したら、バックアップから復元します。

注意点は、トラブルがあったiPhoneと新しいiPhoneのiOSのバージョンが異なる場合です。

今回、「トラブルがあったiPhone」はiOS10.2.1で、新しいiPhoneはiOS10.2。iTunesのバックアップは、iOS10.2.1で作成したものだったため、新しいiPhoneのiOS10.2へは復元できませんでした。

トラブルがあったiPhoneと新しいiPhoneのiOSのバージョンが異なる場合

手間はかかりますが、以下の手順を行ってください。

  1. 新しいiPhoneを「新しいiPhoneとして設定」します。
  2. その後、iOS10.2.1までアップデートします。(設定 → 一般 → ソフトウェアアップデート)
  3. iPhoneを初期化する(設定 → 一般 → リセット → すべてのコンテンツと設定を消去)
  4. iPhoneをバックアップから復元

まとめ

以上が、「iPhone エクスプレス交換サービス」を利用する時の注意点です。

iOSのバージョンが異なるとバックアップから復元ができないのでご注意ください。その際、iPhoneを最新状態にアップデートすれば復元できます。

タイトルとURLをコピーしました