2段階認証できないAmazon・・主要サービスの2段階認証のまとめ

主要なプラットフォームで2段階認証がないのはAmazonだけってご存じですか?

ちなみに楽天も2段階認証は不可です。

ECサイトのAmazonと楽天が2段階認証できないのは正直どうなのって思いますよね?

2段階認証とは?

2段階認証を使うと、IDとパスワード以外にスマホへセキュリティコードを送信することによって本人確認を行います。

IDとパスワードだけでの認証だけでは、簡単にアカウントが乗っ取られてしまいます。特にID・パスワードを使いまわしていると最悪です。

アカウントの乗っ取りを防ぐために、2段階認証を設定しましょう。

アカウント乗っ取りを防ぐ2つの方法
昨年LINE乗っ取りやFacebook乗っ取りが相次ぎました。 アカウント乗っ取り被害が起きた場合、本人が困るのはもちろんですが、SNSが...

2段階認証のないサービス

Amazon

Amazonのサービスで唯一の不満が2段階認証がないことです。

ECサイトなので、不正ログインされたらどうするのって感じですが、今のところ2段階認証はありません。

2段階認証がないということは、IDとパスワードが流出してしまえば、犯罪者集団が不正にログイン可能です。気づいた時には、大量の商品を購入されて、転売されてたってことになりかねません。

別の配送先に送付する時は

Amazonでは登録の住所以外への発送には、再度クレジットカード番号が必要になります。でも、IDとパスワードとセットでクレジットカード情報も漏れたら防ぎようがないんですけどね。

せめてログイン通知をメールで送るくらいのことはやって欲しい。楽天でもやってますから。

楽天

2段階認証はできません。ただし、楽天はログインアラートの設定ができます。

第3者が不正ログインした場合は、ログインアラートでメールを受けることが可能。でも購入されてしまうリスクはあるので注意してください。

ログインアラートの設定は可能なので、設定しておいた方がいいです。

ログインアラートの使用方法

2段階認証をサポートしてるサービス

OSを提供しているApple・Google・Microsoftの3大プラットフォームは、2段階認証に対応しています。

これ以外のサービスも、SNSやオンラインストレージのサービスも対応しています。

多くのサービスは「バックアップコード」と呼ばれる、デバイスが壊れた時の最後の手段を用意しています。旅行や出張に行く際、電話でのコードが受け取りが難しい時にも使えます。印刷して保管しておいて下さい。

2段階認証がまだの方は絶対にやってくださいね。

Apple

Appleのサービスは2段階認証がサポートされています。

バックアップコードも用意されています。

SMSで認証

SMSでコードを受け取ります。複数登録することも可能です。

iOSを利用

同じApple ID で「iPhone/iPad/iPod touchを探す」が有効になっているデバイスを使用します。複数登録可能です。

他社のアプリでiCloudを利用

App用パスワードでサインインできるので安心です。

Google

Googleのサービスはすべて2段階認証できるので安心です。

バックアップコードも用意されています。

Googleで2段階認証を設定
Googleの2段階認証についてのエントリーを書きます。 Googleアカウントは、アカウントを1つ作るだけで、それに紐づくサービスが...

「Google Authenticator」

スマホのアプリで、コード生成できます。ネット接続がなくてもコードを受け取れるのがポイントです。

あまり知られていませんが、複数の端末で「Google 認証システム」を設定可能です。

バックアップ用電話

Googleから電話がかかってきます。自動音声のコードを入力します。

Google2段階認証

「YubiKey」を使う

ハードウェアキーを使って2段階認証することも可能です。

わざわざ買うほどのものでもないと思いますが、参考までに。個人的には「Google Authenticator」でいいと思ってます。

Googleの二段階認証を3400円のUSBキーで試す

Microsoft

Microsoftも2段階認証に対応しています。

「Google Authenticator」

スマホのアプリで、コード生成できます。ネット接続がなくてもコードを受け取れるのがポイントです。

メール

セキュリティーコードが送信されます。

SMSで認証

SMSでコードを受け取ります。

LINE

アカウント乗っ取りが多かったので、PC版LINEでは2段階認証が始まっています。

PC版でQRコードログインを利用している方は、一度IDとパスワードでログインして認証番号を入力してください。ログインしたことのない新しいPCからログインする時は、毎回認証番号の入力が必要になり、第3者の不正ログインを防ぐことができます。

  1. PC版LINEのログイン画面よりログインします。
  2. PC版LINEに4桁の認証番号が表示されます。
  3. スマートフォンのLINEを起動すると認証番号の入力画面が出てくるので、表示された番号を入力。

Facebook

Facebookは親しい友人と繋がっていることも多く、アカウントが乗っ取られると被害も大きいので必ず2段階認証して下さい。

バックアップコードも用意されています。
https://ischool.co.jp/2016-06-08/

コードジェネレーター

iOSやAndroidのFacebookアプリ内の、コードジェネレーターでコード生成します。

SMSで認証

SMSでコードを受け取ります。

知っておきたい2段階認証の方法 – Facebook編

Twitter

Twirreも2段階認証が提供されています。

バックアップコードも用意されています。
https://ischool.co.jp/2016-06-10/

スマートフォンのログイン認証

ログインする際、スマートフォンで認証します。

Dropbox

バックアップコードも用意されています。

アカウントで 2 段階認証を有効にするには?

モバイルアプリ

コード生成します。下記のアプリに対応しています。

  • Google Authenticator(Android/iPhone/BlackBerry)
  • Duo Mobile(Android/iPhone)
  • Amazon AWS MFA(Android)
  • Authenticator(Windows Phone 7)

SMSで認証

SMSでコードを受け取ります。

Evernote

バックアップコードも用意されています。

Evernote の 2 段階認証について

「Google Authenticator」 アプリ

コード生成できます。

SMSで認証

SMSでコードを受け取ります。

Yahoo! Japan

IDとパスワードに加えて、ワンタイムパスワードで認証します。メールかアプリを使います。

メール

メールアドレスを登録します。ログインする際、メールに6桁のワンタイムパスワードが送信されます。

Yahoo! JAPAN ワンタイムパスワード

アプリを使います。「Google Authenticator」と同じようにコードを作成します。

2段階認証は絶対に必要!

Apple IDやGoogleのサービス、Facebookなどはインフラとしての役割を果たしておりますよね。

悪意を持った第3者に乗っ取られると、周りの友人も巻き込んで被害が拡大していくので、まだ2段階認証をしてない方は是非やってくださいね。

2016年2月5日 追記  ↓

米Amazonは2段階認証が可能です。

米Amazonで2段階認証を設定する!
ここ数ヶ月、Amazonのサービスは死角なしって感じです! 日本のAmazonの頑張りはハンパなくて、年間3900円払ってプライム会員...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!