iOS11.2へアップデートして不具合がないか検証してみた!動作が重くなった際の対処方法もあるよ!

12月2日にiOS11.2がリリースされました。

iOS11.2

iOS11.2には、Apple Pay Cashが導入され、Apple Payを使用して友達や家族間でお金の送金、請求および受領ができるようになりました。このアップデートにはバグの修正および改善も含まれます。

iOS11.1以降のiPhoneで再起動を繰り返す問題が多発していました。iOS11.2のアップデートでこの不具合は改善されている模様ですので、早くアップデートをすることをオススメします。
ちなみに、わたくしのiPhone 7 Plusでは、再起動の不具合は一度もありませんでした。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOS11.2の新しい機能

目玉は2つです。

  • Apple Pay Cash
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの高速ワイヤレス充電への対応

Apple Pay Cash

Apple Payを使用して友達や家族間でお金の送金ができるようになります。iMessageやSiriを使います。ただし現時点で利用できるのは、アメリカのみ・・・

日本のユーザーには全く関係のない話です。

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの高速ワイヤレス充電への対応

iOs11.2へアップデートすると、ワイヤレス充電が7.5Wにパワーアップします。高速になることは間違いないね。

iOS11.2にアップデートして不具合はないか?

iPhone 7 Plus、iPhone 6s、Phone 6、iPad Airの4台にiOS11.2のアップデートを適用しましたが、不具合はありませんでした。

iOSのセキュリティのアップデートも追加されていますので、一刻も早くアップデートしてください。

MVNOは?

わたくしは、LINEモバイルとDMM mobileを使っています。

iOS11.2へアップデートして、LINEモバイルは全く問題ありませんでした。
が、DMM mobileは、iOS11.2へアップデート後、データ通信が繋がらなくなってしまったので、iOSのプロファイルを再設定しました。iOSのプロファイルを再設定後は、問題なく使えています。

iOS11.2にアップデートする際に気をつけること

必ずバックアップを取ってから、iOS11.2へアップデートしてください。

アップデートをするには、Wi-Fi経由のOTAでiPhone本体でアップデートする方法と、PCに繋いでiTunes経由でアップデートする方法があります。今回のアップデートはどちらでも問題ありません。詳しいやり方は以前のエントリーをどうぞ。

iOSをアップデートする際の注意点!手順もありますよ!

OTAでiPhone本体でアップデートする方法

OTAでiPhone本体でアップデートする場合、iPhone本体にアップデートをダウンロードします。なので、16GBのiPhoneを使っている方は、写真や動画でiPhone本体の容量が一杯だと、容量不足でダウンロードが出来ないこともあるので、ご注意ください。

  1. 設定→一般→ソフトウェア・アップデート
  2. ダウンロードとインストールをタップ

PCを使ってiTunesでアップデートする方法

PCを使ってiTunesでアップデートするならば、iPhone本体の容量に空きがなくてもアップデートが可能です。

  1. iTunesを立ち上げてiPhoneをUSBケーブルで繋げる
  2. iPhoneソフトウェア・アップデートが出てくるので「次へ」をクリック
  3. 規約が出てくるので「同意します」をクリック
  4. iPhoneにパスコードを入力

iOS11.2へアップデートして重くなった時の対処方法

ここからは、iOS11.2へアップデートしたら動作が重くなってしまった時の対処方法です。

1年以上、上書きインストールでアップデートをしている方は、動作が重くなっているはず。特にiPhone6より古いiPhoneをお使いの場合は、激重だったりしますので、以下の設定を試してみてください。

「視差効果を減らす」をオン

「視差効果を減らす」をオンにするだけで、かなり動作は軽くなります。無駄なグラフィックメモリの消費を抑えることができますからね。

iOS では、モーションエフェクト (視差効果) を利用して、ホーム画面や App 内で奥行き感を演出しています。iPhone、iPad、iPod touch のモーションエフェクトや画面の揺れが気になる方は、「視差効果を減らす」を使って、この効果を抑えることができます。

「視差効果を減らす」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン

「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

「視差効果を減らす」をオンにした場合、「メッセージのエフェクトを自動再生」もオフにできます。iMessageのエフェクトやフルスクリーンエフェクトの自動再生を使っていない方は、迷わずオフにします。

メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオン
  3. 「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

「透明度を下げる」をオン

「透明度を下げる」をオンにすれば、動作が重くなったiPhoneが軽くなるはず。でもね、ホーム画面のフォルダの透明度が下がってしまい、少しUIが変わります。効果は絶大なので、気にならない方は、試してください。

「透明度を下げる」をオン

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「コントラストを上げる」をタップして「透明度を下げる」をオン

「Siri」をオフ

Googleアシスタントと比べると、全然賢くないので、オフでもいいのではないでしょうか?
しかもSiriを使って、Apple Pay Cashで送金できるのはアメリカだけですからね。

「Hey Siriを聞き取る」をオフ

  1. 「設定」→「Siriと検索」を開く
  2. 「Hey Siriを聞き取る」をオフ
  3. 「ホームボタンを押してSiriを使用」をオフ
  4. 「ロック中にSiriを許可」をオフ

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

バックグラウンドで動作する必要がないアプリは、個別にオフにします。ただし、LINEやFacebookなどソーシャルのアプリはオフにすると通知が来なくなりますので、オンのまま使うことをオススメします。

「Appのバックグラウンド更新」をオフ

  1. 「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド」を開く
  2. 「Appのバックグラウンド」に表示されるアプリを個別にオフにする

クリーンインストールする

上記の設定を変更してもiPhoneの動作が重い場合、残された手段はクリーンインストールしかありません。iPhoneをクリーンインストールしてください。

写真のバックアップは必須

クリーンインストールを行う際の注意点は、写真のバックアップをしっかり取ることです。以下のどちらの方法でもかまわないので、必ず写真のバックアップは取るようにしてください。

iCloudフォトライブラリを使っているユーザーなら、写真のバックアップは自動化されているので、手動でのバックアップは不要です。でも無料で使えるiCloudの容量は5GBなので、写真が増えてくれば、iCloudの容量を追加で購入する必要があります。

iCloudフォトライブラリを使っていない方は、Googleフォトを使えば、無料で写真と動画のバックアップが可能です。

iPhoneとAndroidの複数端末を所有している場合、それぞれの端末で撮った写真をどうやって管理していますか? それぞれのスマホを...

iOSのバックアップも必須

個別に写真のバックアップを撮ることに加えて、iOSのバックアップも必ず行ってください。iCloudバックアップでもiTunesバックアップでも構いません。

iOS11をクリーンインストールする方法は、以前のエントリーに詳しく書いたので、良かったら参考にしてくださいね。

iOS11へアップデートしたら、iOSの動作がカクカクしていませんか? 先日のエントリーでは、クリーンインストールすることなく、設定だ...

さいごに

わたくしの環境では、iOS11.2へアップデートして不具合はありませんでした。

ただし、少し古い端末であるiPhone 6やiPad AirにiOS11.2をアップデートすると、動作は快適とはいえませんでした。この場合、iOSの設定を見直すことで、動作が改善されますので、是非お試しください。

iPhoneが重くなってしまった方は、是非参考にしてください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク