iPhoneをなくしたら、どうやって探しますか?

iPhoneを紛失したら、iPhoneには個人情報が満載だし、見知らぬ第三者に悪用されたら怖いですよね?

iPhoneを探す

でもね、ご安心ください。iPhoneにはGPSが内蔵されているので、「iPhoneを探す」の機能を利用すればPCやiPadからiPhoneを探すことが可能です。また、万が一見つけることができなくても、リモートでiPhoneを初期化できるので、個人情報が流出する危険はありません。

今日は、iPhoneを紛失したときに、探す方法についてお話します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「iPhoneを探す」が利用できる条件

「iPhoneを探す」を利用するには、紛失したiPhoneが次の条件を満たしている必要があります。

iPhoneを紛失する前に、お手持ちのiPhoneの「iPhoneを探す」と「位置情報」がオンになっているかどうか確認してください。

  • iPhoneの設定で「iPhoneを探す」がオンになっている・・・設定→Apple ID→iCloud→「iPhoneを探す」→オン
  • iPhoneの設定で「位置情報サービス」がオンになっている・・・設定→Apple ID→iCloud→「iPhoneを探す」→オン
  • LTE、Wi-Fiのどちらかのネットワークに接続されている
  • バッテリーの残量があり、iPhoneの電源が入っている

GPSが内蔵されていないiPod touchやiPad (Wi-Fi版)は?

GPSが内蔵されていないiPod touchやiPad (Wi-Fi版)でもインターネットに繋がっていれば、およその位置を表示してくれます。家の中で紛失した場合は自宅のWi-Fiに繋がっていれば位置を確認できます。でも、外出先で紛失したらWi-Fiに自動で接続されることはありえないので、位置は表示されません。

「iPhoneを探す」の機能でiPhoneを探す

iPhoneを紛失してしまったら、「iPhoneを探す」の機能でiPhoneを探します。

PCやiPadからicloud.comへアクセスして、「iPhoneを探す」を実行してください。「iPhoneを探す」を実行しても、iPhoneの電源がオフだと表示されませんのでご注意ください。
ちなみに、AndroidのChromeブラウザからiCloudへアクセスできないのでご注意ください。

AndroidのChromeブラウザからiCloudへはアクセスできない

「iPhoneを探す」には、次の3つの機能があります。

  • サウンド再生
  • 紛失モード
  • iPhoneを消去

サウンド再生

家の中でiPhoneを紛失したのであれば、「サウンド再生」をクリックしてください。
iPhoneから音が出ます。結構大きな音が出るので、見つかるはずです。

iPhoneを探す サウンド再生

「サウンド再生」をクリックすると、Apple IDに登録しているメールアドレスに、「〇〇○上でサウンドが再生されました。」というメールが送信されます。

これ以外の方法だと、家で紛失したら、iPhoneの番号に電話をかけてもいいですけどね。

紛失モード

外出先でiPhoneを紛失してしまった場合、「紛失モード」をクリックします。

「紛失モード」がオンになると、iPhoneは次のように動作します。

  • iPhoneはロックされ、第三者がiPhoneにアクセスできなくなる
  • iPhoneの画面に電話番号やカスタムメッセージを出せる

iPhoneの画面に電話番号やカスタムメッセージを出せるので、拾った方が電話してくれる可能性は高いですね。

「紛失モード」をオンにする手順

「紛失モード」をオンにする手順です。

  1. icloud.comへアクセスし、「iPhoneを探す」を実行
  2. 「紛失モード」をクリック
  3. iPhoneの画面に表示される電話番号を入力し「次へ」をクリック
  4. iPhoneの画面に表示されるメッセージを入力して「完了」をクリック
  5. iPhoneが「紛失モード」になる

1. icloud.comへアクセスし、「iPhoneを探す」を実行

PCかiPadから「iPhoneを探す」を実行します。

2. 「紛失モード」をクリック

「紛失モード」をクリックしてください。

iPhoneを探す 紛失モード

3. iPhoneの画面に表示する電話番号を入力し「次へ」をクリック

iPhoneの画面に表示する電話番号を入力して「完了」をクリックします。

iPhoneを探す 電話番号を入力

4. iPhoneの画面に表示されるメッセージを入力して「完了」をクリック

iPhoneの画面に表示するメッセージを入力して「完了」をクリックします。

iPhoneを探す メッセージを入力

5. iPhoneが「紛失モード」になる

iPhoneが紛失モードになり、電話番号とメッセージがロック画面に表示されます。

iPhoneを探す 紛失モード

Apple IDに登録したメールアドレスに、「紛失モードが有効になりました」とメールが届きます。

「紛失モードが有効になりました」とメールが届く

「紛失モード」を解除する手順

iPhoneが見つかったら、「紛失モード」を解除します。

  • iPhoneのロック画面でパスコードを入力すれば、「紛失モード」は解除される
  • その後、iPhone本体で、Apple IDのパスワードの入力が必要

iPhoneを消去

「紛失モード」を試してもiPhoneが出てこない場合は、見つかる可能性はかなり低くなります。紛失したiPhoneが出てこない場合は、リモートでiPhoneを消去することが可能です。

ただし、iPhoneのバッテリーがなくなって電源がオフになったり、ネットワークに繋がっていない場合、「リモートでiPhoneを消去」しても実行されるのは、iPhoneがオンラインになった時なのでご注意ください。

iPhoneを消去する手順

  1. icloud.comへアクセスし、「iPhoneを探す」を実行
  2. 「iPhoneを消去」をクリック

iPhoneを探す iPhoneを消去

紛失したiPhoneが出てこない場合

紛失したiPhoneが出てこない場合、次の手順で対処してください。

  1. iPhoneを消去
  2. 警察に遺失届を出す
  3. 回線を止める

1. iPhoneを消去

icloud.comへアクセスし、「iPhoneを消去」します。リモートで端末を初期化してください。

2. 警察に遺失届を出す

警察に遺失届を出します。お近くの警察署か交番に連絡します。

3. 回線を止める

契約している通信事業者へ連絡して、回線を止めます。

iPhoneの電源がオフ、ネットワークに繋がっていない場合は?

iPhoneの電源がオフだったり、ネットワークに繋がっていない場合でも、「紛失モード」「iPhoneを消去」の操作をすることは可能です。ただし、ネットワークに繋がってオンラインになるまで「iPhoneを消去」は実行されませんのでご注意ください。

第三者にiPhoneが拾われたとしても、電源が入った場所がモバイルネットワークの圏内ならば、ネットワークに繋がるのでiPhoneは消去されて初期化されます。

初期化されてもアクティベーションロックはオンのまま

初期化されても、アクティベーションロックはオンのままですので、再度iPhoneをアクティベートするにはApple IDとパスワードが必要になります。第三者が不正に利用できない仕組みになっています。盗難された際に不正利用ができない仕組みについて、iOSはよく考えられていますよね。

さいごに

以上、iPhoneを紛失したときに、探す方法についてお話しました。

もしも紛失してしまったら「iPhoneを探す」機能を使って、iPhoneを探してください。「iPhoneを探す」の機能を使えば、iPhoneの場所はある程度特定できるし、どうしても見つからなかったとしてもiPhoneを初期化することも可能ですからね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク