ドンキが「majica Premium Now」を開始!!夜間の配送ならブルーオーシャン!

majica Premium Now

ドンキが「majica Premium Now」を開始します。

AmazonのPrime Nowに対抗してるのは、「majica Premium Now」という名前からも明らかですね。

  • Prime Nowの1時間配送が890円の配送料を取るのに対して、「majica Premium Now」も58分配達は750円。
  • 2時間以内の配送は、Prime Nowも「majica Premium Now」も無料。

ドンキも注文から1時間以内に配達 会員向け「Premium Now」スタート

ドン・キホーテは2月6日、対象店舗から半径約3キロ以内のエリアに58分以内で商品を届ける配達サービス「majica Premium Now」(マジカプレミアムナウ)を22日に始めると発表した。MEGAドン・キホーテ大森山王店(東京都大田区)からスタートし、対象店舗と対象商品は順次拡大する。

2016年10月に始まった同社の会員制度「majica Premium」向けサービス。58分以内で商品を届ける「58分配達」(税込750円)と、指定した2時間の枠内で配達する「2時間毎配達」(無料)の2通りを用意し、対象店舗から届け先が半径約3キロ以内の場合は両方式、約5キロ以内の場合は2時間毎配達だけを選べる。

スマートデバイス向け専用アプリや専用Webサイト(対応予定)から注文できる。対象商品は食品や飲料、酒類、日用品、ペット用品、文具など約2500アイテム。最低購入金額は2000円(税別)。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「majica Premium Now」の特徴

「majica Premium Now」の特徴を見ていきましょう。

majica会員じゃないと利用できない

「majica Premium Now」を利用するには、majica会員になる必要があります。といっても、majica会員は、会員カードを100円で購入すれば、無料で会員になれます。

「majica Premium Now」の対象店舗は?

サービス開始時は、MEGAドン・キホーテ大森山王店(東京都大田区)のみ・・・

対象店舗は随時増やしていくとのことだけど、1店舗だけって少なくね??今後、対象店舗が増えていくことは間違いないんだろうけどね。

既存のドン・キホーテの店舗数は?

今現在のところ、ドンキホーテのグループ総店舗数は355店舗あります。

  • ドン・キホーテ 196店
  • ピカソ 23店
  • MEGAドン・キホーテ 104店
  • ドイト 16店
  • 長崎屋 2店
  • ドン・キホーテUSA 3店
  • マルカイコーポレーション 11店

ドン・キホーテの店舗数

店舗は多いんだから、「majica Premium Now」の対象店舗が増えていくことは間違いないですね。

店舗で、配達スタッフを導入すればいいだけですからね。

配送エリアが狭い

配送エリアは、対象店舗から3km以内のエリア(750円)と、5km以内のエリア(無料)が用意されています。

今後、配送エリアは拡大していくかもしれません。だって狭すぎるもん。

夜中の配送はブルーオーシャン

ドン・キホーテが、店舗からの配送サービスを開始するのならば、24時間の配送にするべきです。

AmazonのPrime NOWは、早朝6時から深夜0時まで(一部エリアは深夜1時まで)なので、夜中の配送は今の時点ではありません。

深夜0時から早朝6時までは、追加料金を取ったとしても、利用者はたくさんいると思いますよ。特に都会だったらね。

MEGAドン・キホーテ大森山王店

唯一の「majica Premium Now」対象店舗である、MEGAドン・キホーテ大森山王店の営業時間は、早朝8時〜深夜3時まで。

深夜0時から深夜3時までの配達があるのならば、AmazonのPrime Nowに対抗できると思います。

配送はどんどん便利な方向へ

AmazonのPrime Nowが登場してから、ネットショッピングでの配送時間はどんどん短縮されています。

わたくしが住んでいる神奈川県の藤沢市では、Amazonで注文すれば、翌日の午前中に商品が届きます。
ヨドバシ.comで注文しても同様で、翌日に届きますね。

都内に住んでてPrime Nowの配送エリアに住んでるなら、追加料金が不要で、荷物は2時間以内で届くんだからね。

人間は一度こういった便利なものを覚えてしまうと、不便な方向にはなかなか進めないですね。

↓この動きに対して、飲食店は24時間営業を廃止しています。

飲食店は24時間営業を廃止

ロイヤルホストが24時間営業を廃止。「働きやすい店」を目指す飲食企業の取り組み

ロイヤルホストが24時間営業の店舗を来年1月までに廃止することを決定した。業界では異例の定休日を設けることを検討し、早朝や深夜の営業時間の短縮も進めているという。じつは外食産業の大手では少し前からこうした動きが広がってきている。

たとえば、すかいらーくグループは2013年に約3,000店舗のうち、620店で平均2時間、閉店時間を早めた。マクドナルドは直近2年半で24時間営業店舗を約4割強削減している。また吉野家は全店舗の5割で、24時間営業をやめた。売上高とコストが見合わなくなってきたことが営業時間短縮の理由にあげられる。ブラックバイト事件や過労自殺問題などの反動で、過酷な労働環境に対する風当たりが冷たくなってきたことも一因だろう。

特にファミレスの場合、深夜にお客が全然集まらなくなっているのが最大の理由だろうね。

ファミレス24時間営業廃止、携帯が深夜の客足を止めた

自動車が一般家庭に急速に普及した1970年代当時、深夜のファミレスは、「車で若者が集まるコミュニケーションの場だった」と佐々木徳久・ロイヤルホスト社長。深夜に集まれる場所が少ないため、店を開けていれば客が来る“ドル箱”の時間帯だったのだ。

この常識を壊したのが携帯電話だった。2000年ごろからの普及でコミュニケーションの「場所」を提供する必要性が薄れ、客足が鈍って深夜帯はじり貧に。

まとめ

ドンキの「majica Premium Now」は、めちゃ便利です。

AmazonのPrime Nowが利用できない深夜の時間帯に利用できたら最高だね。深夜の時間帯は、競合がいないので、まさにブルーオーシャン!手数料をとったとしても、利用する人はたくさんいると思います。

更に、人工知能を搭載した自動運転車で配達できるようになれば、もっと広いエリアに配達できるようになるはずなので、今後の展開が楽しみです。

Amazonの配送ドローンすごい! まさに近未来の光景です。YouTubeまだの方はぜひ見て下さい。Top Gear降板後に、Amaz...
米Amazonでは、非プライム会員向けの無料配送の条件が変わります。 米Amazon、無料配送の最低注文金額を49ドルに引上げ Am...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
関連記事