Google Nexus は、Suicaを搭載すべし!

9月16日に発売される次期 iPhone7 には、FeliCaチップが搭載されるので、Suicaでの決済が可能になります。

今まで、グローバルモデルのスマホには、日本国内のガラパゴス規格であるFeliCaチップが搭載されることはありませんでした。モバイルSuicaで決済できたのは、FeliCaチップが搭載された「ガラケー」や「国内モデルのAndroid端末」だけだったのです。

多くのiPhoneユーザーやNexusユーザーは、スマホケースにSuicaを入れて使っていましたよね?

わたくしはクレジットカード付きのSuicaなので、Suicaを使うためだけに、iPhoneケースにクレジットカードを入れたくないというのが本音でした。クレジットカード付きのSuicaなので、オートチャージの設定をすれば、チャージの手間は省けたけどね

Google Nexus もSuicaを搭載すべき

iPhone7 でSuicaを使った決済が可能になる状況を、Googleがだまって指を加えて見ているということはないはず。

Google Nexusにも、FeliCaチップを搭載してSuicaが使える環境を整える必要があります。Googleが本気で、日本市場でモバイルマネーのシェアを取りに行くのなら、Androyd Payだけでは役不足で、FeliCa搭載はマストなのです。理由は後述します。

日本のガラパゴスな決済市場で、Android Payは流行るのか?
ようやく日本にAndroid Payが上陸します。 Google、今秋にもAndroid Payを国内で開始予定 Googl...

FeliCaとは

まずはFeliCaがどういうものか見ていきましょう。

FeliCaとは、ソニーが開発した非接触のICカードのことです。最近、NFCの「TypeF」とも呼ばれるようになりました。

NFC

NFCには様々な規格があって、「TypeA」「TypeB」がグローバルスタンダードのNFCとして圧倒的なシェアを持っています。「TypeA」「TypeB」は、iPhone6sやNexus5Xに搭載されています。

それに対して「TypeF」であるFeliCaは、ガラパゴスと揶揄されていました。ガラパゴスとはいえ「TypeF」の性能は、「TypeA」「TypeB」と比較すると、桁違いに高いのが特徴です。決済処理の時間が早いのです。

Appleが日本仕様のiPhoneに、Suicaを搭載した理由

iPhoneはグローバルモデルなので、世界中のiPhoneにFeliCaチップが搭載されるのかと思ってたら、どうやら違うようです。

日本仕様のiPhone7だけにFeliCaチップが搭載されるのです。海外で購入したSIMフリーのiPhone7ではSuicaは使えませんのでご注意下さい。

Appleが、1ヶ国だけのために仕様を変更したiPhoneを発売するというのは珍しいですよね?

なぜ日本仕様のiPhoneにだけ、Suicaを搭載したのかというと、以下の4つの理由が考えられます。

  • 世界的にiPhoneが売れない中、日本だけiPhoneが売れている
  • 日本ではiPhoneのシェアが60%を超えている点
  • Suicaの利用率の高さ
  • FeliCaの決済処理スピードが早い点

世界的にiPhoneが売れない中、日本だけiPhoneが売れている

主要国でiPhoneの販売台数が落ち込む中、日本だけ例外で売れているので、Suicaの導入で反転攻勢をかけるということなのでしょう。

アップル、日本を除く全世界で売上減少 iPhoneは中国でも不振

今年1月から3月までのiPhone出荷台数は5120万台。前年同期の6120万台から大幅に落ち込んだ。金額にして80億ドル(約8900億円)にのぼるiPhoneの売上の減少は特に中国(26%減)と米国(10%減)で顕著だ。

国別の売上では日本が唯一売上を伸ばし、24%の増加だった。

日本ではiPhoneのシェアが60%を超えている点

日本人のiPhone普及率は世界的に見ても異常に高いです。スマホ人口のおよそ6割近くがiPhoneユーザですからね。

このブログに訪問してくれるユーザも同様の割合です。2016年8月の1ヶ月間に、訪れてくれたモバイルユーザーの内、67.38%がiPhoneからのアクセスになります。

Suicaの利用率の高さ

Wikipediaを見ると、2015年3月末時点でのSuicaの発行枚数は、5070万枚です。日本の人口の約4割がSuicaを持っている計算になります。

FeliCaの決済処理スピードが早い点

Suicaは、かざすだけで高速データの送受信が可能なことです。具体的には、約0.1秒でデータの読み書きができるため、どんなに遅くても0.2秒以内に電子マネーでの決済が完了するのです。

なぜ、こんなにハイスペックなのかというと、日本の通勤ラッシュでは大量の乗客をさばく必要があるためです。JRの評価試験の基準はとても厳しく、自動改札を1分間に60人通過することを求めているのです。

Android Payは決済の時間がかかる

Suicaに対して、「TypeA」「TypeB」を使った「Android Pay」や「Apple Pay」は、決済処理にものすごく時間がかかります。

ロンドンの地下鉄でApple Payを使う動画を見ると、あまりの遅さにびっくりします。タッチしてから5秒近くかかってますからね。こんなポンコツ、都会の通勤ラッシュでは全く使いものにならないです。

日本市場での決済はFeliCaがマスト

公共交通機関の自動改札、コンビニ、駅ビルなどの実店舗には、「FeliCaチップに対応した決済リーダー」が既に数多く普及しています。日本市場では、Suicaじゃないと決済できないのです。

これに対して、「Android Pay」「Apple Pay」といったグローバルスタンダードである「TypeA」「TypeB」を使う決済システムは、日本の実店舗において「決済リーダー」が対応しておりません。

日本政府もインバウンド需要を狙っているわけだし、2020年の東京オリンピックに向けて、グローバルスタンダードである「TypeA」「TypeB」の決済リーダーを店舗に導入させることは間違いないです。でも、「TypeA」「TypeB」の決済リーダーの導入には、時間がかかるはず。

なので、Google Nexusは、FeliCaチップを搭載して行くべきなんですよね。部品代なんてたかが知れてるでしょ?

日本に来た外国人旅行者が、手元のスマホで、Suicaにチャージして、JRや地下鉄に乗れるって、すごく便利だと思いませんか?

次期iPhoneでSuicaが使えるようになる!ガラバゴスから脱出したFeliCa
ようやくSuicaがiPhoneで使えるようになります。早ければ9月に登場するiPhone 7 からSuicaが使えるようになる予定です。 ...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!