日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

iOS11へアップデートできる機種一覧と、iOS12で切り捨てられる機種を予想してみる!

Apple iPhone
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

iOSは比較的古い機種でも、最新OSのインストールが可能です。

例えば、iOS11がインストールできる最も古いiPhoneは、2013年9月に発売されたiPhone 5sです。次期iOS12をインストールできるのか分かりませんが、iOS12がリリースされる2018年9月までは、最新OSが使えます。ということは5年間、最新のiOSが使えることになるのです。iOS12でiPhone5sがサポートされるのであれば、6年間サポートされるのです。

今日は、iOS11へアップデートできる機種一覧と、iOS12で切り捨てられる機種を予想してみます。

スポンサーリンク

iOS11へアップデートできる機種一覧

iOS11へアップデートできる機種一覧

iOS11をインストールできる機種を見てみましょう。
Appleは搭載しているCPUで、iOSをインストール可能な機種を選別しているので、CPUも記載します。

iPhone

機種名CPU
iPhone XA11
iPhone 8A11
iPhone 8 PlusA11
iPhone 7A10
iPhone 7 PlusA10
iPhone 6sA9
iPhone 6s PlusA9
iPhone SEA9
iPhone 6A8
iPhone 6 PlusA8
iPhone 5sA7

iPad

機種名CPU
12.9インチiPad Pro(第2世代)A10X
10.5インチiPad ProA10X
12.9インチiPad Pro(第1世代)A9X
9.7インチiPad ProA9X
iPad Air 2A8X
iPad AirA7
iPad(第5世代)A9
iPad mini 4A8
iPad mini 3A7
iPad mini 2A7

iPod touch

機種名CPU
iPod touch(第6世代)A8

切り捨てられた端末

iOS10をインストールできたけど、iOS11はインストールできない端末を見ていきましょう。

  • iPhone 5c・・・A6 CPUを搭載
  • iPhone 5・・・A6 CPUを搭載
  • iPad 4th generation・・・A6X CPUを搭載

上記の3機種は、全て32ビットのCPUを搭載しています。iOS11では、32ビットのCPUが切り捨てられたことになります。

Appleは、最新OSをインストールできる機種を、CPUで判別している

Appleは、最新OSをインストールできる機種を、CPUで判別しています。

これはiOSに限った話ではなく、macOSでも同様の話です。

以前のエントリーに詳しく書いたので引用します。

iOS 10 のサポート機種をまとめてみた!

Mac OSXの切り捨てと比較してみる

Mac OSXの時もCPU別に、第一段階から第三段階までの切り捨てがありました。

スマホはハードウェアもOSも進化の途中なので、数年前のPCと同じ道をたどるはずなんですよね。

第一段階の切り捨て

32ビットで動作する「Intel Core duo」プロセッサーを搭載した、初代Macbook、初代Macbook Pro、iMac Early 2006、iMac Mid 2006の機種は、OS X 10.6 Snow Leopardがまでしかインストール出来ませんでした。

→iOS10は32ビットCPUに対応していますが、iOS11では32ビットを切り捨てるはずだから、iOS11の登場が、Mac OSXの切り捨て第一段階に相当します。

第二段階の切り捨て

64ビットで動作する「Core 2 duo」プロセッサーを搭載した一部機種は、OSX 10.7 Lionまでしかインストール出来ない機種もありました。MacBook Early 2008、MacBook Pro Late 2006、初代MacBook Air、iMac Late 2006などが該当します。

該当機種は以前のエントリーに詳しく書きました。

Mac OSのサポート終了日と対応機種をまとめてみた!
Macを使っているとウィルスにかかることはめったに無いですよね。 わたくしもMacを10年近く使っていますが、一度もウィルスにかかったことはありません。 多くのMacユーザーは、セキュリティーソフトを入れていない方もいらっしゃる...

第三段階の切り捨て

それ以降の機種は、最新OSである OSX 10.11 El Capitan のインストールが可能です。

iOS12で切り捨てられる機種を予想してみる

わたくしの予想ですので、当たるかどうかは分かりませんw

iOS12では、A7を搭載した機種が切り捨てられる可能性は高いですね。A7は64ビットCPUなので、切り捨てなくてもいい気はしますが、Appleがいつまでも古い機種をサポートするとは思えないんですよね。スマホのスペックはまだまだ発展段階なので、A7がiOS12で快適に使えるとは思いませんからね。

iOS12へアップデートできない機種は?

A7を搭載している機種は、iOS12へアップデートできないと予想します。

  • iPhone 5s
  • iPad Air
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

iOS11を快適に使える端末は?

最新のiPhone XやiPhone 8ならば、iOS11が快適に使えて当たり前ですよね?

iOS11が、どのくらい古い端末で快適に使えるのか気になりませんか?以下、わたくしの実体験をお話します。

A9のCPUを搭載している、iPhone 6s・iPhone 6s Plus、iPhone SEならば、iOS11がサクサク快適に使えます。

A8を搭載しているiPhone 6 やiPhone 6 Plusは、クリーンインストールすれば、そこそこ快適に使えるという感じです。わたくしの母がiPhone 6を使っていますが、上書きアップデートでは重くて使い物になりませんでした。iPhone 6をお使いの方は、クリーンインストールすることをオススメします。

A7を搭載しているiPhone 5sやiPad Airは、クリーンインストールしても、動作はちょっと重いですね。我慢して使えないことはありませんけど、サクサク動くというのは、スペック的に無理ですね。

iPadは最新OSをインストールできる期間を長くすべし

iPhoneは2年サイクルで買い換えるユーザーが多いですが、iPadは一度購入すると3〜4年使うユーザーが圧倒的に多いです。

iPhoneと比べると、iPadは自宅で使うことが多いですからね。スマホのように落として傷だらけということも、あまりないと思います。

なので、iPadは、iPhoneよりも最新OSをインストールできる期間を長くして欲しいですよね。

さいごに

以上、iOS11へアップデートできる機種一覧と、iOS12で切り捨てられる機種を予想してみました。

iOSは比較的古い端末に、最新のOSがインストール可能です。が、あまりに古い機種だと動作は快適ではありません。その場合、iOSのクリーンインストールを試してください。

iOS11をクリーンインストールする方法!

タイトルとURLをコピーしました