「メルカリNOW」のリリースで、即時買い取り市場の戦国時代が始まる!

メルカリNOW

11月27日、メルカリが「メルカリNOW」をリリースしました。

サービス開始後、想定外のアクセスが殺到し、わずか17分でサービスを停止。2時間後にサービスが再開されました。

CtoCのフリマアプリで圧倒的なシェアを誇るメルカリが参入したことで、即時買い取り市場が熱くなってきましたね!

メルカリが「メルカリNOW」を発表、CASHが先行する即時買い取り市場に参入

目の前のアイテムを一瞬でキャッシュに”のコンセプトが大きく話題を生んだ質屋アプリの「CASH」。彼らが生み出した即時買い取り市場に、フリマアプリ大手のメルカリがついに参入する。

メルカリは11月27日、新たに「メルカリNOW」を発表し、即時買い取り市場に参入すると発表した。サービスの運営はグループ会社のソウゾウが行う。

「CASH」と「メルカリNOW」のガチンコ勝負によって、今後、即時買い取り市場の戦国時代が始まります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「CASH」とは

「CASH」とは、手持ちのアイテムを、スマホで写真を撮るだけで査定ができ、換金できるアプリです。6月28日にサービスがローンチされましたが、わずか1日でサービスが停止して話題になりました。知人のスタートアップと同じビルにCASHが入っていたようで、当時、荷物が廊下まで溢れかえってたという話でしたw

しかも「CASH」は、11月21日にDMMに70億円で買収されたばかりです。

↓CASHについては、ローンチ直後に記事を書きました。

オンライン質屋「CASH」がわずか1日でサービス停止になったけど、査定した商品を売りさばけば7600万円になるって知ってた?

スマホで写真を撮れば、アプリ上に査定額が表示され、その額で納得がいくのであれば、「キャッシュ」ボタンをタップすることで、その金額のキャッシュがアプリにチャージされます。キャッシュは、ローソンや銀行で現金することが可能です。この時点ではアイテムはまだ自分の手元にあります。

その後、ユーザーは、2ヶ月以内に、アイテムを送るか、キャッシュを返済するかの選択をすることになります。

「CASH」の特徴

  • 買取ブランドはアパレルとiPhoneなどのガジェットがメイン
  • 買取価格の合計であるキャッシュ枠2万円が上限
  • 現金の引き出しは銀行振込かコンビニ受け取り
  • 引き出し手数料は250円で、コンビニ受け取りは1万円未満のみの引き出ししか出来ない
  • 「CASH」を利用するには、免許証などの本人確認書類のアップロードが必要
  • アイテムの発送は無料

「メルカリNOW」とは

「メルカリNOW」とは、手持ちのブランド品を、スマホで撮影するだけで、査定額が表示され、即時買い取りしてくれるサービスです。「CASH」と同じビジネスモデルですが、メルカリのアプリ内の「NOW」タブから利用できます。メルカリのアプリで使えるようにしたところが、素晴らしい。

運営は、メルカリの子会社のソウゾウが行います。

「メルカリNOW」の特徴

  • 当初、買い取りするアイテムは、アパレル系のブランドのみ
  • アイテムの「ブランド」「カテゴリ」「状態」を選択して、写真を撮るだけで、金額の査定が完了
  • 査定金額は2万円が上限
  • アイテムが売れると、メルカリの売上金に入金される
  • 1日の買取上限金額は1000万円までで、午前10時に毎日リセットされる
  • メルカリNOWを利用するには、免許証などの本人確認書類のアップロードが必要
  • アイテムの発送は無料
  • 盗難したアイテムを出品すると、アカウント停止や売上が没収される

買い取ったアイテムはどうするの?

メルカリ子会社のソウゾウが、メルカリ内で販売します。

ソウゾウは、地域コミュニティアプリの「メルカリ アッテ」、書籍・CD・DVD・ゲームのフリマアプリ「メルカリ カウル」、ブランド査定付きのフリマアプリ「メルカリ メゾンズ」を運営しています。

メルカリ経済圏が拡大していくことは間違いないですね。

メルカリ経済圏

メルカリ経済圏がどういう仕組みか説明します。

「メルカリNOW」でアイテムが売れると、ユーザーに直接現金が渡るのではなく、メルカリの売上金に入金されます。
その後、ユーザーが現金を引き出すには、メルカリの売上金から出金手続きをしなければならないので、1ステップ手間がかかります。CASHのように、直接銀行振込みやコンビニで直接現金を引き出せるわけではないんだよね。

メルカリの売上金に入金されるのは、ユーザーにとって手間ですが、メルカリ経済圏の拡大にとって重要な要素です。メルカリの売上金を出金する際、1万円以下は210円の振込手数料がかかるので、多くのユーザーは1万円以上溜まってから引き出すことになります。

また、ユーザーによっては、売上金を出金しないで溜めておくケースもあるはず。わたくしも、その一人で、気がついたら10万円くらい溜まってましたから。

先ほど説明したとおり、「メルカリNOW」で査定したアイテムは、メルカリの子会社のソウゾウによってメルカリ内で出品されます。メルカリ経済圏では、お金とアイテムが、メルカリとソウゾウとユーザーの3者でグルグル回るのです。

即時買い取り市場の戦国時代が始まる

「メルカリNOW」のリリースにより、「CASH」が最低買取価格を1000円に上げたのはご存知ですか?
実は、わたくしも「CASH」で、捨てようと思ってたNIKEのスニーカーを1000円で売りました!

CASH

「メルカリNOW」で査定したら100円だったんだけど・・・

今後、「メルカリNOW」も最低買取価格を上げてくるんじゃない?もしくは、買取金額にメルカリのポイントを付けてくるかもしれません。

「メルカリNOW」の参入で、即時買い取り市場の戦国時代が始まりました。今後の展開が楽しみですね。

「CASH」の最低買取価格が1000円なので、アイテムを売ってみた!

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク