シャープが鴻海傘下に入る・・・

ついに決まったようです。

シャープ、鴻海傘下に 臨時取締役会で決議…国内大手家電の一角が外資へ

経営再建中のシャープは25日の臨時取締役会で、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業による支援を受け入れることを決議した。鴻海が7千億円規模を投じてシャープを買収する内容で、月内の合意を目指して最終調整を進める。官民ファンドの産業革新機構もシャープに3千億円規模を出資する支援案を提示していたが、拠出額の多さなど条件面で鴻海の提案が上回ると判断した。国内大手家電の一角を占めるシャープが外資傘下に入ることになった。

鴻海は、シャープ株の過半数を取得、主力取引銀行の優先株を買い取る。現経営陣の続投や40歳以下の従業員の雇用維持を約束しており、太陽電池事業以外の売却を否定するなど好条件を提示した。

それを受けて、Twitterの公式アカウントでは、

官民ファンドの産業革新機構に決まらない兆候もありました。

シャープ買収先、みずほが鴻海を推す「必然」

経営再建中のシャープに対し、EMS(電子機器受託製造サービス)最大手の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業、官民ファンドの産業革新機構が、それぞれ出資案を提案している。早ければ2月25日にもシャープの取締役会でどちらかの案が選ばれる可能性があるが、事実上の決定権を握るのは大口債権者である、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行だ。

このうちみずほ銀行は、今年に入り、鴻海案を支持する姿勢を鮮明にしていた。その直接の理由は銀行にとって、鴻海案のほうが機構案よりも経済的メリットが大きいことだ。

機構は両行に優先株の消却という債権放棄に加え、2015年6月に続き2度目となる債務の株式化(DES)という私的整理を求めている。一方の鴻海案は、優先株の簿価での買い取りを示しており、銀行にはほとんど”痛み”を求めていない。

なぜシャープは落ちていったのか・・

過剰な液晶への投資とその後の経営判断の誤りと言われています。

液晶への投資は主に2つの工場へ行われました。亀山工場と堺工場です。

亀山工場への投資

2002年、シャープは亀山工場へ積極的な巨額の投資を行い、最新鋭の液晶テレビの生産工場として注目を集めました。

が、2009年に大阪府堺市にある堺工場が稼働を開始して、液晶テレビの主力工場は亀山工場から堺工場へと移ります。

そのあおりをうけて、

亀山第1工場は2009年初頭より操業を停止。2011年によりiPhone用ディスプレイの専用工場として、再稼働します。

第2工場も2012年に一時的に操業を停止という厳しい状況を経験して、その後、スマホや携帯ゲーム用の小型液晶ディスプレイの製造が主力となっています。

ここまでだって理解不能だけど、シャープの経営者の迷走ぶりはこれだけじゃありません。

2012年に堺工場が鴻海グループに入ると、亀山工場が再び「液晶のシャープ」の主力工場に戻るのです。液晶テレビの主力工場が亀山工場から堺工場へと移ってからわずか3年しか経ってないのに・・

これやった経営者アホかって感じだね。

堺工場への投資

2009年の操業にあたって投資した金額は、液晶パネル工場に約3800億円、太陽電池工場に900億円。

で、3年後に鴻海グループに入りですから。

液晶の技術が陳腐化している現実、テレビのコモディティー化を予測できなかったことが原因です。当時は韓国勢のサムスンやLGがめっちゃめっちゃ伸びてましたから。

特に、堺工場への投資を決定した2007年は、1ドル120円という円安が続いていて、シャープの業績が絶好調だったこともあります。↓こんな感じで浮かれまくってたんだろうね。

「2008年3月期(2007年度)連結業績」

売上高は、液晶テレビや携帯電話、テレビ用液晶パネルなどが伸長し前年比9.3%増の3兆4,177億円となり、5年連続で過去最高を更新しました。

鴻海精密工業とは?

鴻海精密工業

郭台銘会長(テリー・ゴウ)が率いる台湾の会社です。名前はすでにご承知だと思います。

世界最大の電子機器受託生産サービス(EMS)です。

iPhoneの組立製造サプライヤーとして有名ですよね。

2014年の売上は約15兆円。Apple以外にも、Dell、Intel,HP、任天堂とも取引を行います。ソフトバンクの「ペッパー」の製造も行っています。

シャープの売上は2015年で約2.7兆円なので、鴻海から見ると1/5の規模です。

今後のシャープは?

鴻海精密工業が提示しているのは、シャープを丸ごと買い取り、ブランド名を残し、雇用も40歳以下は維持するという条件です。

iPhoneの組立を行っているので、シャープの液晶技術は喉から手が出るほど欲しいはず。

経営手法はシャープとは異なります。2012年 シャープの堺工場は74億円の赤字でした。これが、2013年 鴻海グループに入ると稼働率85%、151億円の営業利益を計上して黒字化を達成してますからね。わずか1年で。

シャープの2015年の業績は約300億円の赤字。鴻海入りしたら、あっという間に黒字化になりそうです。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!