日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

「特定の条件が満たされている場合にのみ、URL はインデックスに登録されます」の特定の条件とは?

SEO
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

Search ConsoleのURL検査でライブテストを行うと、「特定の条件が満たされている場合にのみ、URL はインデックスに登録されます」と表示されます。

特定の条件が満たされている場合にのみ、URL はインデックスに登録されます

どのような条件を満たすとインデックスされるのでしょうか?

この記事では、特定の条件が何なのか詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

ライブテストとは

ライブテストとは、プロパティ内のURLをGoogleでインデックス登録できるかどうか確認するためのテストです。

ライブテストの結果が「URL は Google に登録できます」とある場合、インデックス登録をリクエストできますが、すべてのURLがインデックスされるわけではありません。

特定の条件を満たすURLがインデックスされることになります。

特定の条件とは

特定の条件は、次のものが考えられます。
これらの条件を満たしていれば、ほとんどケースでインデックスされます。

  • robots.txtでクロールをブロックしていない
  • noindexがついていない
  • 重複していない
  • ページの品質が高い
  • リダイレクトしていない
  • 404/410が返っていない
  • 削除リクエストをしていない
  • 手動による対策が行われていない
  • ウェブマスター向けガイドラインに準拠している
  • 構造化データのガイドラインに準拠している

robots.txtでクロールをブロックしていない

クロールをブロックしていると、当然インデックスはされません。

ライブテストを行っても「URL は Google に登録できません」と表示され、その下に「robots.txt によりブロックされました」と表示されます。

「robots.txt によりブロックされました」と表示される

インデックスしたいのであれば、必ずGooglebotがクロールできるようにしてください。

robots.txtを設置する際の注意点をお伝えします。

  • robots.txtはルート直下に設置する・・・https://example.com/robots.txt
  • robots.txtを設置する:HTTPステータスコード200を返す
  • robots.txtを設置しない:HTTPステータスコード404を返す
  • robots.txtのステータスコードが500番台だとインデックスされない

noindexがついていない

noindexがついていると、「URL は Google に登録できません」と表示されインデックスされません。言うまでもなく、特定の条件を満たすことはできません。

公式 noindex を使用して検索インデックス登録をブロックする

重複していない

インデックスに登録された別ページと重複しているとインデックスされません。

必ず正規URLを指定します。

ページの品質が高い

品質の高い記事を作成するには、以下のページをご覧ください。

公式 良質なサイトを作るためのアドバイス

リダイレクトしていない

リダイレクトしていると、リダイレクト先のページが正規URLとなります。リダイレクト元はインデックスされませんのでご注意ください。

404/410が返っていない

HTTPステータスコード 404はページが見つからなかったことを指し、410はページが削除されたことを指します。404/410が返っていると、そのページはインデックスから削除されます。

削除リクエストをしていない

削除リクエストをしていると、検索結果に表示されません。

公式 削除ツール

手動による対策が行われていない

手動による対策があるとインデックスされません。Search Consoleに通知が来るので見逃さないでください。

万が一、手動による対策が行われたのであれば、再審査リクエストを提出します。

Check! 再審査リクエストの書き方

ウェブマスター向けガイドラインに準拠している

ヘルプページに詳しく載っているので確認してください。

公式 ウェブマスター向けガイドライン

構造化データのガイドラインに準拠している

こちらもガイドラインの詳細については、ヘルプ記事をご覧ください。

公式 構造化データに関する一般的なガイドライン 

タイトルとURLをコピーしました