Googleマイビジネスはインバウンドの訪日外国人に英語で表示されるのか?

Googleマイビジネス、ナレッジパネル、訪日外国人、言語

日本を訪問しているインバウンドの訪日外国人は、スマホで観光施設や店舗を探しますよね?

観光施設や店舗を検索すると、Googleマイビジネスの情報がモバイル端末の最上部に表示されます。ここに表示される情報は、どの言語で表示されると思いますか?

この記事では、日本語で掲載したGoogleマイビジネスの情報は、インバウンドの訪日外国人に英語で表示されるのかについてお伝えします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Googleマイビジネスの言語は、モバイル端末の言語と連動する

基本的に、Googleマイビジネスの言語は、モバイル端末の言語と連動します。(Googleアカウントの言語設定を変更すると変わるケースもあるので、それについては後述します)

なので、訪日外国人が日本を旅行中に観光施設や店舗を検索した場合、モバイル端末の言語設定に応じて自動で翻訳されます。以下のような感じになります。

  • 英語圏の訪日外国人:モバイル端末の言語は英語なので、日本語のGoogleマイビジネスの情報は英語に翻訳
  • フランス圏の訪日外国人:モバイル端末の言語はフランス語なので、日本語のGoogleマイビジネスの情報はフランス語に翻訳
  • 中華圏の訪日外国人:モバイル端末の言語は中国語なので、日本語のGoogleマイビジネスの情報は中国語に翻訳

自動で翻訳される項目

  • ナレッジパネルの言語
  • 店舗情報 (電話・ナビ・営業時間・住所など)
  • レビュー

自動で翻訳されない項目

  • ビジネス情報 (店舗情報は自動翻訳されません)
  • 投稿
  • 商品・メニュー

これらの情報については、よく来店される訪日外国人の言語も併記しておくとよいですね。

Wikipediaから引用される項目

観光施設の情報は、Wikipediaから引用されることがよくあります。
例えば、清水寺や金閣寺などの有名な観光施設は以下のようになります。

  • モバイルの言語が英語・・・英語のWikipediaから引用
  • モバイルの言語が日本語・・・日本語のWikipediaから引用
Googleマイビジネス、Wikipediaから引用

左:モバイルの言語が日本語、右:モバイルの言語が英語

ご自身で管理しているGoogleマイビジネスの情報が、モバイル端末の言語によってどのように表示されているかについて、ご自身のモバイルの言語設定を変更して確認してください。

モバイルの言語設定を変更する方法

  • iPhone・・・設定 → 一般 → 言語と地域 → English
  • Android・・・設定 → システム → 言語と入力 → 言語 → 英語

英語に変更してみて、訪日外国人にどんな見え方になっているか確認することをオススメします。

Googleマイビジネスのビジネス情報は、複数言語での設定はできない

この記事を書いている2020年2月7日時点の仕様では、Googleマイビジネスのビジネス情報を、複数言語で設定することはできません。

清水寺のような著名な観光施設であれば、Googleは施設情報をWikipediaから引用します。
でも、著名でない観光施設や店舗の場合、Wikipediaは引用されず、Googleマイビジネスで設定した「ビジネス情報」がそのまま表示されます。インバウンドで訪日観光客が多く訪れる施設の場合、ビジネス情報に、複数の言語で情報を記入する必要があります。

現時点で実装されておりませんが、観光地などでインバウンド対応する場合、Googleマイビジネスに複数の言語で「ビジネス情報」を登録しておいて、ユーザーの言語環境に応じて、出し分けられたら便利だと思います。このようなご要望をお持ちの方は、ぜひGoogleにフィードバックを送っていただければと思います。

Googleマイビジネスのビジネス名 (店舗名) については、複数言語で整備できる

ビジネス名に関しては、オーナーであれば複数言語で整備可能です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

引用 Googleマイビジネスのビジネス名はインバウンド向けに多言語で整備できる。詳しい手順教えます

  1. 整備したい言語環境のGoogleマップでビジネスを表示させる
  2. オーナーアカウントでログインした状態でGoogleマップから情報の提案を行う
  3. Googleマイビジネスのデフォルトのビジネス名を修正

Googleアカウントの言語設定は?

モバイルの言語設定を変更すれば、ナレッジパネルの言語が変わるのは今お話したとおりです。

では、モバイルの言語設定は日本語のまま、Googleアカウントの言語設定を英語にするとどうなると思いますか?

結論から先にいうと、AndroidのChromeだけ、Googleアカウントの言語設定と連動します。

iPhoneとAndroid、またブラウザで仕様が異なるので、それぞれ見ていきます。

Googleアカウントの言語設定を英語(スマホの言語設定は日本語)

iPhoneとAndroidでどのように挙動が違うのか見ていきましょう。

iPhone

  • Safari・・・日本語
  • Chrome・・・日本語
  • Googleアプリ・・・日本語
  • Googleマップ アプリ・・・日本語

Andriod

  • Safari・・・日本語
  • Chrome・・・英語
  • Googleアプリ・・・日本語
  • Googleマップ アプリ・・・日本語

AndroidのChromeだけ、Googleアカウントの言語設定と連動します。

Googleアカウントの言語設定を変更する方法

試してみたい方は、Googleアカウントの言語設定を変更してみてください、以下の方法になります。

  1. Googleアカウントの管理画面の言語にアクセス
  2. 英語に変更する

さいごに

日本語で掲載したGoogleマイビジネスの情報は、インバウンドの訪日外国人に英語で表示されるのかについてお伝えしました。

Googleマイビジネスの言語は、モバイル端末の言語と連動します。なので訪日外国人の端末の言語に自動で翻訳されます。
ただし、ビジネス情報、投稿、商品・メニューについては自動で翻訳されませんのでご注意ください。これらの項目については、よく来店される訪日外国人の言語も併記しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)