日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

専用アプリを使わずにAndroidでQRコードを読み取る方法!

アプリ
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

この記事では、専用アプリを使わずにAndroidでQRコードを読み取る方法をお伝えします。

QRコードを読み取る機会は多いと思います。

  • お店でQRコードを読み取ると割引サービスが受けられる
  • 店舗で口コミを書いて欲しいとQRコードで依頼される

iPhoneでは「iOSのコントロールセンター」や「Chromeアプリ」でQRコードを読み取ることが可能です。しかしAndroidは「Chromeアプリ」にQRコードを読み取る機能は搭載されておりません。

QRコード専用のアプリを入れてもいいのですが、余計なQRコード専用アプリを入れたくない方は、これから紹介する方法をお試しください。

スポンサーリンク

Googleアシスタントの「Googleレンズ」

Googleアシスタントが使えるAndroidならば「Googleレンズ」が最強です。「Googleレンズ」を使えばQRコードを読み取ることができ、QRコードの内容はURLだけでなくメールなども読み取ることが可能です。以下の手順になります。

①Googleアシスタントを起動
②Googleレンズのアイコンをタップ

Googleアシスタント、QRコード、Googleレンズのアイコンをタップ

③カメラが立ち上がる
④QRコードにかざすと、URLの場合はアドレスが表示される (メールの場合はメールアドレスが表示)

Googleアシスタント、QRコードにかざすとURLの場合はアドレスが表示される

⑤タップすればURLにアクセス

Googleフォトの「Googleレンズ」

ブラウザに表示されたQRコードを読み取りたい場合、Googleフォトの「Googleレンズ」を使ってください。

①ブラウザに表示されたQRコードを画面キャプチャ
②Googleフォトを起動してQRコードの画像を表示させて「Googleレンズ」をタップ

Googleフォトを起動してQRコードの画像を表示させて「Googleレンズ」をタップ

③URLをタップすればブラウザで表示される

Googleフォト、QRコード

Twitterアプリ

Twitterアプリには、アカウントをフォローする際に使うQRコードリーダーが付属しています。このQRコードリーダーは他の用途にも使うことができます。
TwitterアプリのQRコードリーダーは、内容がURLなら問題なく読み取ってTwitterアプリ内ブラウザで開けますが、メールアドレスだとメアドが表示されるだけなのでご注意ください。
ちなみに、Twitterアプリの場合、画面に表示されたQRコードも、キャプチャを取れば読み取ることが可能です。

①Twitterアプリを起動
②左上の「プロフィール」アイコンをタップ
③QRコードをタップすると、自分のアカウントのQRコードが表示されるTwitter、QRコードをタップ

④画面下のマークをタップすると、QRコードリーダーが立ち上がる

Twitter、QRコード

⑤QRコードにかざすと、URLの場合はアドレスが表示されるので、タップするとTwitter内ブラウザで表示される

Twitter、QRコードにかざすと、URLの場合はアドレスが表示される

ブラウザに表示されたQRコードを読み取る

ブラウザに表示されたQRコードを読み取るには、事前に画面キャプチャを撮影しておく必要があります。

⑥画面右上のマークをタップすると、ブラウザに表示されたQRコードを読み取れる

Twitter、QRコード、画面右上のマークをタップ

LINEアプリ

LINEアプリにも友達を追加するためのQRコードリーダーがあります。他の用途にも利用可能です。
LINEアプリのQRコードリーダーは、内容がURLのQRコードしか読めませんのでご注意ください。「Googleレンズ」やTwitterのQRコードリーダーと比較すると、読み取り精度は高くありません。

①LINEアプリを起動
②右上の「友だち追加」アイコンをタップ

LINE、QRコード、右上の「友だち追加」アイコンをタップ

③QRコードをタップすると、QRコードリーダーが立ち上がる

LINE、QRコードが起動

④QRコードにかざすと、内容がURLのQRコードの場合、タップするとLINE内ブラウザで表示される

LINE、QRコードが立ち上がる

Facebookアプリ

FacebookアプリでもQRコードを読み取ることが可能です。
ただし、Facebookの仕様が変更されたこともあって、この記事を書いている2019年7月3日時点では、QRコードリーダーを見つける方法は以前とは異なります。
また、FacebookのQRコードリーダーも、内容がURLのQRコードしか読めませんのでご注意ください。

①Facebookアプリを起動
②検索窓に「qr」と入れて検索すると、「QRコード」のショートカットが表示されるのでタップ

Facebook、QRコード、検索窓に「qr」と入れて検索

③QRコードリーダーが立ち上がる
④QRコードにかざすと、内容がURLのQRコードの場合、タップするとFacebook内ブラウザで表示される

Facebook、QRコード

ブラウザに表示されたQRコードを読み取る

Facebookアプリでブラウザに表示されたQRコードを読み取るには、事前に画面キャプチャを撮影しておきます。

⑤「ギャラリーからインポート」をタップ

Facebook、QRコード、「ギャラリーからインポート」をタップ

⑥QRコードの画面キャプチャの画像を選択する

Facebook、QRコード、キャプチャ

⑦QRコードを読み取れる

専用アプリを使うなら、ブラウザに表示されたQRコードを読める「QR Droid」

今まで余計なアプリは入れない方法を紹介しましたが、最後にQRコードの専用アプリ「QR Droid」をお伝えします。
「QR Droid」はQRコードの専用アプリということもあって、ブラウザに表示されたQRコードが読めます。
GoogleアシスタントやGoogleレンズが使えない機種の場合、「QR Droid」を使うことをオススメします。

以下、ブラウザに表示されたQRコードを読み取る方法です。

①Chromeなどのブラウザに表示されたQRコードを長押し
②「画像を共有」をタップ

QR Droid、QRコード、「画像を共有」をタップ

③「画像を復元」をタップ

QR Droid、QRコード、「画像を復元」をタップ

④URLが表示されるのでタップ

QR Droid、QRコード、URLが表示される

⑤ChromeなどのブラウザでURLが表示される

さいごに

専用アプリを使わずにAndroidでQRコードを読み取る方法を紹介しました。

次の方法でQRコードが読み込めますのでお試しください。

  • Googleアシスタントの「Googleレンズ」
  • Googleフォトの「Googleレンズ」
  • Twitterアプリ・LINEアプリ・FacebookアプリのQRコードリーダー
  • QRコードの専用アプリならば、「QR Droid」
タイトルとURLをコピーしました