日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

iOS13へアップデートできるiPhoneと、切り捨てられた機種

iPhone
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

iOS13へアップデートできるiPhone

WWDC2019で、iOS13が発表されました。

このエントリーでは、iOS13へアップデートできるiPhoneと、切り捨てられた機種を紹介します。

スポンサーリンク

iOS13へアップデートできるiPhone

iOS13へアップデートできるiPhoneを見ていきましょう。
iPhoneの機種だけでなく、プロセッサ、メモリ、発売日が比較できる表を作りました。

機種プロセッサメモリ発売日
iPhone XSA124GB2018年9月
iPhone XS MaxA124GB2018年9月
iPhone XRA123GB2018年10月
iPhone XA113GB2017年9月
iPhone 8A112GB2017年9月
iPhone 8 PlusA113GB2017年9月
iPhone 7A102GB2016年9月
iPhone 7 PlusA103GB2016年9月
iPhone 6sA92GB2015年9月
iPhone 6s PlusA92GB2015年9月
iPhone SEA92GB2016年3月
iPod touch (7th generation)A102GB2019年5月

ちなみに2015年に登場したiPod touch (第六世代) は、iPhone 6と同じA8を搭載しているため、iOS13に対応しておりません。

iOS13は、A9以降のプロセッサを搭載したiPhoneに対応

iOS13は、A9以降のプロセッサを搭載したiPhoneに対応しています。
iOS13を使うには、最低でもA9プロセッサ、メモリ2GB以上搭載している必要があります。

iOS13で切り捨てられた端末

iOS12は使えるけど、iOS13で切り捨てられたiPhoneを見ていきます。

機種プロセッサメモリ発売日
iPhone 6A81GB2014年9月
iPhone 6 PlusA81GB2014年9月
iPhone 5sA71GB2013年9月

これらの機種は、iOS12を使うことができますが、2019年9月に登場するiOS13をインストールすることはできません。

ぶっちゃけ、iPhone 6やiPhone 6 Plusに、現行のiOS12をインストールすると、かなり動作はもっさりします。
iPhone 5sに至っては、iOS12をクリーンインストールして、なんとか使えるといったレベルのスペックです。iPhone 5sと同じプロセッサを搭載したiPad Airを、つい先日まで使っていましたが、動作はもっさりしていました。

iPhone 5sは6年間、iPhone 6は5年間最新のiOSが使える

iPhone 5sは2013年9月に登場したので、6年間、最新のiOSが使えることになります。
iPhone 6 と 6 Plusは2014年9月に登場したので、5年間、最新のiOSが使えることになります。

iPhone 5sを6年間使うユーザーがどの程度いるか分かりませんが、端末メーカーとしてAppleはよくやっていると思います。6年間、最新のiOSをサポートするのは、Androidでは考えられませんからね。

Googleが発売するPixelは3年間、最新のAndroidが使えることが保証されています。それ以外の端末メーカーのAndroidは、新しいOSがリリースされても、アップデートできないこともあります。

iOS13がリリースされた後、iPhone 6以前の端末を使うのは、セキュリティを考えたらやめるべし

iOS13がリリースされた後、iPhone 6以前の端末を使うのは、セキュリティを考えたらやめてください。
iOSは毎年9月に登場し、1年間かけて、マイナーアップデートが繰り返されます。

例えば、iOS11は1年間で、15回のマイナーアップデートがありました。

毎回セキュリティアップデートがあるわけではありませんが、多くのマイナーアップデートでセキュリティの脆弱性を埋める更新があります。

iOS13を快適に使える端末は?

iPhone XSならばiOS13が快適に使えることは当たり前です。2019年9月に新しいiPhoneが登場したとしても1世代前の機種ですからね。

iOS13で、古い端末がどこまで快適に使えるかという話になりますが、iPhone 8以降であればサクサク使えるのではと予測します。理由は、最新のiOSは、2世代前のiPhoneまでは快適に使えることが多いからです。

iOS12の実体験をお話すると、2016年9月に登場したiPhone 7 Plusは快適に使えております。iPhone 7 Plusは2世代前の端末です。

ただし、アプリを立ち上げるのに時間がかかることはあります。例えば、Chromeアプリの立ち上がるまでの時間は、iPhone XSと比較するとiPhone 7 Plusは遅いです。でも、立ち上がってしまえば、ブラウジングにあまり速度の差を感じません。
Twitterなどの軽いアプリも、ほとんど速度の差を感じません。

さいごに

以上、iOS13へアップデートできるiPhoneと、切り捨てられた機種を紹介しました。

iOS13へアップデートする前、不具合を起こさないために、必ずやるべきこと
iOS13がリリースされました。 僕のiPhone 7 PlusもiOS13へアップデートしたところ快適に動作しています。 新機能もあるのでiOS13へアップデートしたい方も多いと思いますが、何も考えずにiOS13へアップデ...
タイトルとURLをコピーしました