母の日にはMVNOのSIMカードをセットしたiPadをプレゼントすべし!

母の日にiPadをプレゼント

5月13日は母の日です。

普段からの感謝の気持ちを込めて、お花をプレゼントしたりする方も多いと思います。
僕は、母の日にiPadをプレゼントすることをオススメします。

だって3月に登場したiPadは、価格も37800円と安いのに、スペックはなかなかだし、Apple Pencilも使えますからね。

Appleはシカゴで開催された教育機関向けのイベントで、新型iPadを発表しました。 新型iPadは、廉価版にも関わらずApple P...

スマホを持っていないガラケー派のお母さんなら、iPadをプレゼントされたら絶対に喜ぶはず。
スマホを持っているお母さんだって、iPadをプレゼントしてもらったら嬉しいと思います。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Androidのタブレットならもっと安いのに、なぜiPadをプレゼントするのがいいのか?

理由は、AndroidよりもiOSの方が断然使い勝手がいいからです。

AndroidもiOSも基本的にできることは、大差ありません。でもね、iOSの方が設定項目やアプリの操作など、直感的に使えるので、タブレット初心者にも簡単に使うことができます。

簡単に使えるようになると、タブレットに対する苦手意識もなくなるので、どんどんタブレットの操作が上達していきます。
よく、「大して使わないからAndroidでいいんだ」と言う方がいますが、これだと、自分でタブレットの操作は上達しなくていいと言っているようなもの。

Androidは設定項目なども、どこに何があるか非常にわかりにくいので、上級者ならば何の問題もなく使いこなせます。が、初心者だと難しくてだんだん使わなくなってしまう例を、僕は何度も見てきましたからね。

スマホやタブレットの操作が得意でない方には、iOSがオススメです。

なぜ、SIMカードを入れたiPadをプレゼントするのか?

SIMカードを入れたiPadをプレゼントする理由は2つあります。

  • 外出先で使える
  • 災害時に使える

SIMカードが入っていればどこに行っても使えるのがポイントです。

MVNOのデータ通信SIMならば、年間コストは6000円以下

SIMカードはMVNOのデータ通信SIMならば、データ通信費の年間コストは6000円以内に収まります。
例えば、DMM mobileのシングルコースならば1GBで月額480円、2GBで月額770円、3GBで月額770円です。自宅にWi-Fiがあるのであれば、1GBのデータ通信量でもいいと思います。

外出が多いお母さんなら、MVNOのSIMカードをセットアップしてプレゼントすると、喜ぶはずです。

iPadはセットアップしてから渡すこと

iPadはセットアップしてあげてください。

以下をセットアップしておくと、母の日にプレゼントしてすぐに使い始めることができます。

  • Gmail
  • Apple ID
  • MVNOのSIMカードをセットアップ
  • Googleフォト

Gmail

Gmailは必ず作成してください。Gmailを作成すると、Gmailのユーザー名 (@より前の部分) がGoogleアカウントになります。Googleアカウントがあれば、様々なGoogleのサービスが利用できるので、絶対に便利です。

Apple ID

Apple IDを作る時は、GmailのメールアドレスをApple IDにすることをオススメします。

iCloudメールをApple IDにしている方もいますが、GmailのメールアドレスをApple IDにする方が都合いいのです。

iPadを使っていくうちに必ずGoogleのサービスも使うようになります。その際、iCloudのメールアドレスをApple IDにしていると、iCloudメールとGmailを両方のメルアドをチェックしなければならないので面倒です。

GmailのメールアドレスをApple IDにしておけば、GmailをチェックするだけでOKです。

MVNOのSIMカードをセットアップ

MVNOのデータ通信SIMカードを入れて、通信プロファイルをインストールして、データ通信でiPadを利用できるように設定します。

Googleフォト

Googleフォトをインストールして、「高画質」モードでバックアップの設定を行っておきます。

この設定を行えば、iPadの撮影した写真は、容量無制限でGoogleフォトにアップロードされます。今後、iPadを買い替えた場合でも、過去の写真もGoogleフォトにログインすれば全部見ることができるので絶対に便利です。

今日のエントリーは、Macユーザーの悩みを解決します。 というのも、「iCloudフォトライブラリ」と「Googleフォト」でどちらを...

災害時の連絡に使うアプリをセットアップ

災害時に家族と連絡を取るために利用するアプリをセットアップしておきましょう。災害時は、電話回線は混雑するため、電話が繋がらなくなります。東日本大震災の際に、電話が繋がらないことを経験された方も多いはず。

データ通信で通話できるアプリをインストールしておきましょう。
以下のアプリならばどれでも構いませんので、家族で話し合って、アプリを決めるようにします。

  • FaceTime
  • メッセージ
  • ハングアウト
  • LINE

FaceTime

もしあなたがiOSの端末を持っているならば、お母さんとFaceTimeで連絡を取ることをオススメします。
FaceTimeと使うと音声通話やビデオ通話ができますが、通話はデータ通信で行うので災害時にも繋がりやすいのです。

メッセージ

メッセージを使うと、iOS同士ならばiMessageでやり取りができ、iOS以外のユーザーとはSMSでやり取りが可能です。

ハングアウト

ハングアウトを利用するには、Googleアカウントを使います。
ハングアウトのアプリで、メッセージと通話が可能です。

LINE

LINEもメッセージと通話が可能です。
面倒なのは機種を変更する際に、「アカウント引き継ぎ設定」を行わなければならない点です。多分お母さん一人ではできないと思います。LINEはクラウド対応していないので、この辺がデメリットですね。

iPadの使い方も教える

せっかく母の日にiPadをプレゼントするのですから、iPadの使い方も教えてあげてください。

ネットの使い方、メールの送受信方法、写真の撮り方などを、お母さんがマスターすれば、iPadを旅先にも持っていくことができるので、使う頻度も増えて喜んでもらえます。

また、災害時に連絡を取る方法については、何度も練習することをオススメします。いざという時に使えなければ意味がありませんからね。

熊本の震災、心よりお見舞い申し上げます。 まだ余震が続いているので、くれぐれもお気をつけ下さい。 災害時の家族や友人との連絡方法につ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク