「Clova Friends」は売れないと予測してみる・・・

Clova Friends

「Clova WAVE」に引き続き、LINEからスマートスピーカー「Clova Friends」が、12月14日に発売される模様です。

LINEキャラクターのBROWNとSALLYの可愛らしいデザインが特徴です。搭載される音声アシスタントは「Clova WAVE」と同様、Clovaが搭載されます。

「Clova WAVE」を1ヶ月半くらい使いましたが、はっきり言って、音声アシスタントとしてClovaは全然使えませんでした。

今日のエントリーは、「Clova Friends」は売れないと予測してみます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

当初は「Clova Friends」という名称ではなかった

当初は「Clova Friends」という名称ではなかったんですよね。

今年の6月に開催された「LINE CONFERENCE 2017」では、Smart Speaker CHAMPという名称だったので、変更した模様です。名前をコロコロ変えるのは、迷走してるような印象をユーザーに与えてしまいますよね。

音声アシスタントスピーカーを比較してみる!

Smart Speaker CHAMP

Waveよりカジュアルなスピーカーで持ち運びもできるようです。今年の冬に登場する模様。

Smart Speaker CHAMP

他にもLINEは、名前や名称をコロコロ変えています。

Clova WAVEも、先行版のリリースでは「WAVE」という名前だったのに、正式版では「Clova WAVE」に名前が変更しています。

また、Amazon、Googleはスマートスピーカーというネーミングで売り出していたのに、LINEだけは発売からしばらくの間、AIスピーカーというネーミングで発売してました。最近、スマートスピーカーに戻しましたけどね。

LINEは、名前やネーミングをコロコロ変えてる場合じゃないと思います。AmazonとGoogleが本気でスマートスピーカーのシェアを取りに行っている状況を考えると、LINEは厳しい戦いを迫られそうですね。

GoogleとAmazonの戦いが戦国時代に突入!スマートスピーカーの覇権を取るのはどっち?

大盤振る舞いで値引きしてるけど、「Clova Friends」は売れないと予測してみる

「Clova Friends」の価格は8640円ですが、2018年3月31日までの期間限定でLINE MUSIC 6ヶ月間のチケットを付けて6750円で発売する模様です。

しかもLINEアプリ経由で購入すれば、1000円分のポイントがもらえるので、実質5750円で「Clova Friends」本体がゲット出来た上に、LINE MUSICが6ヶ月間使えるという。
LINE MUSICは月額980円だから、実質「Clova Friends」はタダじゃん。

実質5750円で「Clova Friends」本体がゲットできるキャンペーン

と、大盤振る舞いの値引きをしていますね。

LINEが大盤振る舞いで値引きしていますが、「Clova Friends」は売れないと予測します。理由は以下の3つです。

  • 音声でLINEメッセージを送るニーズってあるの?
  • 音声アシスタントの性能がポンコツ
  • AmazonもGoogleも値引きしてる

音声でLINEメッセージを送るニーズってあるの?

音声でLINEメッセージを送るニーズがあるのかどうか微妙です。

TVCMを打つようですが、このようなシチュエーションは、クリスマスや誕生日や結婚記念日などのサプライズの時くらいじゃない?

音声アシスタントの性能がポンコツ

音声アシスタント「Clova」の性能がポンコツなので、売れませんって。日本語の音声認識に関しては、Googleアシスタントの足元にも及びませんからね。

AmazonもGoogleも値引きしてる

LINEだけがスマートスピーカーを値引きして、定額制音楽配信サービスを無料で提供しているわけじゃないんだよね。

AmazonもGoogleも値引きしてるし、音楽配信サービスだって無料で提供してます。

Google Home Miniもつい先日まで、ビックカメラで3240円で販売していました。月額980円のGoogle Play Musicも3ヶ月間が無料で利用できます。

Amazon Echo Dot は招待制とはいえ、3980円で販売していました。しかもプライム会員ならプライムミュージックは無料で聞けるでしょ?

AmazonやGoogleとは違う土俵で戦うべし

AmazonやGoogleと同じ土俵で戦っても、LINEに勝機はありません。

LINEがスマートスピーカーで一定のシェアを獲得するには、ガラパゴスな戦いが必要です。でも、全然出来てないんだよね。

LINEがスマートポータルに参入します。 LINE、AIプラットフォーム「Clova」を発表--スマートスピーカを夏に発売へ ...

音声でLINEのメッセージが送れるとか、どうでもよくね?

音声でLINEのメッセージが送れたり、音声で聞けたりすることを、LINEは必死にアピールしています。

LINEが最も得意とする、ユーザー間のコミュニケーションで攻めるのは理解できます。でも、スマートスピーカーとでコミュニケーションをするニーズがどのくらいあるのかは謎。コミュニケーションだったらスマホで十分できますから。

さいごに

「Clova Friends」はあまり売れないと思います。

で、売れないから、音声認識のデータも蓄積されず、Clovaの性能はいつまで経っても上がらないというジレンマに陥りそう・・

日本国内のLINEユーザーは6800万人以上いるんだから、AmazonやGoogleとは違う土俵で戦えば、一定のシェアが取れると思うんだけどね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク