GoogleとAmazonの戦いが戦国時代に突入!スマートスピーカーの覇権を取るのはどっち?

Fire TV with 4K Ultra HD

Googleが、Amazon機器からのYouTubeへのアクセスを遮断する模様です。

グーグル、傘下ユーチューブの動画視聴をアマゾン機器から遮断へ

米アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルは5日、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)がグーグル製ハードウエアを販売していないと批判し、傘下の「ユーチューブ」の動画がアマゾン製機器から利用できないようブロックすると明らかにした。

グーグルは発表文で「アマゾンは、『クロームキャスト』や『ホーム』などの当社製品を扱わず、アマゾンの『プライム・ビデオ』を当社の『キャスト』利用者が視聴できるようにしておらず、前月には(グーグル関連会社である)ネストの最新製品の一部の取り扱いを中止した」と指摘。「相互関係に欠けることから、当社はアマゾンのエコー・ショーやファイアーTVにおけるユーチューブのサポートを停止する」と明らかにし、「この問題を早期に解決するための合意ができるよう望む」とした。

これに対しアマゾンは「グーグルは、公開されたウェブサイトにおいて選択的に利用者のアクセスを遮断することで、失望を誘う前例を作ろうとしている」との不満を表明した。

グーグルは9月にも、エコー・ショーからのユーチューブへのアクセスを遮断。後に再開していた。

同社によると、ファイアーTVからのアクセスは来年1月1日にブロックされる予定。ファイアーTVはエコー・ショーよりも長期間販売しており、影響を受ける顧客は増える見通しだ。

Googleは、スマートスピーカーのシェアを挽回するならば、今しかないということで、アクセルを踏んできたのです。スマートスピーカーにおけるGoogleとAmazonの戦いが戦国時代を迎え、覇権争いが本格的になってきたのです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

GoogleがAmazon機器からのYouTubeへのアクセスを遮断する理由

Fire TVでYouTubeが見れなくなるのは、不便ですよね?ユーザーとして歓迎できません。でも、常にユーザーファーストを第一に考えているGoogleが、ここまでやるということは、スマートスピーカーのシェアを本気でAmazonから奪いに来たと言えるのではないでしょうか。

Google Homeは、Chrome Castと連携しています。Google Homeに音声コマンドを入力すれば、YouTubeの動画をテレビに映すことが可能です。今の時点において、この機能はGoogle HomeとChrome Castを使わなければ出来ないことを頭に入れておきましょう。

Amazon Echoでの音声コマンドでYouTubeが見れない

Amazon EchoもFire TVやFire TV Stickと連携していますよね?今の時点でできることは少ないですが、例えばAmazon Echoに音声コマンドを入力することで、「プライムビデオ」の映画を見ることが可能です。

11月30日にAmazonは、Amazon Echoから、Fire TV上のサードパーティアプリを動かす事ができる機能を追加しました。

理論的には、Amazon Echoに音声コマンドを入れることで、Fire TV経由でYouTubeを見ることだってできるはず。でも、Fire TV自体でYouTubeが見れなくなるので、これもできなくなりますね。

とはいえ、Googleがずっと遮断するとは思えません。Googleは9月にEcho ShowからのYouTubeへのアクセスを遮断していましたが、すぐに再開していましたからね。

Fire TVシリーズは、Amazon Echoと連携することで、音声コマンドで操作できる範囲が広がります。なので、YouTubeを遮断するというのは、Google Homeのシェアを上げるという意味においては、Googleにとって正しい選択です。

スマートスピーカーのシェアは?

eMarketerの調査によると、2017年4月時点のスマートスピーカーのシェアは、Amazon Echoが70.6%でぶっちぎりのトップ、2位がGoogle Homeで23.8%、3位がそれ以外で5.6%です。

Amazon Echoの発売は、Google Homeより2年も早いので、アメリカでは圧倒的にAmazon Echoのシェアが高い状況です。

Amazon Echoは、2014年11月にプライム会員と招待メンバーに向けてローンチされ、2015年6月からアメリカの一般ユーザーも購入できるようになりました。
ちなみに日本では、今の時点でも招待されたメンバーしかAmazon Echoを購入することが出来ません。すでに、Google Homeは日本で発売されているので、一刻も早くユーザーに届けるべきだと思うけどね。なんで今でも招待制にしているのかは謎。。

それに対してGoogle Homeは、2016年11月にアメリカで発売され、日本での発売は2017年10月でした。

日本でのスマートスピーカーのシェアは、圧倒的にGoogle Homeの方が高いはず。

スマートスピーカーの戦国時代の覇権を取るのは?

わたくしは、Google Home MiniとAmazon Echo Dotを使っています。が、Google Home Miniの方が音声認識、音声コマンドの反応、応答速度などすべての点で勝っています。

更に、Googleは膨大な検索エンジンのデータを持っているので、ユーザーからの音声クエリに対してユーザーが求めている答えを返していくことは、圧倒的に得意です。

今後、スマートスピーカーの戦国時代の覇権を取るのはGoogleであると私は予測します。

今の時点におけるGoogle Homeのシェアは低いのですが、今後、Google Homeのシェアがどのくらい増えていくのか、非常に楽しみです。

Google Home Miniは、12月10日までビックカメラで半額の3240円で売ってます。お持ちでない方はお早めに。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク