Alexaの音声認識を搭載したZeroTouch なら、Googleマップを音声でコントロール可能!

ZeroTouch

みなさんこんにちは。

カーナビはどんなものをお使いですか?

わたくしは、自動車純正のカーナビを使うのは止めて、常にスマホのナビを使っています。

Nexus 5XとiPhone 7 Plusの2台を駆使して、色々とABテストを繰り返しているのです。AndroidとiOSでは音声認識による制御方法に違いがあって、得意分野が異なるのが面白いです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

ZeroTouch を使ってナビをする

ところで、ZeroTouch ってご存知ですか?

自動車に後付けできる、音声アシスタントです。Amazon Alexa の音声認識の技術を使っていて、お手持ちのスマホを制御できるIoTデバイスです。

↓動画が分かりやすいです。

ZeroTouchの仕組み

ZeroTouchがどんな仕組みなのか説明します。

59.99〜79.99ドルで別売りされている「カーマウントキット」を購入して、お手持ちのスマホに専用アプリをインストールすることで、スマホが音声でコントロールできるようになります。

「カーマウントキット」は、米Amazonから購入できます。

ZeroTouch Air Vent Car Mount

ZeroTouchのアプリは日本のGoogle Playからもインストールが可能です。現時点ではAndroidにしか対応していません。

ZeroTouch

メールの音読から音声電話の発信まで、どんな車にもAlexaのデジタルアシスタントを搭載できる「Logi ZeroTouch」

Logitechが昨年発表した「Logi ZeroTouch」は、運転中にハンズフリーで電話をかけたり、テキストメッセージを送ったりできる興味深いアイディアだった。この度、Logi ZeroTouchアプリにAmazonのAlexaが統合され、機能性が格段と上がることがわかった。

特定の相手へのテキストメッセージの送信や、地図アプリの操作などに加えて、Alexaに対して質問を投げかけたり、自宅のスマートホーム機器を操作したり、または買い忘れていた商品を注文したりすることができる。Eメールの音読にも対応している。

すでにAlexaの搭載を売りにした自動車が開発される中、Logi ZeroTouchは、マイカーにAlexaを搭載できる現時点で一番簡単な方法だと言える。

既存のZeroTouchユーザーは、無料でAlexaのアップデートを行える。残念ながら、iOSの規制によって、ZeroTouchはAndroidでのみの提供(北米と英国のみ)。価格は、59.99ドル〜と比較的リーズナブルだ。

ZeroTouchを使うと何ができるのか?

Amazon Alexa の音声認識に対応しているので、車を運転中にナビゲーションを音声で行うことができるだけでなく、メールの読み上げから、相手にメッセージを音声で送ったりすることが可能です。

バトラー(執事)サービスというと分かりやすいかもしれませんね。

日本でも早くZeroTouchが普及して欲しいです。めちゃ便利ですから。

ZeroTouchは後付できて安価

新車で購入するのなら、Appleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」を搭載した車種を購入することもできます。

でも、ZeroTouchと比較したら値段が桁違いに高いですね。

ZeroTouchは59.99〜79.99ドルで「カーマウントキット」を購入するだけです。なので、非常に安価に後付できますので、お手持ちのスマホをIoTデバイスとして使うことが可能です。

「CarPlay」と「Android Auto」については以前のエントリーに詳しく書いたので、良かったら見てください。

新車に搭載する

新車ならば、すでに対応している車種があります。オプションで付けると高そうだけど・・

グーグルが日本でのAndroid Auto提供を本日より開始。対応車とナビはパナソニック、ホンダ、日産などから登場

日本での対応車種は、ホンダのアコード ハイブリッドLX/EX、アウディのQ7、A4、フォルクスワーゲンのGolfやPoloシリーズほか、マセラティのクアトロポルテやギブリシリーズなど。

Carpalの対応車種は100以上あります。

CarPlay – 対応車種 – Apple(日本)

中古車に搭載する

中古車に搭載する場合、日本で購入できるのは3モデルのみ。

パイオニア SPH-DA700

「CarPlay」のみ対応しています。価格.comで63.350円とそんなに高くないですね。

SPH-DA700

ケンウッド MDV-Z904W

「CarPlay」「Android Auto」両方に対応しています。価格.comで128.888円からと高いです。

MDV-Z904W

ケンウッド MDV-Z904

「CarPlay」「Android Auto」両方に対応しています。価格.comで128.896円からとなります。

MDV-Z904

ホンダ車ならば、メーカーから純正品も用意されています。ホンダの中古車には、取り付けが可能です。「CarPlay」のみの対応となります。

VXM-175VFNi

VXM-175VFEi

VXM-175VFi

カーナビアプリはどれがいいの?

カーナビの代わりに使えるアプリはいくつもあります。

無料で使えるものだったら、Googleマップ・Apple Map・Yahoo!カーナビがあります。

この3つのアプリの中では、わたくしは、Googleマップをオススメします。圧倒的に使いやすいですから。

まず、Googleマップは地図が正確で見やすい。スマホのアプリもサクサク動くし、アップデートで追加機能も盛り沢山です。

あとはPCとスマホの連携がGoogle IDベースで動悸できるのも使い勝手がいいですよね。例えば、自宅のPCでGoogleマップを開いて、行き先の場所を保存しておけば、外出先のスマホで、保存先を呼び出してナビをするとかね。

まとめ

2017年は音声認識を搭載したIoTデバイスが普及することは間違いないです。

2017年1月にラスベガスで行われたCES 2017では、会場のどこへ入ってもAmazon Alexa だったようですからね。

Google Homeも登場しているし、今後の音声認識の展開は楽しみですね。

今後、リビングでのIoTデバイスが普及しそうな件
Amazon、Googleが先行する、音声アシスタントを使った「リビングに設置するIoTデバイス」に、とうとうMicrosoftが参...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!