LINEのスマートスピーカー「WAVE」が到着したので、Echo Dotと比較してみた!

昨日、LINEのスマートスピーカー「WAVE」が到着しました。

秋に発売される正式版は15000円ですが、先行版は10000円で購入できるのと、LINE MUSICが6ヶ月間利用できるチケットがついてくるということで、7月16日に「WAVE」を予約したのです。

昨日のエントリーでは、LINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行予約が始まったことについて紹介しました。 はっきり言って「...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

2度も延期されて、8/30に到着

  1. 当初、7月下旬から8月上旬に到着するという予定だったんだよね。
  2. 8月上旬〜中旬に遅れるという連絡があり。この時点で、希望の方には返品を受け付けますという話でした。
  3. その後、開発中のソフトウェアに一部不具合が生じたため、再度延期のお知らせがありました。8/23より順次発送するということで、わたくしの手元に届いたのは8/30。

他のニュースメディアには3日くらい前に到着してるのに、遅すぎですよLINEさん。

まあ、文句ばかり言ってもしょうがないので、「WAVE」をセットアップして、「Amazon Echo Dot」と比較してみます。

「WAVE」をセットアップする

セットアップしなければ使えません。

  1. Cloveアプリをスマホにインストール
  2. LINEログイン
  3. 「WAVE」を追加する
  4. 「WAVE」をWi-Fiに接続
  5. 自動でアップデートが始まる
  6. LINE MUSIC 6ヶ月チケットを利用する

1. Cloveアプリをスマホにインストール

LINEがインストールされているスマホに、Cloveアプリをインストールしてください。

2. LINEログイン

LINEログインしてください。

3. 「WAVE」を追加する

「WAVE」本体の電源を入れて、「新しいWAVEを追加する」をタップします。

4. 「WAVE」をWi-Fiに接続

「WAVE」をWi-Fiに接続すれば、セットアップは完了です。

5. 自動でアップデートが始まる

いきなりアップデートが始まりました。
バッテリーが充電されて、かつ電源につながっていると、自動でアップデートが始まる模様。

6. LINE MUSIC 6ヶ月チケットを利用する

音楽を聞きたいので、LINE MUSIC 6ヶ月チケットの利用開始手続きをします。

「WAVE」だけでなく、スマホのLINE MUSICアプリでも特典を使うことはできます。ただし、「WAVE」で音楽を再生しているときは、「スマホ」では使えない模様。同時に使うことはできないようです。

先行版「WAVE」に話しかけてみる

「WAVE」は、中にバッテリーが内蔵されているので持ち運びできるのは素晴らしい。どこにでも持ち運びできます。

セットアップが終われば、「WAVE」に話しかけることで音声を認識して反応してくれます。
先行版なので、できることは限られますが、以下のことは問題なくできます。

  • 天気
  • 時刻
  • アラームセット
  • タイマーセット
  • 音楽再生

では、実際に「WAVE」に話しかけてみたのでご紹介します。わたくしの声は聞きづらいと思いますが、ご了承くださいw

曲をかける

「盛り上がる曲かけて」と話しかけてみます。

「J-POPかけて」と話しかけると、J-POPが再生されます。音楽のジャンルで曲が再生されるのはいいですね。

タイマーセットをセットする

「3秒後にタイマーセットして」と話しかけてみます。
タイマーが鳴った後、「Clover」→「ストップ」と話せば、タイマーが止まります。このあたりは優秀です。

アラームセットをセットする

「13時18分にアラーセットして」と話しかけてみます。
Macの時計が動画に写っていますが、若干時間はズレるようです。

「WAVE」と「Echo Dot」を比較する

さあ、「WAVE」と「Echo Dot」を比較してみます。

音声を認識するまでの時間は、圧倒的に「Echo Dot」が早いです。
「WAVE」は考える時間があって、結構もたつきます。このあたりは、今後のアップデートで改善されるはず。

早く日本でも「Echo Dot」発売して欲しい。日本のAmazonアカウントとリンクすれば、使い勝手は上がるし、日本語をAlexaが学習することで、便利になることは間違いないからね。

今日の天気は?

WAVE

Echo Dot

いま何時?

WAVE


Echo Dot

音楽再生

「Echo Dot」は、米Amazonのアカウントとリンクします。わたくしは、米AmazonのPrime Musicに加入していないので、無料で聞けるのは「TuneIn」だけなんだよね。

「Echo Dot」には、「Pandora」のアカウントを読み込めるんだけど、日本からだと、Alexaの管理画面に「Pandora」が表示されないので、設定することはできません。

アップデートで機能が追加される!

正式版がリリースされると、先行版にアップデートが降りてくるので、「WAVE」ができることはもっと増えます。

  • ニュースを読み上げる
  • スケジュール管理
  • 赤外線で家電をコントロール

ソフトウェア・アップデートで使える機能を増やすデバイスは、今後増えていくだろうね。

製造業のビジネスモデルに、変革の波が押し寄せています。 製造業で作るハードウェアが、ソフトウェアアップデートで更新できるという時代にな...

「WAVE」の微妙なところ

電源ケーブルが微妙。独自仕様のUSBケーブルなんだよね。
Android用のUSBケーブルでいいやんと思いませんか・・

WAVE 電源

まとめ

Alexaを搭載した「Echo Dot」の方がレスポンスは早いです。
Alexaは2014年に登場してるというアドバンテージがありますからね。ただし、対応言語は英語とドイツ語だけで日本語には対応しておりません。

「WAVE」は日本語も使えるし、何と言っても、LINE社が持っている「LINEユーザーのメッセージのビッグデータ」があるのは強みだよね。LINEは話しかけるように使うアプリだからね。

今後の「WAVE」のアップデートに期待しましょう。

「Amazon Echo Dot」が届きました。 今のところ日本では発売されておりません。米Amazonで購入できますが、日本への発送...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク