ソフトウェア アップデートができない業界は爆死しそう

製造業のビジネスモデルに、変革の波が押し寄せています。

製造業で作るハードウェアが、ソフトウェアアップデートで更新できるという時代になりつつあります。

代表的なのは自動車。今まで自動車というハードウェアを購入した場合、3年後にマイナーチェンジがあって新機能がついたとしても、後付はできませんでしたよね? 嫌な思いをしたことがある人は多いと思います。

これってガラパゴスなんですよね。ハードウェアとソフトウェアが一体なので、購入後の変更が不可能なのです。携帯電話に例えるならまさにガラケー。

グローバルスタンダードはソフトウェア アップデート

今後、自動車などのハードウェアも、ソフトウェア アップデートで、どんどん新機能が追加できるようになります。テスラとかそうでしょ?

ソフトウェア アップデートの対応ができない製造業は、衰退していくはず。

工作機械業界に押し寄せるテスラの波。ヤマザキマザックの全社員が「モデルS」に試乗

技術革新は既存の事業構造を大きく変える―。ヤマザキマザックは社員がそう実感し、革新と危機意識を促す目的で、米テスラ・モーターズの電気自動車(EV)の試乗体験を行っている。すでに国内全社員のうち半数が試乗しており、9月にも全員が乗り終える。

これまで「モデルS」はインターネット使ったソフトウエアのアップデートがあり、15年7月にナビゲーション機能が、16年1月には自動運転機能がそれぞれ追加された。これには「通信によるアップデートを工作機械にも採用したい。今後、ソフトが重要になる」といった社員の声が聞かれた。

テスラのソフトウェア アップデート

新しい機能が追加されると、ソフトウェアアップデートで機能が追加されます。これって、常時接続しているから可能なんですよね。

テスラで今までにどんなアップデートがあったのか見てみましょう。

オートパイロット

オートパイロット

オートパイロットとは、名前のとおり自動運転機能です。日本の道路事情でも、高速道路なら、ほぼ完全に自動運転できます。米国では2015年10月から、日本でも2016年1月から、自動運転機能のオートパイロットがスタートしました。

2500ドル支払えばアップデートして機能が追加されます。

テスラのオートパイロット始まる!
いよいよ1月中に日本でもテスラの自動運転機能オートパイロットがスタートします。 「Tesla Model S」に自動運転機能が...

元々「Mosel S」は、自動運転を想定しています。ウルトラソニックセンサーが12個、フロントガラス上に配置された3つのカメラ、前方の車両との車間距離を計測するレーダーといったハードウェアを搭載していましたからね。

リモート駐車機能

この機能も米国のモデルには先行していて2016年1月から提供しています。ようやく日本でもアップデートで機能が搭載されます。リモート駐車機能は無料でアップデート可能です。

モデルS、デザインを刷新。スマートフォンによるリモート駐車機能も日本向けに。

この機能は米国でモデルSに2016年1月より提供を開始しているもので、日本でも2016年4月15日に国土交通省の承認を得て、本日より提供します。すでに納車済みの自動運転対応のモデルSには、無料で順次ソフトウエアアップデートにより、また今後納車の車両についてはインストールした状態で納車し、いずれも本日より利用可能です。

「サモン」は、狭い駐車スペースやガレージに駐車する際に便利な機能で、スマートフォンを使って車外よりモデルSに駐車を指示します。駐車するときは、駐車スペースからおおよそ12メートル以内にモデルSを一度停め、モデルSのシフトがパーキングに入っている状態で車外に出て、モバイルアプリを起動して操作し、まっすぐ前進または後進させます。前進駐車のみならず、日本の駐車シーンで一般的な後進駐車にも対応します。

テスラと日本の自動車の違い

テスラがIT企業だなと思うのは、ハードウェアは1種類のみで、機能をソフトウェアで対応しているということ。車種は1種類でも、ソフトウェアで管理しているグレードが様々あるわけです。

ソフトウェア アップデートをすることによって、オートパイロット、リモート駐車機能が後付で使えるということは、あらかじめセンサー類やカメラがハードウェアである自動車に既に実装されているんですよね。で、それらを使って、新しい機能をどんどんソフトウェア・アップデートで追加していくという手法です。

これに対して、日本の自動車メーカーは全く違うアプローチです。

自動車の種類もたくさんあるし、車種ごとにグレードもあって、使える機能と使えない機能があったりします。例えば、自動ブレーキにしても、最初にオプションで付けなければ、後から追加することはできません。ネットに常時接続してるわけではないので、ソフトウェア アップデートができる車種もありません。

ガソリン車にかぎらず、ハイブリッドも電気自動車も、日本車は今のところ同じアプローチです。

スマホとガラケーの違いと一緒

今の話って、テスラがスマホ、日本車がガラケーに置き換えられますよね?

テスラは常時接続してるから、スマホでアプリをインストールするように新しい機能を追加できます。

これに対して日本はガラケー。赤外線とかワンセグとか、最初に付いてる機能しか使えません。アプリのインストールもできないからね。

テスラはクルマに「アプリ内課金」を持ち込んだ

テスラ・モーターズは6月9日(米国時間)、「Model S」の低価格モデルを発売した。「Model S 60」と、その4WD版である「Model S 60D」だ。

この低価格モデルを投入するにあたって、テスラはバッテリーパックの再開発も、組立ラインの刷新も、サプライチェーンの再構成も行う必要はなかった。数行のコードを書くだけですべてが済んだ。

というのも、Model S 60には、「Model S 75」に積まれているのと同じ75キロワット時のバッテリーがすでに搭載されていたからだ。エンジニアがソフトウェアを調整して、その容量を20パーセント制限するだけでよかったのである。

様々なビジネスに展開される ソフトウェア アップデート

今後、製造業は大きく変わります。冒頭で話したヤマザキテックもそうだし、自動車メーカーもテスラ型の「ソフトウェアアップデート」ができなければ、顧客は逃げていくだろうね。

テスラ「Model 3」で電気自動車は一般化する!予約は15万円でポチる!
「Model 3」が発表されました。車両の価格は3万5千ドル〜。 新車発表会のプレゼンテーションはElon Musk自ら行いました。リ...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!