性能は未知数だけど、LINEのスマートスピーカー「WAVE」を予約してみた!

昨日のエントリーでは、LINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行予約が始まったことについて紹介しました。

LINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行予約が始まりました。 LINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行版を1万円で...

はっきり言って「WAVE」の性能は未知数です。6月15日に開催された「LINE CONFERENCE 2017」のデモを見る限り、音声入力に対する反応はイマイチでした。LINE取締役の舛田氏が一生懸命「WAVE」に話しかけるんだけど、めちゃ反応鈍いんだもん。

今の時点では、「Amazon Echo」も「Google Home」も日本ではリリースされておりません。日本語に対応したスマートスピーカーが発売されていないこともあって、とりあえず、テストもしてみたいので「WAVE」を予約することにしました。いま購入すると7月下旬から8月上旬に届く模様です。

先行予約で購入すれば、15000円→10000円に値引きされるのと、6ヶ月間LINE MUSICが無料で使えるというエサに見事に引っかかってしまいました・・・

使ってみてポンコツだったとしても、6ヶ月間は、リビングでスピーカー代わりに使えます。自宅のリビングに設置したスマートスピーカーが、ジュークボックスになるって、なんだかワクワクしませんか?しかも、音声入力で自由自在に好きな曲を聞けるのです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「WAVE」の予約方法!

では、早速「WAVE」の予約方法について紹介します。決済方法は、LINE Payが必要ですので、ご注意ください。

1〜3まではPC・スマホどちらでもOKです。4以降はスマホでの操作になります。

  1. 「WAVE 」の商品ページへアクセスし、 LINE IDでログイン
  2. 「予約する」をクリック
  3. 配送情報を入力して「決済」をクリック
  4. LINE Payで決済
  5. パスワードを入力
  6. 決済方法を選択する
  7. クレジットカードで支払う場合、カードを登録する
  8. 「決済」をタップ
  9. 「確認」をタップ
  10. 注文完了

1. 「WAVE 」の商品ページへアクセスし、 LINE IDでログイン

まずは、商品ページにアクセスしましょう。

PCとスマホでURLが異なるので注意してください。わたくしはPCで操作しました。

その後、LINE IDでログインしてください。

LINE ID ログイン

2. 「予約する」をクリック

WAVE 予約

3. 配送情報を入力して「決済」をクリック

配送情報を入力してください。注意点は、住所の番地は、半角で入力しないと受け付けてくれません。

配送情報を入力したら、「決済」をクリックします。

WAVE 決済

4. LINE Payで決済

LINE Payで決済するので、ここから先は、LINEをインストールしたスマホでの操作になります。

LINE Payで支払う

5. パスワードを入力

LINE Payのパスワードを入力します。

LINE Pay パスワードを入力

パスワードを忘れた場合

パスワードを忘れた場合は、「パスワードをお忘れの場合」をタップすると、登録している携帯電話にSMSで認証番号が送信されます。「認証番号」を入力して「確認」をタップすると、LINEに登録しているメールに「臨時パスワード」が送信されます。その後、「臨時パスワード」を入力すると、LINE Payの決済画面へと進みます。

LINE Pay パスワード忘れた

LINE Pay パスワード忘れた

6. 決済方法を選択する

LINE Payの決済画面が表示されます。

LINE Payの残高・クレジットカードのどちらかで支払います。ポイントがある場合、ポイントを使うことが可能です。わたくしは、クレジットカードを登録して決済することにしました。

LINE Pay 決済

7. クレジットカードで支払う場合、カードを登録する

クレジットカードを登録します。「カードスキャン」をすると、カードの番号を読み込んでくれるので便利です。

LINE Pay クレジットカード登録

8. 「決済」をタップ

支払金額を確認して、「決済」をタップします。

LINE Pay 決済

9. 「確認」をタップ

「注文時に使用したアプリまたはウェブページで、お取引の結果を確認してください。」と表示されるので、「確認」をタップして進みます。

10. 注文完了

注文が完了します。これで「WAVE」は、7月末〜8月上旬に発送されます。

WAVE 注文完了

まとめ

「Amazon Echo」「Google Home」「HomePod」などの、黒船のスマートスピーカーはまだ上陸していません。

年内に「Google Home」が日本で発売されるというアナウンスがありました。それよりも早くリリースしたLINEは頑張ってるなという感じしませんか?

グローバルな戦いでは、Amazon vs Google の一騎打ちになることは間違いありませんが、日本というガラパゴスな市場ならばLINEもそこそこシェアは取れると思うんだよね。

性能は未知数とはいえ、スマートスピーカーを試してみたい方には、「WAVE」の先行予約をオススメします。
LINE MUSICが6ヶ月間利用できるので、リビングでジュークボックスとして利用してみてはいかがでしょうか?

LINEがスマートポータルに参入します。 LINE、AIプラットフォーム「Clova」を発表--スマートスピーカを夏に発売へ ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
関連記事