iPhone8はどうなるのか?

iPhone8

そろそろiPhone8についてのリークが始まっています。

今年はiPhone誕生から10周年ということで、大幅なアップデートがあることは間違いないです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iPhone7sではなくiPhone8が登場

通常ならば2017年はマイナーアップデートなので、iPhone7sになるはずなんだけどね。そうはならずにiPhone8がリリースされそうですよね?

「iPhone 8」は虹彩認証とOLEDも採用との情報

10周年を迎える「iPhone」の最新版は、虹彩認証、ワイヤレス充電のほか、従来のLCDに代えて有機EL(OLED)ディスプレイを採用するかもしれないとDigitimesが報じている。

次期iPhoneをめぐっては、ガラスとスチール製のボディ、エッジがカーブした画面、物理ホームボタンの廃止など、これまでに様々なうわさが流れている。さらにAppleはiPhone 8に加えて、2種類の「iPhone 7s」を発売する可能性もあると、DigitimesはKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の話として伝えている。

スマートフォンのロックを解除する方法の1つとして虹彩認証を用いる技術は、すでにサムスンとMicrosoftのスマートフォンに搭載されているが、AppleのiPhoneに採用されるとすれば、これが初めてということになる。

iPhone8の特徴

あくまでリーク情報ですが、以下のテクノロジーが追加されそう。

  • 虹彩認証
  • ワイヤレス充電
  • 有機ELディスプレイ

虹彩認証

虹彩認証(こうさいにんしょう)とは、生体認証の1つで、目の虹彩画像をパターン認証することで行われます。
具体的には、人間の黒目にある虹彩呼ばれる場所にできる皺のパターンを識別し、本人確認をする認証方式です。

黒目にある皺は、2歳頃からほとんど変化しないので、皺のパターンを認識情報として捉えることが可能なんですよね。指紋と同じように、その人固有のものとして、認証ができるのです。

虹彩認証をするには、カメラで眼球を撮影して、虹彩画像を抽出してパターン認証します。

虹彩認証の事例

  • Galaxy Note7・・・先日発火問題で大騒ぎとなったサムソン「Galaxy Note7」には虹彩認証が取り入れられています。

ワイヤレス充電

Androidではいろんな端末でワイヤレス充電が可能です。Nexus 5・Nexus 6でもワイヤレス充電は可能です。

ワイヤレス充電のデメリットは、充電時間が遅いことです。
ケーブルを使った充電になりますが、Nexus 5XのUSB Type-Cでの高速充電と同じくらいの速度でワイヤレス充電ができたら言うことないですね。

有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイの特徴は、液晶のようなバックアライトが必要ないので、薄型化を図りやすいということです。
消費電力、視野角、応答速度に関しても、液晶よりもスペックが高いと言われています。

有機ELディスプレイが搭載されている端末は、Nexus 6P、Galaxys S6 edge、Galaxy Note Edge、G Flex2など。

次期iPhone8に搭載して欲しい機能

虹彩認証・ワイヤレス充電・有機ELディスプレイ以外に、iPhone8に追加して欲しい機能をまとめます。

  • フレキシブル有機ELディスプレイ
  • 上下のベゼルを細く
  • ホーム画面のアイコンを5列に
  • ホームボタンの廃止

フレキシブル有機ELディスプレイ

フレキシブル有機ELディスプレイ

フレキシブル有機ELディスプレイとは、紙や布のように、くるくる巻くことができるディスプレイです。

くるくる巻けるフレキシブル有機ELディスプレイをLGがCES 2016で公開。表裏で別映像を表示する両面ディスプレイも

LG Display が発表したフレキシブルな有機 EL パネルはそのサイズが18インチ。解像度は1200 x 800px で、直径 3cm 程度にまで細く巻いても正常に映像を表示可能とのこと。18インチなら雑誌ほどの大きさですが、紙のような薄さでしかも巻いておけるとなると、具体的な用途としてはまさにデジタル新聞紙などといった使い方が直観的で想像しやすいかもしれません。

またこのフレキシブル有機 EL は、折りたたみ式スマートフォンのスクリーンとしての利用などにも期待したいところです。

フレキシブル有機ELディスプレイなら、ジーンズのポケットに入れてもかさばらないし、落としても割れにくくなります。

上下のベゼルを細く

iPhone7 Plus ベゼル

iPhone7 Plusは、上のベゼルに18mm、下のベゼルに18mmの無駄なスペースがあります。
上のベゼルには内蔵スピーカーやカメラがついており、下のベゼルにはホームボタンがついています。
カメラなんて小さいんだから、どこかに埋め込んでしまえば、ディスプレイ領域を広く有効に使うことが可能になります。

ホーム画面のアイコンを5列に

Nexus 5Xの解像度は1920×1080ピクセルで、ホーム画面のアイコンは、5列×6で30個のアイコンを表示できます。Androidの場合、一番上にGoogleの検索バーがあるから、実質35個のアイコンが表示できるんだけどね。Googleの検索バーに1列文のアイコン表示が可能ですからね。

iPhone7 Plusの場合は、解像度が1920×1080ピクセルなのに、ホーム画面のアイコンは4列×7で28個のアイコン表示です。

5列×7で35個のアイコンの方が、使い勝手がいいのは間違いないです。

ホームボタンの廃止

ホームボタンは、虹彩認証の機能が追加されるなら不要です。

設定で、「手前に傾けてスリープ解除」をオンにしていれば、iPhoneを持ち上げるだけで自動で画面はオンになりますからね。虹彩認証の機能が付けば、ホームボタンはいらなくなります。

手前に傾けてスリープ解除

  • 設定→画面設定と明るさ→手前に傾けてスリープ解除

まとめ

iPhoneの発売は毎年9月なので、あと7ヶ月でiPhone8が登場することになります。

2017年は、iPhoneが登場してから10周年になります。iPhoneが世の中に与えた影響は計り知れないですよね?それまでスマホなんてなかったわけだし。

10周年ってことなので、iPhone8は期待できること間違いないです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)